カポネの素顔

2010年09月22日 23:59

真夏日を記録した湘南‥‥。
しかし、今日を境に秋が急激に深まると予報が告げていた。

海岸100922-01.jpg


重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
私は今日もミリオンを2度訪ねた。
ミリオン100922-01.jpg
宵闇迫る防風林の奥に白い影が見えたが、それがミリオンなのか‥‥私には分からなかった。


海岸100922-02.jpg
夜半前から雨が降るというが、雲ひとつない薄暮の空からは、そんな前触れは感じられない。





船宿エリア
船宿918-01.jpg
いつもは遅れてやってくるクロベエが、この日はどういう風の吹き回しか最初に私を迎えてくれた。


船宿918-02.jpg
ややあってマサムネ、コジローの兄弟が姿を見せた。


そしてその母である三毛猫も、どこからかやって来た。
船宿918-03.jpg
この白猫♀は未だ私を警戒の眼で見る。


さっきからマサムネが軽自動車から眼を離さない。
船宿918-04.jpg
白猫もマサムネ同様車を見つめたまま固まっている。


私がそっと車の下を覗くと‥‥
船宿918-05.jpg
そこにはカポネが潜んでいた。
私と眼が合うと、カポネは観念したような表情を作った。


カポネはかくれんぼで鬼に見つかった子のように、すごすごと車の下から出てきた。
船宿918-06.jpg
そしてゆっくり船宿へ近づいていった。


コジローがカポネの行く手を阻まぬよう居場所を移動する。
船宿918-07.jpg
それだけの威圧感をカポネは持っている。


カポネは牢名主よろしく水場を囲むコンクリの縁に陣取った。
船宿918-08.jpg
するとクロベエが、そろりそろりとこっちへ近づいてきた。


そして私の陰へ身を隠した。
船宿918-09.jpg
どうやらクロベエはカポネが苦手のようだ。


カポネは実に堂々としていた。
船宿918-10.jpg
その姿は、まるでこのエサ場のボスのようだ。


この野良の出自を知る人に私は未だ遇っていない。
船宿918-11.jpg
いつどこで生まれ‥‥これまでどんな経験をしてきたのか‥‥いつか語ってくれるのだろうか?


私は意を決して、正面からカポネに近づいていった。
船宿918-12.jpg
てっきり歯を剥き、凄まれると思ったのだが‥‥


船宿918-13.jpg
カポネはそんな私の予想を裏切り、はにかんだ表情で眼を伏せた。

<つづく>



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Mimy | URL | -

    カポネちゃんて、お顔がメチャクチャ大きいですねi-237
    でも可愛いよ(*´ー`*)
    みんなと同じにとっても可愛いですi-178

    海の向こうに見える夜景が素敵ですね。
    月も見えてロマンティックな写真画像ですね(n´―`n)

  2. june | URL | -

    はじめまして。
    猫ちゃんたちのさまざまなドラマ。
    感慨深く拝見させてもらってます。
    厳しい野良の世界をたくましく生きていく姿、
    引き込まれてしまいます。
    毎回応援させてもらってます。これからも
    それぞれの猫たちの行く末を見守っていってあげて下さい。

  3. wabi | URL | -

    返信

    Mimy

    はい、ご指摘の通りカポネの顔は大きいです。
    その顔を支える首もかなり太く立派です。

    今回はカポネの意外な面を見ることができました。
    一見凄みのある顔ですが、よく見るとMimyがおっしゃるように可愛く見えることも‥‥
    何はともあれ、興味ある野良です。



    june

    こちらこそはじめまして。
    ご訪問ありがとうございます。

    茅ヶ崎の海岸猫に限らず野良の世界は厳しいものです。
    各エサ場にボランティアさんがいる海岸猫は幸せな方だと思います。
    それでも、サンマのようにリードを外された犬に咬まれることもあります。
    ミケやビクは過去にボウガンで射抜かれました。
    野良を護るのはなかなか大変です。

  4. dodo | URL | -

    wabiさん

    こんばんは。

    夜景の素敵写真、goodですね!
    毎日、妻と楽しみに拝見しております。

  5. wabi | URL | -

    dodoさんへ

    dodoさん、ご無沙汰しています。

    最後に海で会ったのがいつだったのか‥‥
    にわかに思い出せないほどの時間が経ってしまいました。
    今度早朝の海岸に行くことがあればdodoさんを捜すつもりです。

    dodoさんに写真を褒めてもらうと、嬉しいやら照れくさいやらで複雑な気持ちになります。(笑)
    ただし、私の写真はあくまでも質より量。
    今以上写真にこだわると寝る時間がなくなるぞ、と自分を戒めています。

    dodoさんのブログにボスの姿を発見すると、ホッとします。



コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)