マサムネとカポネ

2010年09月30日 23:59

断続的に小雨が降る夕刻の湘南海岸に人影はほとんどなく、凪いだ海へ向かう釣人がいるばかりだった。
海岸100930-01.jpg

海岸100930-02.jpg


重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
ミリオン100930-01.jpg
どこへ出かけたのか、ミリオンの姿は見えず、仄暗いエサ場の中は静まり返っていた。
ただ、今朝届いたゆきママさんからのメールにはミリオンが元気でいたと記されていた。



海岸100930-03.jpg
それにしても、一昨日の夕刻以来姿を見せない幼い黒猫はどこでこの雨をしのいでいるのか、私は気になって仕方がない。





9月某日
船宿921-00.jpg
海の家が跡形もなく姿を消してしまった砂浜に、秋の陽射しが優しく降りそそいでいる。


船宿に続く砂利道へ入ったとたん、私はマサムネと目が合った。
船宿921-01.jpg
そのマサムネに私を歓待する素振りはなく、ただその場に佇んでいた。


ほかの野良は私の顔を見て、そわそわと落ち着かない様子だ。
船宿921-01-02.jpg
とその時、彼らの動きが突然止まり、表情を一変させた。


野良たちの表情は強張り、眼に怯えの色が見える。
船宿921-02.jpg
何かの気配に気づき、私はふり返った。
その私の目に飛び込んできたのは、カポネだった。



カポネは、動揺を隠せない他の野良と堂々と向かい合った。
船宿921-03.jpg
ただ独りマサムネだけは、私と目を合わせた時と同じ姿勢で微動だにしない。


船宿921-04.jpg
やがてカポネがゆっくりと歩を進めはじめた。


船宿921-05.jpg
そうして、まるで測ったかのように皆の真ん中に陣取った。


その態度は威厳に満ち、ある種の風格さえ醸しだしていた。
船宿921-06.jpg
周りにいる野良たちを悠然と見廻すカポネ。


船宿921-07.jpg
皆そのカポネの迫力に気圧され押し黙っている。


カポネがいきなり吼えた‥‥のではなく、大きなアクビをした。
船宿921-08.jpg


だが、ただのアクビでさえ緊張しきっていた野良たちは脅威と感じたようだ。
船宿921-09.jpg
数匹の野良が慌ててカポネとの距離を広げた。


船宿921-10.jpg
カポネはそんな周りの野良たちには眼もくれず、身だしなみのためか、はたまた明日の天気を占っているつもりか、やおら顔を洗いはじめた。


若いコジローは、カポネの貫禄ある態度にすっかり呑まれている。
船宿921-11.jpg
ただこの野良、同じ猫に対しては威勢がいいが、人間には必要以上に怯えすぐシッポを巻く。
私にとってはそれが最大の謎だ。



そんなカポネを放っておいて、私は姿を見せぬクロベエを捜すことにした‥‥
クロベエは難なく見つかった。

船宿921-12.jpg
この青いドラム缶はクロベエのお気に入りだ。
自分の体が無彩色だから敢えて鮮やかな青を選ぶのだろうか‥‥?今度訊いてみよう。



私が振り向くと、野良たちが足元まで近づいて来ていた。
船宿921-13.jpg
コジローも背中にカポネの視線を感じながら、そろりそろりこっちへ近づいてくる。


船宿921-14.jpg
カポネの側には、マサムネとその母である三毛猫が残るだけになった。


緊張で凝った体を大きく伸ばすコジロー。
船宿921-15.jpg
体をほぐし終えたコジローは、カポネの側に残った母と兄を心配そうに見つめはじめた。


船宿921-16.jpg
そんな息子の想いが通じたのか、母が慎重な足取りで近づいてきた。


そうして船宿前に残されたのは、マサムネとカポネだけになった。
船宿921-17.jpg
カポネを大の苦手にしているクロベエには、このまま毛繕いを続けてほしいと、私は思った。


威光を表に出し、ほかの野良とは群れず独りで生きてきたカポネ‥‥
船宿921-18.jpg
あくまでも仲間を想い、身を引くことを美学として生きてきたマサムネ‥‥
まさに対照的な二匹だった。
私はことの成り行きを固唾を飲んで見守った。


<つづく>



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. manatsu | URL | -

    みんなほのぼのしてますね。私も混じりたいです。
    やっと涼しくなったので週末はニャンコたちに会いにいこうかな・・・。

  2. mimi | URL | tHX44QXM

    wabi さん

    毎日ブログ更新おつかれさまです。

    カボネ君は、船宿の猫さん達と仲良くなりたいんですよ~、きっと。

    カボネの大きいあくびは流石に大物って感じです。


  3. wabi | URL | -

    返信

    manatsuさんへ

    船宿エリアの野良たちはいつもは長閑に暮らしています。
    ほかのエサ場に比べ集まりもよく、たいていの野良と会うことができるので、
    私もついついこのエリアへ足を運んでしまいます。

    日曜日は天気が崩れそうなので、土曜日の涼しい時間に行くことを勧めます。



    mimiさんへ

    今回カポネがとった行動は実に不可解でした。
    皆の注目を浴びたいための行動だろうと思うのですが、その意図がイマイチ分かりません。

    カポネを避けている野良も多くいますから、すんなりとは仲間に入れないでしょう。
    はたして、マサムネがどう出るか‥‥
    今後もマサムネとカポネの動きに注目していきます。

  4. たかたん | URL | NM1EMLgs

    コメント欄、見つけました。^^
    どうもありがとうございます。
    楽しみに見させていただいてます。
    またその内に、護岸だらけの明石の海も紹介します。^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)