コジローの失意

2010年10月04日 23:58

PM03:40
雨は上っていたが、なおも低い雲に覆われた湘南海岸は、彩度の低い寒々しい光景を見せていた。

海岸101004-01.jpg

海岸101004-02.jpg



PM06:10
重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン

今日もミリオンの姿はエサ場の中になかった。
ミリオン101004-01.jpg
最近ミリオンはこの時間になると、どこかへ出かけるようだ。


昨日植込みの奥で見かけた黒白の野良‥‥
帰宅してから私は思い出した、あの野良とは初見ではないと。
この写真は9月14日に撮影したものだ。場所は西のエサ場。

ミリオン101004-02.jpg
参考までに昨日の写真を載せておく。やはり同じ野良だ。


海岸101004-03.jpg
どうやら黒白の野良は、各エサ場を渡り歩いているようだ。
それにしても、あの幼い黒猫はどこへ行ったんだろう?






9月某日 船宿エリア
この日は途中で遇ったKおじさんと一緒に船宿を訪ねた。
Kおじさんが「ここへ来るのは初めてだよ」と言った。

船宿919-01.jpg
初対面の人間に対して、ここの野良たちは一様に冷淡だ。


Kおじさんがマサムネを見て言った。「これが性格の良いマサムネか」
船宿919-02.jpg
そのマサムネとて例外ではなく、Kおじさんに愛想を振りまくことはない。


このエリアの若いオスたちの姿が見えないと思ったら、釣宿の前にたむろしていた。
船宿919-03.jpg
見ていると、ひとりの若い女性が野良たちの姿を見て立ち止まり、手招きをし始めた。


船宿919-04.jpg
若い女子が好きな野良たちも、さすがに用心していると見え、安易には近づかない。


頃合いを見て食事タイムにした。
船宿919-05.jpg
私を警戒している野良は、水場から少し離れた場所で食事させた。


船宿919-06.jpg
マサムネは、誰にも邪魔されることなく食事をつづけた。


そのマサムネの様子を興味深そうに見つめる若い女性。
船宿919-07.jpg
その女性はマサムネの隻眼を見て驚いたが、治療の甲斐あって右眼が残った経緯を私が説明すると、安堵の表情を見せた。


野良たちの食欲を確かめて、追加の猫缶を与えた。
船宿919-08.jpg
シャムミックスが横槍を入れに近づいてきた。


「仲間の猫缶に手ェ出すんじゃない!」と私が一喝すると‥‥
船宿919-09.jpg
シャムミックスはしぶしぶ離れていった。


ふと振り向くと、食事を終えたコジローがいそいそと釣宿の方へ歩いていくのが見えた。
船宿919-10.jpg
私はコジローの様子からその目的が何となく分かった。


コジローが急に立ち止まった。
船宿919-11.jpg
若い女子がまだいると期待していたコジローの想いは見事に打ち砕かれた。
コジローは照れ隠しのためか、それとも気持ちを入れ替えるためか、いきなり毛繕いをはじめた。



船宿919-12.jpg
帰る時間の迫ったKおじさんがマサムネに別れを告げている。


船宿919-13.jpg
ここの野良は、最後までKおじさんに冷たかった。


船宿919-14.jpg
Kおじさんは、Kおばさんが待つ家へ帰っていった。


船宿919-15.jpg
コジローは若い女子が諦めきれないのか、まだ釣宿の周りをうろついていた。


船宿919-16.jpg
コジローが飲んでいる水が水道水を汲み置いたものか、雨水が溜まったものなのか、私には判らなかったが、一言「コジロー、船宿前のきれいな水を飲めよ」と忠告した。


船宿919-17.jpg
一般的に猫は箱が好きだ、それも小さいほど具合が良いらしい。


船宿919-18.jpg
女子への未練を断ち切るためか、コジローは箱の中からあらぬ方を見つめ始めた。


そのコジローを月が静かに見下ろしている。
船宿919-19.jpg
私はその光景を見て呟いた。「月には、野良猫がよく似合う」連日のパクリです。

<つづく>



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 太巻きおばば | URL | Ou3ZSYPQ

    いったい、茅ヶ崎海岸にどの位の猫ちゃん達が居るんでしょう。
    最初に、捨てた人は大きな罪があると思います。

    昔、初島に行った時も、家のない猫ちゃんがいっぱい居た。
    「猫に餌をやらないで」って張り紙を見ました。
    猫ちゃんが泳いで、初島まで行く事は無い。
    島の住民の責任なのにと腹が立ちましたが・・・

    動物を捨てる事は、本当に罪な事。

    いつも、有難うございます。
    皆様によろしくお伝えください。
    なにも出来ない私ですが、遠くから応援してます。

  2. wabi | URL | -

    太巻きおばばさんへ

    何匹の野良が茅ヶ崎海岸にいるのか‥‥私にも分かりません。
    ボランティアさんたちの努力で減っていることは確かですが、
    こうして新たな野良の姿を見かけることもしばしばあります。
    街猫が食事目当てで国道を渡ってきたのか、それとも海岸に遺棄されたのか、
    それも分かりません。

    猫をゴミのように捨てる人間がいるかと思えば、その猫に食事を与え増えぬよう手術する人間もいる‥‥
    双方のいたちごっこがいつまで続くのか‥‥これまた私には分かりません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)