微妙な親子

2010年10月05日 23:59

PM 04:20 
夏日を記録した湘南海岸は穏やかな夕刻を迎えていた。
波のない海は、まるで大きな湖のように静かに横たわり夕映えに輝いている。

海岸101005-01.jpg

海岸101005-02.jpg


PM 04:50 
重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン

ミリオン101005-01.jpg
空腹だったようで、私が差し出したカリカリに、ミリオンは勢いよく食らいついた。


ミリオン101005-02.jpg
ひとしきりカリカリを味わったミリオンは、食べるのを止め私の顔をまじまじと見つめはじめた。


私は慎重にミリオンに近づくと、その体をそっと撫でてみた。
ミリオン101005-03.jpg
咽を撫でると、ミリオンは気持ち良さそうに眼を閉じた。


そして私が追加のカリカリをトレイに入れ、食べるよう促すと、ミリオンはすぐに口をつけた。
ミリオン101005-04.jpg
ミリオンは相変わらず食欲旺盛で、見ていて気持ちが良いくらいだった。


海岸101005-03.jpg





9月某日 船宿エリア
船宿919-20.jpg
箱に入ったコジローは、夕陽で朱に染まった西の空を見つめたまま動かなくなった。
このエリアには風流な野良が存外と多い‥‥
ような気がする。


船宿前に戻ると、辺りに良い匂いが漂っていた。
船宿919-21.jpg
この野良もその臭いが気になるようで、一心に見つめている。


振り返ると、船宿の泊り客がバーベキューを始めていた。
船宿919-22.jpg
見つめ続ける野良に私は言った。「猫舌のお前に食べられるようなモノはないぞ」


船宿919-23.jpg
マサムネはよその家の前で毛繕いに余念がない。


振り向いた私は、マサムネの母と目が合った。
船宿919-24.jpg
だが、軽く無視された。


船宿919-25.jpg
ふと前方を見ると、マサムネがゆっくりとこちらに近づいて来ていた。


そして母親の近くに腰を下ろすと、再び毛繕いをはじめた。
船宿919-26.jpg
しかし、何故か母猫は息子であるマサムネから離れ、国道へ出る階段に腰を据えた。


今度はそこへシャムミックスがやって来た。
船宿919-27.jpg
実は、このシャムミックスも三毛猫の子供で、マサムネの妹にあたる。


ところがこの母猫、甘えてきた娘からもすぐに離れてしまった。
船宿919-28.jpg
何とも微妙な距離の親子だと、私は思った。


船宿へ戻りかける私に、痛いほどの鋭い視線を投げかける野良がいた。
船宿919-29.jpg
この茶トラは、決して他の野良とつるまず、いつも独りでいる孤独な野良だ。
当然人にも強い警戒心を持ち、その頑なな態度を崩すことはない。
こういうヤツは、人間社会にも沢山いる。



私はマサムネを試すことにした。
船宿919-30.jpg
カポネのあとを追う私を、マサムネは過去に2度も尾行してきた。
マサムネの目的がカポネなのか私なのか、測りかねていたので、それを確かめようと思った。



私は船宿前の道をゆっくりと東へ向かって歩きだした。
船宿919-31.jpg
すると、一匹の野良が角から姿を現した。


船宿919-33.jpg
私はそ知らぬ顔をしてなおも歩きつづけた。

<つづく>



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 太巻きおばば | URL | Ou3ZSYPQ

    ミリオンちゃん、御飯沢山食べてくれたんですね。
    良かった!
    皆、元気で生きられますように!

  2. 湘南ぶぅ | URL | Toi2BYHQ

    ごぶさたしています。

    わびさん、こんばんは。
    今日、たまたま茅ヶ崎の本屋で2011年のカレンダーが目にとまり、動物写真家の岩合さんの「のら」という猫のカレンダーを見ていたら、7月に茅ヶ崎海岸のさんまと他の猫たちが写っていました。

    びっくりしましたが、主人と2人で、さんまに7月まで生きてほしいという願いをこめてカレンダーを買ってきました。

    1050円でした。

    当然ご存知だったかもしれませんが、何となく話さずにはいられませんでした。

    また夕方の海でお会いしましょう。

    お体お大事にしてください。

  3. wabi | URL | -

    返信

    太巻きおばばさんへ

    ミリオンは見かけによらずよく食べます。
    今のところ耳以外の健康状態に問題もなさそうです。

    異常に暑かった今年の夏も食欲が落ちることはありませんでした。



    湘南ぶぅさんへ

    こちらこそご無沙汰しています。

    さて、本屋から足が遠退いて久しい私ですから、
    そのサンマの載ったカレンダーのことは全く知りませんでした。

    今度本屋に行って実物を見てみます。
    ご報告ありがとうございました。

    私へのお気遣い恐れ入ります。
    私も早朝の海岸散策に復帰できる日が来るのを望んでいますが、
    なかなか体がそれを許してくれません。

    今度海でふぅさんを見かけたら、後ろからそっと声をかけます。

  4. 湘南ぶぅ | URL | Toi2BYHQ

    またよろしくお願いします。

    wabiさん、こんばんは。

    「のら」という岩合光昭さんの2011年カレンダー、7月にさんまと3匹の白黒猫が写っています。

    ぜひご確認ください。

    また後ろから声をかけられないと気付かないかもしれませんが、見かけたらよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)