マサムネの仲裁

2010年10月07日 23:34

PM 03:40
今日も夏日を記録した湘南だが、この時刻になると北よりの爽やかな風が昼間の暑さを彼方へと運んでいく。

海岸101007-01.jpg

海岸101007-02.jpg


PM 04:10 
重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン

私はミリオンのエサ場でHさんと待ち合わせをしていた。
ミリオン101007-01.jpg
Hさんからミリオンのことについて相談があるからというメールが届いたのは一昨日だった。


ミリオン101007-02.jpg
数年来の顔見知りであるHさんが側にいるからか、ミリオンはのんびりと毛繕いをつづけた。


ミリオン101007-03.jpg
そしてその場へ体を横たえると、安らかな表情で涼風に身を委ねた。


海岸101007-03.jpg





9月某日 船宿エリア
船宿919-50.jpg
船宿前の不穏な空気を敏感に感じ取ったマサムネは、懸念の表情でその様子を窺っている。


船宿919-51.jpg
そのとき船宿前は膠着状態に入っていた。


私が振り向くと、いつの間に戻ったのか、マサムネが目の前にいた。
船宿919-52.jpg
マサムネが睨み合う二匹の野良にゆっくりと近づいていく。


しかし二匹の間に割って入るわけでもなく、ただ側にうずくまっただけだ。
船宿919-54.jpg
それでもマサムネという援軍を得て、長毛野良の表情が明らかに和らいでいる。


逆にマサムネの登場で焦ったのはカポネだ。
船宿919-53.jpg
マサムネと長毛野良を交互に見つめるカポネの顔には驚きと焦燥が窺える。


そんな状況に耐えられなかったのか、カポネは車の下から這いでると足早に船宿へ向かっていった。
船宿919-55.jpg
ことを荒立てず睨み合う二匹を引き離したマサムネの行動‥‥
見事な仲裁だと、私は感心した。



カポネの動きを鋭い眼で見つめるマサムネ。
船宿919-56.jpg
カポネは耳を倒した警戒モードのままゆっくりと水場を移動している。


カポネが船宿に来た目的は食べ物だ。
船宿919-57.jpg
トレイに残ったカリカリを、カポネは一粒一粒丁寧に口へ運んでいく。


この野良に決まったエサ場はないのだろうか‥‥?
船宿919-58.jpg


カポネはトレイのカリカリをほぼ食べてしまった。
船宿919-59.jpg
そして気まずそうな表情で私の顔をちらりと見上げた。


カポネがエサ場から出てくると‥‥
船宿919-60.jpg
三匹の野良が待ち受けていた。


しかしカポネが近づくとマサムネを残してあとの二匹は姿を消してしまった。
船宿919-61.jpg
カポネはマサムネに一瞥をくれただけで、来た道を足早に去っていく。


そのカポネの後をマサムネが追う。
船宿919-62.jpg
さらに‥‥追う。


カポネが歩調を速め脇目もふらず先を急ぐ。
船宿919-63.jpg
そして先日姿を消した狭い路地へ逃げこんだ。


船宿919-64.jpg
マサムネも縄張り外のその路地へ入ることは躊躇ったようだ。


船宿919-65.jpg
マサムネが何の目的で、そして誰の後をつけたのか‥‥私はまた判らなくなった。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 気まぐれpapa | URL | r0n3ENrY

    おはようございます。

    wabiさん、おはようございます。
    体調はいかがですか?
    私も涼しくなってきたので時々浜に出かけていますが、
    いつも午前中になってしまいます。
    先日も船宿をのじたのですが、誰一人姿を見ることができませんでした。
    wabiさんともお会いしたいと思いながらも時間のズレがそうさせてくれませんね(笑)
    いつも茅ヶ崎の野良ニャンの管理をありがとうございます。
    私も、野良ニャンとの触れ合いが楽しみなのですが、なかなかうまくいきません。
    今は人の障害者(発達障害者)のサポートをしているため、忙しいと時間が取れない
    場合があるからですが、人もニャンも障害をもつハンディは変わりません。
    元気な人がサポートしてあげれるといいですね。
    毎日、写真とキャプションを楽しませていただいています。

  2. マオ&ピンキー | URL | PIGdPN0U

    はじめまして(^-^*)

    はじめまして(^-^*)
    ブログ村から遊びに来ました。

    私は宮崎県の日南市って所に住んでいるんですが、私の住んでるところも海がすぐ近くにあってwabiさんのブログに親近感を感じました。

    私の家では2匹の元野良猫を飼っていて一匹は片足がありません(/_<。)
    それでも懸命に生きようとしてて足が無い事を忘れるぐらいの勢いは私自身も尊敬してます。

    また遊びに来ます♪

  3. mimi | URL | tHX44QXM

    wabi さん

    おはようございます。

    ミリオンちゃんは、Hさんの前だと本当にくつろいでいますね。
    安心しているんですね、耳がよくなるといいです。

    カボネくんに決まったエサ場が無いんだと思います。
    う~ん、孤独なカポネ君かも。。
    マサムネさんも気になっているんですね、カポネ君の行動。

  4. 太巻きおばば | URL | Ou3ZSYPQ

    ドイツで、野良猫ちゃんと出会った事がありません。

    イタチゴッコって仰ってましたよね。
    捨てる人は、餌をあげてる人の気持ちを
    考えた事が無い・・・
    雨の日も、暑い日も、寒い日も
    いつも、猫ちゃん達に御飯を運んでる・・・

    猫ちゃん達も、可哀そうです・・・

  5. wabi | URL | -

    返信

    気まぐれpapaさんへ

    お気遣いありがとうございます。
    体調は相変わらずで、私自身閉口しています。(笑)

    午前中も朝早く行かないと野良とは逢えないようですね。
    涼しくなった夕刻になると船宿の近辺に姿を現します。
    ただ、先日行った漁港では野良の姿を見ることができませんでした。
    残った二匹が元気でいることを祈るばかりです。

    私も気まぐれpapaさんの美しい写真を毎回楽しみにしています。

    また海で逢いましょう。



    マオ&ピンキーさんへ

    こちらこそ初めまして。

    ご訪問ありがとうございます。

    猫だけでなく動物は痛みや苦しみをじっと我慢します。
    人間なら泣き喚くか気絶するだろうと思われる傷を負っても身じろぎもせず
    痛みに耐えている姿を見ると、感銘を受けるほどです。
    サンマが犬に咬まれた6月1日の記事にも書きましたが、生き物の中で痛みに一番弱いのは、おそらく人間でしょう。



    mimiさんへ

    Hさんは長年ミリオンの世話を続けていますから安心できるのでしょう。
    ミリオンはHさんが声をかけると、すぐにエサ場から出てきます。

    カポネが船宿に現れると、一瞬で緊迫した空気が流れます。
    ほかの野良は一様にカポネを苦手とし、避けています。
    ただ唯一マサムネだけは、カポネが現れても平然として動じることはありません。
    船宿エリアの野良の中では一番肝が据わっています。



    太巻きおばばさんへ

    日本と外国のペット事情は全く違うようですね。
    もちろん、日本が狂っているのですが。

    今日も新たな捨て猫に遇いました。
    厳しい冬がすぐそこまで来ていることを思うとやり切れません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)