雨中の猫

2010年10月09日 23:58

PM 04:10
朝から降りだした雨は本降りになり、風に煽られ湘南海岸に銀色の斜線を引いている。
江ノ島は、模糊として灰色の靄の中に隠れ、その所在すら分からない。

海岸101009-01.jpg


PM 04:20
新顔の茶トラが居た場所。
茶トラ101009-01.jpg
植込みの側に昨日なかったはずの傘が2本、バケツの水を護るように置かれていた。
おそらく幼い茶トラのためだろうと思われた。



私が舌を鳴らすと、どこからか悲しそうな猫の鳴き声が聞こえてきた。
茶トラ101009-02.jpg
その声を頼りに防砂林の中へ入っていくと、果たして植込みの中に茶トラがいた。


私が側に寄ると、茶トラは鳴くのを止めその眼に警戒の色を灯した。
茶トラ101009-03.jpg
まだ幼い野良のため、私はできるだけ易しい猫語で話しかけた。
「お前は、いったいどこから来たんだ?」「寒いならこっちへおいで」



茶トラ101009-04.jpg
しかし茶トラは口を閉ざして何も応えようとしない。


雨を避けるためか、そのうち茶トラは居場所を替えた。
茶トラ101009-05.jpg
しかしいくら生い茂った潅木の葉でも、この雨を完全に防ぐことはできない。


茶トラ101009-06.jpg
私が見ている間にも茶トラの頭上からいく筋もの雨が落ちてきて、その体をしとどに濡らしていく。


茶トラ101009-07.jpg
茶トラは堪らず雨に濡れた体を舐めはじめた。


茶トラ101009-08.jpg
この状態だと、今夜は眠ることもできないだろう、
どうにかしてやろうにも、植込みの奥から出てこない以上私には手の出しようがなかった。



PM 05:20 
重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
人っ子ひとり通っていない雨のサイクリングロードを、私はミリオンのエサ場へ向かっていった。

ミリオン101009-01.jpg
しかし、エサ場にミリオンの姿はない。


こんな雨の中、ミリオンに出かける用事はないように思えるが‥‥
ミリオン101009-02.jpg
ただ小雨模様だった早朝にミリオンを訪ねたゆきママさんから「私が与えたカリカリを全部たいらげました」と記されたメールを受け取っていたので過度な心配はしていない。


海岸101009-02.jpg
夕闇が濃くなるにつれ江ノ島が姿を現してきた。


茶トラ101009-09.jpg
帰路の途中茶トラを再び訪ねたが、最後に目撃した場所に姿はなかった。
その時、小さな鳴き声が私の左手から聞こえてきた。



茶トラ101009-10.jpg
茶トラは雨に濡れた冷たい地面にうずくまり硬く眼を閉じていた。


茶トラ101009-11.jpg
この雨は深夜にかけてさらに強くなると予報が告げていた。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆうたん@ | URL | 4CvheNDY

    こんばんは。
    新顔の茶トラくんはどこから来たのでしょうね。
    人慣れしているというのが気になります。やはり捨てられてしまったのでしょうか。
    今も冷たい雨の中で眠れずにいるのかと思うと胸が痛みます。

  2. ishi | URL | SFo5/nok

    あの茶トラちゃん、海岸生活が浅いせいか、雨を避けることも出来ず、風邪を引かないか心配です。元飼い猫で、外の生活に順応できる仔は本当にごくわずか。
    私が行ったとき、茶トラちゃんに声をかけるとベイビーボイスでにゃんにゃん鳴いて、自転車にスリより、私の周りをくるくる回って触らせてくれました。
    保護してあげられてなくて心が痛みます。

  3. いちこ | URL | -

    こんにちは

    写真を見ていると、胸が痛んで仕方ありません。
    どこか屋根のある所で雨をしのげるといいですね。
    今日も雨が降っていますか?
    茶トラちゃんのためにも、晴れてくれる事を祈ります。

  4. 気まぐれpapa | URL | r0n3ENrY

    wabiさん、今晩は。
    野良の宿命とは言え、雨の回避の仕方を知らない
    仔猫には辛い天気ですね。
    何時かどこかで回避を覚えるといいなぁ~

    今日の午後2時に船宿に寄ってみましたら、からの
    猫缶が6個ビニールから出て散らばっていました。
    漁師に怒られるので掃除をして、勘入れの横に置い
    て来ましたが、餌を上げた方が忘れて行ったのでし
    ょうか。
    少し心配しています。

    正宗くんは、船が着いたので、釣り船店の前で釣り
    客と一緒にのんびりとしていました。
    他の仔はいませんでした。

    漁港のニャンは誰のいません~
    どこに行ったやら・・・・(笑)

  5. wabi | URL | -

    返信

    ゆうたん@さんへ

    人をほとんど警戒せず近づいてくる様子から元飼い猫だったと思われます。
    そしてこの場所にいきなり出没したことから、最近遺棄された捨て猫に間違いないでしょう。
    幸い今日の様子からは風邪を引いている兆候は見えませんでした。
    しかし、これから日毎に寒くなる海岸でいつまで耐えられるか‥‥
    こういう子を見る度に悲しさと怒りをおぼえます。



    ishiさんへ

    今のところ、食事を与えてくれる人もいますから何とか生きてはいけるでしょう。
    でもこれから迎える寒さ、リードをしていない犬やカラスからの攻撃と、この子を取り巻く状況は過酷なものです。
    寄り添う仲間もいない孤独なこの子がこれから無事に暮らしていけるかどうか、誰にも分かりません。



    いちこさんへ

    幸い天気は予報より早く回復し、今日は暖かい1日でした。
    でも予報ではこれから気温が日毎に下ると報せています。
    ねぐらを持たないこの子が厳しい海岸の冬を越すのは至難の業だと思っています。



    気まぐれpapaさんへ

    茶トラがいるエリアには雨をしのげる場所が全くといっていいほどありません。
    人間の助けがなければ、雨が降る度にびしょ濡れになります。

    船宿前の空缶は不可解ですね。
    私が知る限りでは故意にそのようなことをする人はいませんから。
    誰かがうっかり忘れていったモノを、野良かカラスのどちらかが袋から引っ張り出した可能性が高いと思います。

    私が訪ねた夕刻にはマサムネを含めて7匹の野良が迎えてくれました。
    先のコメント返しにも書いたように漁港の野良は私も久しく逢っていません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)