無題

2010年11月15日 00:00

PM02:20
湘南の海は、鈍色の雲の下に暗く沈んで見えた。今朝から気温はぐっと下がり、冷たい風が肌を刺す。

海岸101115-01.jpg
時折顔を出す太陽は、海にスポットライトを当てるだけで、すぐに厚い雲の陰に隠れた。


ソックスエリア
今日も先を超されたようだ。エサ場は徹底的に打ち壊されていた。

ソックス101115-01.jpg
傘の柄は全て折られ、その形を留めていない。


新しいエサが残っているところを見ると、このエサ場を担当するA夫妻も荒らされた後に来たようだ。
ソックス101115-02.jpg
私は、見当たらぬ食器やメッセージを書いた板を捜した。


ソックス101115-03.jpg
食器二つを草むらの中に発見したが、他のモノはついに見つからなかった。
どうやら今度は間単に見つからないところへ遺棄したようだ。



ソックス101115-04.jpg
憩いの場所であるはずの小さな公園に、打ち捨てられた傘はいかにも不似合いで、異様だった。


私が公園の周りを歩いていると、どこからかソックスが姿を現した。
ソックス101115-05.jpg
名を呼ぶと、すぐに私の足にすり寄ってきた。


私が公園に入ると、ソックスも後についてきた。
ソックス101115-06.jpg
そして変わり果てた自分のエサ場へ近づいた。


私はこれから降るであろう雨のことを考え、エサが濡れぬよう最低限の復旧をした。
ソックス101115-07.jpg
その様子をしばらく見つめていたソックスだが‥‥


エサに口をつけることなく、すぐにその場を離れた。
ソックス101115-08.jpg
途中、エサ場を一度チラリとふり返った。


ソックスの頭は混乱しているのかもしれない。
ソックス101115-09.jpg
どうして自分たちがこんな目に遭うのか、理解できずにいるはずだ。


ソックス101115-10.jpg
それからもソックスは、エサ場を何度も顧みたが、決して近づかなかった。


ソックス101115-11.jpg
見知らぬ人が視界に入ると、ソックスは足を止めその様子を窺う。


そして人っ子一人いない公園を仔細に調べはじめた。
ソックス101115-12.jpg
でも私からある程度離れたことを知ると、急いで戻ってきて何度も何度も私に体をすり付けた。


ソックス101115-13.jpg
それにしても、こんな虚しいことがいつまで続くのか‥‥私は曇り空を見ながら大きな溜息をついた。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    ソックスのエサ場荒らし、、本当にひどい。
    悲しくなります。
    それ以上に、、なんだか危険を感じます。
    またそこに傘をしたら、何度も同じように切り刻む感じを受けます。
    彼ら親子になにかされたらと案じます。
    他の場所、、今ある近くで、すぐ人にわからないようなところに
    餌を置くようにしたらいかがでしょうか?
    何もお手伝いできす、言う事だけで、ごめんなさい。

    ソックスが何度もエサ場を振り返るシーンに涙がでます。



  2. 太巻きおばば | URL | -

    何よりも人間が一番残酷なんですね。

    この子達が何をしたんでしょうか。
    被害者の立場でしょう・・・・

  3. wabi | URL | -

    返信

    mimiさんへ

    どうやら犯人は、毎日海岸へ来ているようです。
    そして少しでも復旧していると、荒らしているみたいです。

    ここを担当するA夫妻も対策を考えているらしいですが、
    誰が見ているか分からないブログにそのことを書くわけにもいきません。

    私も独自の対抗策を考えていますが、それも同じ理由でブログで知らせることはできません。

    悲しいことですが、この手の犯行はいつまで経っても無くなる気配がありません。



    太巻きおばばさんへ

    ここに棲む野良たちは、ここでただ生きているだけです。
    どこへも行きませんし、何も悪いことはしていません。

    そんな弱者を苛めることしかできない人間‥‥
    早晩、自分の首を絞めるように滅んでいくでしょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)