東奔西走

2010年11月24日 00:00

2010/11/24 AM09:30
江ノ島が目と鼻の先にあった。手を伸ばせば届きそうなくらいに。

海岸101124-01.jpg
私はサイクリングロードをひたすら東へ向かってきた。ここまで東に来たのは初めてだ。
自分が今どこにいるのか、正確なことは判らないが、隣の藤沢市に2kmほど入ったところだと思われた。



私は二人の男の後を追ってここまで来た。しかし未だその影さえ捉えられないでいる。
どうやら途中で追い越したか、すれ違ったようだ。

海岸101124-02.jpg
烏帽子岩と伊豆半島の重なり具合からも、ずいぶん東へ来たことが実感された。


エサ場荒らしの犯人らしきオヤジがサイクリングロードを東へ向かっているという、ブースカさんからのたどたどしいメールが届いたのは午前8時前だった。

しかしその時間、ブログの更新を終えた私は近くのコンビニへ出かけて家を空けていた。
私がブースカさんのメールを確認したのは、発信から1時間が経過した午前9時前だった。

ブースカさんへ返信をした私は、自転車に跨り、海岸へ急行した。

サイクリングロードを東へ向かってペダルを漕いでいた私は、西へ向かうブースカさんと遭遇した。
先週海岸で遇った時、私は自分が収集したエサ場荒らしの犯人についての情報をブースカさんへ伝えていた。
その犯人の風体に似た男の後をつけていたブースカさんは、途中で遇ったTさんに事情を話し、追跡をバトンタッチしたと言う。

そこでブースカさんと別れた私は、エサ場荒らしらしき60過ぎのオヤジとTさんの後を追いそのまま東へ急いだという訳だ

海岸101124-03.jpg
西へ引き返す私は、サイクリングロードを行き交う人の中にそれらしき人物がいないか、目を凝らした。
しかし結局この日私は、エサ場荒らしらしき男もTさんも発見できなかった。



ソックスエリア
ソックス101124-01.jpg
ソックスエリアのエサ場には、これといった異常はなかった。


海岸101124-04.jpg


東のエサ場
東のエサ場101124-01.jpg
東のエサ場も荒らされた様子はない。


ふと横を見ると、植込みの中に見知った野良の姿があった。
東のエサ場101124-02.jpg
でも甘えた声で啼くばかりで、植込みから出ようとはしなかった。


しばらくすると、臆病猫のビクが私の来訪を知り、オドオドした様子で姿を見せた。
東のエサ場101124-03.jpg
記事にはしていないが、私はこの臆病猫と時々逢っていた。


6歳になるこのメスの野良は、4年前ボウガンの矢で頭を射抜かれた経験を持つ。
東のエサ場101124-04.jpg
その際、このエサ場を担当するKさんが病院へ運び込み、九死に一生を得た。


東のエサ場101124-05.jpg
そのことが原因かどうか判らないが、この野良はひどく臆病だ。


ビクは、このエサ場で、捨て猫だった母から生まれた、言わば生粋の野良だ。
東のエサ場101124-06.jpg
だから、本当の人の温もりを知らない。


東のエサ場101124-07.jpg
見知らぬ人には決して近づかないが、心を許した人には自ら近づきこんな大胆な格好も見せる。


東のエサ場101124-08.jpg


東のエサ場101124-09.jpg
以前は、ここがビクの居場所だったが、最近他の野良に追われ、別の場所へ移った。


東のエサ場101124-10.jpg
この野良、たいぶメタボチックな体形だが、決して暴食が原因ではない。
担当するKさんの話によると、避妊手術でホルモンのバランスが崩れ、以来肥りはじめたということだ。



東のエサ場101124-12.jpg
ここに棲む他の野良をも警戒するビク。周りに誰もいないのを確かめながら、ゆっくりとエサ場へ近づいていく。


東のエサ場101124-13.jpg
このビクもソックス同様、誰にも迷惑をかけず、ひっそりとここで暮らしている。
そんな罪もない野良を、ボウガンの的にするなんて、私には到底理解できない。



ボス母エリア101124-01.jpg


ボス母エリア
ブースカさんから気になることを聞いた。
ボス母エリア101124-02.jpg
ここにずっと棲んでいるボスの母猫が、突然エサ場を離れ西へ移動したというのだ。
ソックスエリアが見舞われているエサ場荒らしと無関係ならいいのだが‥‥



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
  ▽    ▽    ▽    ▽    ▽
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ 人気ブログランキングへ

応援ありがとうございます


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. るいねこ | URL | -

    ブログ訪問をおろそかにしていたら、wabiさんのブログはボリューム満点でi-201
    せめて2日に一度はおじゃましたいですけど…

    ビクちゃん、砂浜でおなかを見せて可愛い❤
    ボウガンで撃たれた過去…
    猫にも症状こそ違うかもしれませんが、精神疾患はあると思います。

    ↓の大型犬も悲しそうに見えてしまいます。

  2. 名無し | URL | -

    いつも拝見させて頂いております。

    臆病猫ちゃんは野良のわりに綺麗で飼い猫みたいに見えますね。
    しかし本当に懐いてますね~
    私もたまに近所のノラちゃんにエサやりますが、体触らせてくれる猫は初対面でもよってくる猫だけです。

    しかし、湘南の海は綺麗ですね。。。
    東京に住んでる人間には羨ましい限りです。

  3. wabi | URL | -

    返信

    るいねこさんへ

    私のブログは質より量。
    さらにいうなら、下手な鉄砲も数撃てば当たる、です。(笑)

    ビクは、ねぐらを他の野良に奪われるという憂き目に遭っています。
    新しいねぐらは、雨は凌げても寒さは防ぐことができないトコロ。
    無事冬を越せるか、少々心配しています。

    迷い犬‥‥その後どうなったのか?
    私に連絡が来ることはありませんが、自分のウチに帰っていて欲しいものです。



    名無しさんへ

    臆病猫のビクは、生粋な野良のクセに毛艶の良い小奇麗な野良です。
    コロコロした体形は実にユーモラスですし、慣れた人にはしつこいほど懐いてきて、
    なかなか可愛いヤツです。
    警戒心の強い野良の心を開くのは大変ですね。
    やはり、それなりの時間がかかります。

    15年前に茅ヶ崎へ移り住むまで、私も長く東京で暮らしていました。
    今は海が側にあるのを当たり前のように思っていますが、
    海から受ける様々な恩恵も同時に感じています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)