仔猫の安否

2010年11月29日 15:35

船宿エリア 2010/11/29 PM03:35
姿を見せない仔猫のことがどうしても頭から離れない私は、夕刻の海岸へ赴いた。

船宿エリア101129-52.jpg


船宿エリア101129-53.jpg
カポネはシシマルと母猫を両脇に従え、あたかも牢名主のように昂然としている。


船宿エリア101129-54.jpg
そんなカポネを凝視するクロベエの眼には怯えの色が窺える。


船宿エリア101129-55.jpg
辺りを見回した私の目に、水上バイクの上にいる新入り三毛の姿が映った。


船宿エリア101129-56.jpg
私は仔猫の安否を、新入り三毛に訊いてみることにした。


船宿エリア101129-57.jpg


しかし夕日に染まる新入り三毛の、いつにない哀しげな表情を見た私は、思わず口を噤んだ。
船宿エリア101129-58.jpg
つい最近まで棲んでいた元の家のことでも思い出しているのだろうか?


すっかりこのエサ場のレギュラーになったカポネ。
船宿エリア101129-59.jpg
「マサムネ、うかうかしてるとホントに主役の座をコイツに奪われてしまうぞ」
この頃、船宿へ姿を見せることが少なくなったマサムネを、私は気遣っている。



以前ここを担当するSさんに、どうしてクロベエがカポネを怖れているのか聞かされたことがある。
船宿エリア101129-60.jpg
その話によると、クロベエはカポネと争い一方的に打ちのめされたそうだ。


だから、カポネが側に来ると‥‥
船宿エリア101129-61.jpg
クロベエはシッポを巻いて逃げていく。


船宿エリア101129-62.jpg
クロベエは、その精悍な見かけと違って気弱で優しい野良なのだ。


船宿エリア101129-63.jpg
以前は強面振りを遺憾なく発揮していたカポネだが、最近はめっきり温和になった。


何が彼をそうさせたのか、私は知らない。
船宿エリア101129-64.jpg


この時も、カポネからクロベエへの敵愾心は微塵も感じられなかった。
船宿エリア101129-65.jpg
もしかしたら、カポネはクロベエとの仲を修復したいと思っているのかもしれない。


一方主役の座を脅かされているマサムネは、最近入り浸っている釣宿の前にいた。
船宿エリア101129-66.jpg
弟のコジローも一緒だ。


船宿エリア101129-67.jpg
コジローは私の呼びかけに応えまっすぐ船宿へ戻ってきたが、マサムネは途中で裏道に姿を消した。


と、その時、聞き覚えのある鳴声が私の耳に飛び込んできた。
船宿エリア101129-68.jpg
鳴声の主は、あの仔猫だった。
「無事でいたのか‥‥」私は胸を撫で下ろした。


船宿エリア101129-69.jpg
仔猫は啼きつづけた、何かを訴えるように。


船宿エリア101129-70.jpg
私は、マサムネが戻ってきたのを機に猫缶を開けた。


船宿エリア101129-71.jpg
仔猫は居場所を変えると、再び自分の想いを訴えはじめた。


船宿エリア101129-72.jpg
人に懐かないこの仔猫の出自は如何なるモノなのか‥‥?
私は、想像を巡らせた。



船宿エリア101129-73.jpg


ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
  ▽    ▽    ▽    ▽    ▽
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ 人気ブログランキングへ

応援ありがとうございます



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 名無し | URL | -

    いつも楽しみに読ませて頂いています。
    仔猫が無事で良かったですね。
    最後に日が暮れた国道と富士山の写真を入れるところにWabiさんのなんとも言えないセンスを感じます。
    これからも楽しみにしています。

    ちなみにいろんなブログ読みますけど、これだけ写真がたくさん入った密度の高い記事をアップするのなら週1回でも多いほうだと思いますよ。あまり無理をされぬように。

  2. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    おはようございます。

    子猫ちゃん、無事で良かったですね。。
    寂しくて泣いているのかしら、それともご飯、、。
    う~、、猫語がほしい。

    カボネは、写真をみると、wabiさんの言うように船宿の主になってますね!
    顔が怖いですわ、カボネ君。母猫も厳しいお顔してますね。
    マサムネ君たちは、何故あちらにいるんでしょうね?

  3. たかたん | URL | NM1EMLgs

    子猫、発見の報。
    安堵しました。

  4. wabi | URL | -

    返信

    名無しさんへ

    仔猫はこのエリアの野良たちに受け入れてもらったようで、一安心しています。
    でもこうやって野良の生活に慣れ親しむ仔猫を見ていると、やはり切なくなります。

    お気遣い、ありがとうございます。
    完全ではない自分の体調を考慮し、無理せず更新いたします。



    mimiさんへ

    どうやら仔猫は、いきなり見知らぬところへ遺棄され、寂しくて鳴いているようです。
    母の姿を求めているのかも知れません。

    カポネはすっかり船宿の”顔”になってしまいました。
    主役の座をカポネに譲ったマサムネが、何故離れた釣宿に入り浸っているのか‥‥
    いずれブログで紹介いたします。



    たかたんさんへ

    ご心配をおかけしました。

    仔猫が元気な姿を見せてくれホッとしました。
    しばらく、この子から目が離せません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)