新しい家族

2010年11月30日 15:45

2010/11/30 PM03:45
夕刻の空に白い軌跡を残して、戦闘機らしき飛行機が西へ飛び去っていく。
私には、まるで沈みゆく太陽の後を必死に追いかけているように見えた。

海岸101130-01.jpg


そんな妄想から私を引き戻してくれたのは、ウォーキング途中のTANYさんだった。
海岸101130-02.jpg
「船宿の仔猫に逢ってきましたよ」と言うTANYさんの面持ちは沈痛だった。


船宿エリア
もはやこのエサ場のレギュラーとなったカポネが、最初に私を迎えてくれた‥‥大きな欠伸をしながら。

船宿エリア101130-01.jpg



どうやらクロベエは気づいていないようだ。
船宿エリア101130-02.jpg
茂みの中にいる仔猫に‥‥


クロベエは仔猫の存在にやっと気づいたのか、慌てて逃れてきた。
船宿エリア101130-03.jpg
クロベエの反応に自信を持った仔猫は、その勢いのまま近くにいたシシマルを威嚇する。
しかしシシマルは落ち着き払い、仔猫の脅しなど歯牙にもかけない。



シシマルの迫力に気圧されたのか、仔猫はあっさりと引き下がった。
船宿エリア101130-04.jpg
そしていきなり地面に転がった。


船宿エリア101130-05.jpg
仔猫が初めて見せる『地面ゴロゴロ』だ。


船宿エリア101130-06.jpg
かつては、こうやって母親にも甘えていたのだろう。でもその優しい母親はココにはいない。
虚空を見つめる仔猫の眼は、二度と逢えない母猫の面影に想いを馳せているようだった。



新入り三毛が、そんな仔猫を優しい眼で見ている。
船宿エリア101130-07.jpg


仔猫を見つめ続ける新入り三毛。
ひょっとしたら、この三毛は元居た家に子供を残して来たのかも知れないな、と私は思った。

船宿エリア101130-08.jpg
もしそうなら、親子になればいい‥‥人に裏切られた者同士仲良くすればいい‥‥そして、幸せになれば、いい。


その二匹の様子をそっと窺っているカポネの眼は、何故か憂いを含んでいた。
船宿エリア101130-09.jpg
捨てられた仔猫は、気の強いお転婆振りを見せる。(女の子デシタ)


船宿エリア101130-10.jpg
そんな仔猫を見つめるクロベエは、”触らぬ神に祟りなし”と傍観者に徹している。


船宿エリア101130-11.jpg
ひとしきり歩き回った仔猫は、いつもの場所で香座を組んだ。


船宿エリア101130-12.jpg
そこへコジローがやって来た。


船宿エリア101130-13.jpg


コジローも仔猫の存在に気づいていないのか‥‥?
船宿エリア101130-14.jpg
そんな鈍感なコジローを見て、私ならココに居るわよ、と言わんばかりに仔猫は鳴声をあげた。


コジローは仔猫の姿を認めた。
船宿エリア101130-15.jpg
しかし、見て見ぬ振りを決め込んだ。


船宿エリア101130-16.jpg
新入り三毛の様子を、そっと窺う仔猫。



船宿エリア101130-17.jpg
室外機の下へ潜りんで、仔猫は何をしているのだろう?


船宿エリア101130-18.jpg
そこには、Sさんが仔猫のために置いたカリカリがあった。


私は持ってきた猫缶の蓋を開けた。
船宿エリア101130-19.jpg
人を警戒する仔猫は、独り離れた場所で食事する。


カポネとシシマルが食べ残しの猫缶を漁っている。
船宿エリア101130-20.jpg
反目し合う二匹の野良が猫缶を前にしばしの休戦‥‥まさに呉越同舟の図だ。


船宿エリア101130-21.jpg
先に舟を降りたのは、シシマルだった。


船宿エリア101130-22.jpg
残ったカポネは執拗に猫缶を突いた。


遅れて姿を見せたマサムネに、私はカリカリを与えた。
船宿エリア101130-23.jpg
すると、さっきカリカリを食べたばかりの仔猫も相伴に預かりにきた。


船宿エリア101130-24.jpg
それは、まるで仲睦まじい家族の食事風景のようだった。


海岸101130-03.jpg


ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
  ▽    ▽    ▽    ▽    ▽
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ 人気ブログランキングへ

応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 太巻きおばば | URL | -

    悲し過ぎます。
    どうして次から次へと・・・

    捨てた人はノウノウと暮してるんですね。(怒)
    wabiさんお体に気をつけて。

  2. wabi | URL | -

    太巻きおばばさんへ

    寒い冬を前に、どうしてこうも簡単に遺棄できるのか?
    それに引き換え里親探しは、どうしてこうも大変なのか?
    日本のペット事情は矛盾だらけです。

    それでも、野良となった猫たちは健気に生きています。

  3. 智太郎 | URL | Cv7CRq2s

    『地域猫の為に断熱材の家を作ったがね?世間は海老蔵騒ぎだニャン』

     まーったく何界だか知りませんが市川海老蔵は、酒場で喧嘩して負けて怪我を負わされただかの事件で師走の昨今に騒がれてますね?そんな下らない事よりも我がブログを読んでやって下さい。地域猫に関する記事です。いつもの"おもしろ写真"は「1匹めの地域猫の口ヒゲが切られた写真」「2匹めの地域猫が便した後の跡形消滅作法写真」「地域猫の為の断熱材使用のホットハウス写真」「2匹めの地域猫が18歳:人間年齢で90歳以上判明写真」「俺は人間国宝と?市川海老蔵の顔面怪我だらけの写真」「ケンタッキー店舗前のカーネルおじさんのズボンが下がってる写真」です。面白かったら幸いです。よかったら遊びに来て下さい。 (*^。^*)  

  4. wabi | URL | -

    智太郎さんへ

    智太郎さん、はじめまして。

    私も海老蔵の報道には辟易としています。
    もっと他に伝えるべき大切な事があると思うのですが。

    さて、ご案内ありがとうございます。
    さっそくブログを訪問させていただきました。
    本当に盛り沢山な内容ですね。
    またお邪魔します。

  5. imagica | URL | -

    三者三様

    仔猫の如何にも子供・無邪気なお腹真っ白毛ふさふさな地面ごろごろの様子、ミイロの端正で温かい表情と姿態、浜のクールガイ・コジローの見て見ぬふりモードの滑稽さを含んだ相貌、どれも、懐かしく味わいある、一瞬をとらえた秀逸な表情写真とキャプションですね。遡って、映写機を巻き戻すように観ているだけに、殊更、感慨深いです。

  6. wabi | URL | -

    imagicaさんへ

    このエリアの様相も様変わりしました。
    ツバサのように保護される猫は稀で、多くは行方不明になったり事故死しました。
    私のとってもこのエリアの子は懐かしく、見返すと感慨深いものがあります。
    野に暮らす猫たちに平穏な日はやって来ない、これが私の率直な感想です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)