失踪

2010年12月27日 12:25

2010/12/14
夕刻の湘南海岸。
昨日1日降り続いた冷たい雨はすでに上がり、雲の狭間から夕刻の淡い陽射しが差し込んでいる。

海岸101214-01.jpg


船宿エリア
船宿エリア101214-01.jpg
カポネとアイ‥‥普段あまり見ない組み合わせの二匹の迎えに、私は少々戸惑い気味だ。


強面猫のカポネ‥‥脇役だと思っていたが、ここにきて主役の座をがっちりと掴んでしまった。
船宿エリア101214-02.jpg
シャムとの混血猫アイ‥‥何処で何をしているのか、普段はあまり姿を見せない気紛れお嬢さんだ。


カポネがいそいそと船宿へ向かっていく。
船宿エリア101214-03.jpg
船宿前には、ここで何度か逢っている仲良し夫妻の姿があった。
ふたりの訪問を知った野良たちが集まってきている。



この夫妻は辻堂の自宅から車でここまでやって来ては、野良たちにひとときの憩いを与えている。
船宿エリア101214-04.jpg
カポネも奥さんにしきりに甘えている。私の中でカポネのイメージがどんどん崩れていく。
「カポネ、お前には見た目同様、無骨で粗野な野良でいて欲しかったんだが‥‥」



仔猫も元気な姿を見せてくれた。
船宿エリア101214-05.jpg
最近、一時の体重増加が収まり、以前のクールな面差しを取り戻しつつあるコジローも姿を見せた。


皆行儀よく並んでカリカリを食べはじめた。
船宿エリア101214-06.jpg
何だか奇妙な光景に、私には見えた。


船宿エリア101214-07.jpg
何故かマサムネだけはカリカリに見向きもせず、あらぬ方を見つめている。


仔猫も一生懸命カリカリを食べている。
船宿エリア101214-08.jpg
「本格的な冬が来る前に、しっかり食べて今以上に脂肪を蓄えるんだぞ」


船宿エリア101214-09.jpg


船宿エリア101214-10.jpg
食べ物を手ずから貰うシシマルを、私は初めて見た。


船宿エリア101214-11.jpg
「ミイロ、お前はもう腹は満たされたのか?」


船宿エリア101214-12.jpg


船宿エリア101214-13.jpg
カポネは奥さんの足に体を寄せて離れようとしない。カポネのイメージがさらに崩れていく。


船宿エリア101214-14.jpg
コジローの視線を辿ると‥‥いつの間に来たのか、クロベエの姿があった。


クロベエは窺っている、天敵と見なしているカポネの動向を。
船宿エリア101214-15.jpg
クロベエはカポネの側に、決して近づかない。


船宿エリア101214-16.jpg
人に対しては温和で柔和な態度に徹しているカポネ。だが未だ、仲間を畏怖させる十分な威厳を保持しつづけている。


ひとしきり野良たちと触れ合った仲良し夫妻は、皆に別れを告げて船宿を後にした。
船宿エリア101214-17.jpg


船宿エリア101214-18.jpg
残された野良たちは、忽ちいつもと同じ徒然な日常へと回帰していく。


慧眼な読者の方ならとっくに気づいているかもしれないが、私はあることで大きな懸念を抱いている。
船宿エリア101214-19.jpg
今日ですでに6日が経っているのだ、シロベエが姿を見せなくなってから。


私がシロベエを最後に目撃したのは、12月8日の夕刻だ。
船宿エリア101214-20.jpg
新入り猫が去ってからさらに人懐こくなり、私がこのエリアへ来ると必ず姿を見せていたのだが‥‥6日前に忽然と姿を消してしまった。
「シロベエ、お前はいったい何処へ行ってしまったんだ!?」


船宿エリア101214-21.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    おはようございます。

    シロベイ、、そういえば居ないですね~。。
    どうしたんでしょうか? 戻ってくればいいのですが。

    カボネはやっぱり可愛いですね! 
    みんな一列に並んで食べているなんて、いいですね。
    見てるだけで癒されます。

  2. たかたん | URL | NM1EMLgs

    強面のカポネ

    どんどん、心を開いて信頼感が築けているんですね。
    強面のカポネだからこそ、このカポネの信頼感は価値があるように思います。

  3. wabi | URL | -

    返信

    mimiさんへ

    シロベエ、何処へ行ったのか姿を消しました。
    この子はまだ虚勢手術を受けていないので、
    女子を追って行ったのかもしれません。

    カポネのイメージは当初のモノからずいぶん変わってしまいました。
    私としては、もっと強面振りを発揮して欲しかったのですが。(笑)



    たかたんさんへ

    カポネは、今やこのエリアの顔となりつつあります。
    以前は周りの野良にも訪ねる人にも馴染まず、警戒心を顕わにしていたのですが。
    人と猫の間にも信頼感が生まれるものですね~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)