神の匙加減

2010年12月30日 15:29

2010/12/24
湘南海岸は、夜明け前の冷涼な空気に支配されていた。

海岸101224-01.jpg


人の姿もおぼろげな薄闇の中、私の足元に駆け寄ってくる野良がいた。
海岸101224-02.jpg
それは、キジトラの『ボス』だった。
ボスは痩せた体を私の足に何度も何度もすり付けながら、か細い声で啼きつづけた。



推定年齢8歳のメス猫、ボス。
去年の秋頃より体調を崩し、以来食べても食べても太ることができずにいる。

海岸101224-03.jpg
私は、ボスのへこんだお腹を見る度に、無事冬を越せるか気をもんでいる。


私が与えたカリカリを、ボスは一粒一粒噛みしめるようにゆっくりと食べはじめた。
海岸101224-04.jpg
「食欲はあるのに、どうしてお前の体重は元に戻らないんだ?」


東の空を見やると、既に太陽が顔を出していた。
海岸101224-05.jpg


海岸101224-06.jpg
太陽が昇るに連れて、眼前の景色は色彩を増してゆく。


海岸101224-07.jpg
ボスは暖かさを求め、朝の陽射しにその身を晒した。


母親とは生き別れ‥‥兄弟とは死に別れて、今は独りここに暮らすボス。
海岸101224-08.jpg
ボスは、その孤独を癒す術を持っているのだろうか?


ボスの体が朝陽を浴びて、赤く染まっていく‥‥自身の中に流れる血と同じ色に。
海岸101224-09.jpg
どうか忘れないで欲しい。この痩せ細った儚げな野良の体にも、私たちと同じ赤い血が流れていることを。


彼らは、たまたま猫として生を享けた。そして我々も、たまたま人間として生を享けた。
海岸101224-10.jpg
ただそれだけの差異だ。これは神のちょっとした匙加減で決定したことなのだ。


私は朝陽を受けて、東へと向かった。暗鬱な気分を抱いたまま‥‥
海岸101224-11.jpg
昨日私は、船宿で遇ったチャチャさんからソックスエリアの異常を知らされていた。


ソックスエリア
ソックスエリア101224-01.jpg
陰湿で執拗なエサ場荒らしは、まだ続いていたのだ。


エサ場を囲んでいた傘はカッターで引き裂かれ、骨も柄もへし折られている。
ソックスエリア101224-02.jpg
食器は全て奪い去られていた。


辺りを捜したが、食器はついに発見できなかった。
ソックスエリア101224-03.jpg
朝が早いからか、野良も姿を現さない。


その捜索の際、私は実に懐かしいモノと出くわした。
ソックスエリア101224-04.jpg
見覚えがある読者もいるのではないだろうか、この猫ハウス。


これは『ミケハウス』だ。
ソックスエリア101224-05.jpg
そしてこれは『サンマハウス』。
二つともねこタカイさんが製作したモノだ。


ミケハウスの中には、ゆきママさん手作りのミケクッションもそのままあった。
ソックスエリア101224-06.jpg
ミケハウスとサンマハウスがミケのエサ場から無くなったことは、知っていた。
でもその時は、処分されたのだろうと思っていたのだが‥‥



海岸101224-12.jpg
私は海岸猫に関して解決すべきいくつかの難題を抱えている。しかし、今のままだとその解決は来年に持ち越されるだろう。
それにしても来るべき新しい年は、いったいどんな年になるのだろう‥‥?




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 花。 | URL | sweeiHuY

    こんにちは、wabiさん。

    今日はこちらにコメントさせて下さいませ。
    海岸で暮らす猫さんを毎日見せて下さってありがとうございます。
    こちらに伺うようになって猫さんについて命について
    色々な視点から考えることを教えていただきました。
    私に時間があって海までもう少し近ければ。。。
    毎日何度もそう思いながら拝見しています。
    何もできない自分が情けなかったりもします。
    でもいつも祈っています、全ての猫さんに少しでもぬくもりをと。
    猫さんたちは、wabiさんやそちらの優しい方々に守られて
    きっと幸せを感じていることでしょう。

    1年間の感謝の気持ちと、お疲れさまをお伝えしたくて。。。
    wabiさん、お身体どうぞお大事にしてくださいね。
    そして、佳いお年をお迎えくださいませ。

  2. るいねこ | URL | -

    まだえさ場荒らしされていたのですね。
    あ~あの可愛い親子、大丈夫でしょうか。

    それにしても猫に何をされたというのか。
    ひっそり暮らしている可愛い猫たちなのに…

  3. いちこ | URL | -

    こんばんは。
    エサ場荒し、なんて酷いのでしょうか。
    胸が痛みます・・・悔しいです
    この寒い中を生きのびている猫たちに、
    wabiさんや、お仲間の方達の温かい気持ちが通じて
    元気でいてくれる事を 心より祈ります。

    猫たちにも、wabiさんたちにも
    海岸の風はとても冷たかろうと思います。
    wabiさんも、どうぞお体大切にされてくださいね。
    また来年も猫たちの様子を見せてください。
    なにか自分にもできる事がないかと、いつも考えてしまいます。

    どうぞ、よいお年お迎えくださいませ。

  4. 名無し | URL | -

    wabiさん

    いつも読まさせて頂いております。
    素晴らしいBlogをありがとうございます。
    どれだけ癒され、また救われたかわかりません。

    来年がwabiさんと野良達にとって良い年でありますように!

  5. きょう | URL | -

    こんにちは

    餌場荒らし、まだ続いていたのですね。
    前の方もおっしゃられていますが、猫たちがいったい何をしたと言うのでしょう。
    こんな陰湿な事を続けるよりも、もっと他にやる事があるでしょうに。

    wabiさん、猫たちにとって、来年が穏やかでいい年になりますように。
    そして少しでも幸せを感じる出来事がありますように。

    風邪など召されぬよう、良いお年をお過ごしください。

  6. たかたん | URL | NM1EMLgs

    この一年間、ご苦労さまでした。

    この年末年始は、とても荒れた天候だそうです。
    でも、wabiさんは日々の日課であるノラ達をきっと、見て回ってるんだと思います。
    wabiさんのブログを知って、なんとなく思ってたいた自分のノラ達に対するうっすらとした気持ちがすっきりしました。
    そして、僕も明石の浜辺のノラ達と交流が出来るように、今頑張ってます。
    まだまだ、wabiさんのようにはなりませんが。^^
    お身体を、悪くされたその後は、いかかがでしょうか?
    不眠なども気がかりです。
    どうか、ノラ達もwabiさん供に穏やかな年越しが出来ますよう。
    そして、来年は良い年でありますように祈ります。
    今年は、どうもお世話になりました。
    ありがとうございます。
    来年の、ますますのご活躍を期待しております。

  7. へたおば | URL | -

    よく眠れてますか?

    来年も、よろしくお願いいたします。
    では、よいお年を^^

  8. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    毎日ブログ更新お疲れさまです。体調は大丈夫ですか。

    この1年楽しい事や悲しい事がありましたが、いつもwabiさんのブログを
    楽しみにしてました。ありがとうございました。

    これから野良ちゃん達にとって厳しい冬がきますが、みんな元気で過ごしますように。
    wabiさんも良い年をお迎えくださいませ。

    来年、wabiさんと野良ちゃん達にとっていい年となりますように。

  9. wabi | URL | -

    返信

    花さんへ

    過分なご評価恐れ入ります。
    小さな命の大切さを、記事で声高に訴えることは敢えてしないようにしています。
    私は海岸でただひっそりと生きている野良の姿を有りのまま伝えているだけです。
    その野良の姿を見た読者の方が何かを感じ取ってくれれば、それで十分なのです。
    ですから遠くの空のもとで暮らす花さんにそう言ってもらうだけで、本懐の至りと思っています。
    ありがとうございます。

    花さんも、どうか良いお年をお迎えください。



    るいねこさんへ

    あまりに執拗な荒らしに辟易しています。
    いまのところ野良たちは無事でいます。
    でも精神的なショックは感じているようで、
    以前よりナーバスになっています。



    いちこさんへ

    この犯人はよほど猫に恨みがあるのでしょう。
    でも、ここの野良たちとは関係ないはず。
    見当はずれの八つ当たりに憤りを感じています。

    遮る物のない海岸の風は、確かに厳しいです。
    風の強いときは、自転車も前に進まないほど。
    でもそんな厳しい環境にいても野良たちは健気に、
    そして逞しく生きています。
    そんな彼らに救いの手を差し伸べるのは、当たり前のこと。
    決して特別なことをやっているわけではありません。

    ですから私にとって海岸猫との係わりは日常なのです。
    これから彼らを見守っていきます。



    名無しさんへ


    礼なら、私にではなく海岸猫にしてあげてください。
    私はただ、彼らの日常を紹介しているだけです。

    私自身も、亡くなったミケをはじめとする海岸猫から多くのことを学びました。
    優しさ、逞しさ、ひたむきさ‥‥等々

    これからも彼らの魅力を伝えていきますから宜しくお願いします。



    きょうさんへ

    このエサ場荒らしには頭を痛めています。
    たったひとりの狂人のために、幾人もの人が嫌な思いをしています。
    コイツは既に引退した60過ぎのオヤジですから、やることもないのでしょう。
    ある意味可哀想な人間です。

    きょうさんも、良い年をお迎えくださいね。



    たかたんさんへ

    野良たちには、大晦日も正月も関係ありません。
    そして私にも関係ないと思っています。

    明石の海岸猫との交流がうまくいくことを祈っています。
    ただ、野良たちの心を開くには時間が必要です。
    しかし彼らも、人との係わりを求めていますから、
    いずれたかたんさんの気持ちが通じる日が来ますよ。

    お気遣いありがとうございます。
    睡眠障害は相変わらず続いていますが、日中の睡魔は少し軽減されました。

    こちらこそお世話になりました。
    来年も宜しくお願いします。



    へたおばさんへ

    今年はありがとうございました。
    こちらこそ、来年も宜しくお願い致します。

    相変わらず夜の睡眠は少なめです。
    その代わり昼寝を数回に分けてとっています。(笑)



    mimiさんへ

    お気遣いありがとうございます。
    睡眠障害は続いていますが、胃潰瘍はたいぶ癒えてきました。

    愛猫との別れはお辛かったでしょうね。
    でもきっと虹の橋の向こうでいつまでも待っていますよ。
    ミケも側にいると思いますし‥‥

    mimiさんとって来年が良い年であるようお祈りいたします。
    そして、茅ヶ崎海岸へいらっしゃるのを心待ちにしています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)