防砂林

2011年01月04日 12:45

2011/01/03
海風と、その海風が飛ばす砂から我々を護ってくれる防砂林。

防砂林110103-01.jpg
私は今日もその防砂林の奥へ歩を進めている。


その私の目の前を歩くのはIおばさんだ。
防砂林110103-02.jpg


昨日仕掛けた捕獲器。
防砂林110103-03.jpg
だがその中に目的の野良の姿はなかった。
ゆきママさん手作りの唐揚げが虚しく吊り下がっているだけだ。



Iおばさんに毎日食事を運んで貰っている一匹の野良。
防砂林110103-04.jpg
重篤な病に罹っているその野良の姿を求めて、Iおばさんはその子の名を呼びながら防砂林の中を彷徨うように歩き回っている。


防砂林110103-05.jpg
しかし捜し求める野良が、慣れ親しんだIおばさんの声に応えることは‥‥なかった。


防砂林から出てきたIおばさんが、海を見やって呟くように言った。
防砂林110103-06.jpg
「烏帽子岩が白くなっているけど‥‥あれは雪?」
Iおばさんの視線を辿った私の目にも、烏帽子岩が雪を被っているように見えた。



船宿エリア PM04:20
Iおばさんと別れた私は、その足で船宿へ向かった。

船宿110103-01.jpg
新入り仔猫は、釣宿の船長さんの大きな手で優しく撫でられていた。


船長さんがシロベエのことを話題にした、まさにその時だった。
船宿110103-02.jpg
シロベエが姿を現したのは。


それを見た船長さんは、シロベエのもとへ駆け寄った。
船宿110103-03.jpg
この船長さんも知っていた、シロベエが怪我をして戻ってきたことを。


怪我をしたシロベエは、明らかに以前より警戒心が強くなっていた。
船宿110103-04.jpg
シロベエは、右後ろ足を引きずっている。


船宿110103-05.jpg
怪我をしたからエリアから離れたのか、それとも離れたあとで怪我をしたのか‥‥それは判らない。


ともあれシロベエは戻ってきた、仲間がいる船宿へ。
船宿110103-06.jpg


船宿を見やった私は、いつもと違うあることに気がついた。
船宿110103-09.jpg
ヤツがいないのだ‥‥最近必ずと言っていいほど姿を見せていたカポネが。


サイクリングロード近くでしばらく待っていると、カポネが姿を現した。
船宿110103-10.jpg
ところがカポネは船宿へは向かわず、私の目の前をゆっくりと横切っていく。


「カポネ、何処へ行くんだ?」その私の問いかけを無視して、カポネは脇目も振らず通り過ぎていった。
船宿110103-11.jpg
新入り仔猫が近づいても、カポネはふり返りもしない。


やんちゃな新入り仔猫を、ミイロが心配そうに見守っている。
船宿110103-12.jpg
先々月ここに遺棄されたこの二匹は、似た境遇に絆を感じているのだろうか?


湘南海岸 PM09:05
防砂林夜110103-01.jpg
私は昨夜に続き、今日も夜の防砂林に入っていった。


読者の方に重ねて言っておく。
防砂林夜110103-02.jpg
夜の防砂林は訪れないほうがいい。


何故なら、視界の利く昼間と違って夜の防砂林は迷い易いからだ。
防砂林夜110103-03.jpg
もしどうしても入る必要に迫られたら、昼間のうちに目印をつけておくことを勧める。


防砂林夜110103-04.jpg
捕獲器は、昼間と全く同じ状態で私の目の前に姿を現した。


防砂林夜110103-05.jpg
効果のほどは疑わしいが、捕獲器を小屋の横に移動させた。


湘南海岸 PM11:45
防砂林夜110103-06.jpg
編集ミスでも読者のデジャビュでもない。私は再び夜の防砂林に足を踏み入れようとしているのだ。


私の頼りは、懐中電灯の灯りだけだ。
滅多に使うことのないこの懐中電灯、接触不良のためか時折消えてしまうのだ。

防砂林夜110103-07.jpg
その度に私の動悸は激しくなる。


しつこいようだが、言っておきたい。
夜の防砂林にはよほどのことがない限り、入らないほうがいい。

防砂林夜110103-08.jpg
何故なら、人の気配を感じたカラスがいきなり騒ぎ出し、そのけたたましい鳴声と羽音に腰を抜かすほど驚かされるからだ。


捕獲器の移動は効果がなかったようだ。
防砂林夜110103-09.jpg
この直後、近くでガサリと物音がした。ふり返ると、逃げ去っていく野良の後姿が見えた。


船宿エリア PM12:05
船宿夜110103-01.jpg
深夜にも拘わらず新入り仔猫は、まだ外で遊んでいた。


「オチビちゃん、寒いからもう小屋に入りな」
船宿夜110103-02.jpg
この時、小屋の中には誰も入っていなかった。


船宿夜110103-03.jpg
どこからかミイロが現れて、室外機の下にあるカリカリを食べはじめた。


船宿夜110103-04.jpg
真夜中の船宿前に佇む新入り仔猫の姿は、いかにも儚げだった。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぶぅ | URL | Toi2BYHQ

    明けましておめでとうございます。

    wabiさん、あけましておめでとうございます。

    昨年一年はいろいろありましたが、今年はwabiさんにとっても猫たちにとっても良い1年になりますようにお祈りします。

    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

    海で写真に夢中になっていたら、声をかけてくださいね。

  2. uribau | URL | -

    こんばんは

    捕獲作戦、難攻しているようですね。
    1日も早く捕獲出来ることを祈っています。
    wabiさんもご無理なさらないよう、お体大事になさってくださいね。

  3. 太巻きおばば | URL | -

    こんなに沢山の可愛そうな猫ちゃん達が
    生きてゆけるのは、優しい人達も大勢居るからですね。

    怪我してる猫ちゃん、捕獲出来ますように。

  4. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    ぶぅさんへ

    謹賀新年です、ぶぅさん。
    本年も宜しくお願いいたします。

    昨年は海岸猫にも色々なことがありました。
    さて今年はどんな年なるのか‥‥私には判りません。
    野良のように目の前のことで精一杯ですから‥‥

    海で見かけたら、後ろからそっと話しかけます。(笑)



    uribauさんへ

    今日の昼過ぎ、やっと捕獲できました。
    本当にこの野良の捕獲は苦労しました。
    まるで、こちらの手の内を知っているように裏をかかれっ放しでした。
    やっと肩の荷を降ろすことができました。



    太巻きおばばさんへ

    今回はNTさんの協力があって、やっと捕獲できました。
    NTさんには本当に感謝しています。
    この野良のことはまた紹介します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)