猫ハウス

2011年01月08日 05:47

落日迫る船宿前
船宿110104-09.jpg
茜色の空を背景に、新入り仔猫が所在無さそうに水上バイクの上にいた。


ミイロも夕陽を浴びて全身を朱色に染めている。
船宿110104-10.jpg
側にいるシズクも、黄昏の空を物憂げに眺めていた。


マサムネが姿を現した。
船宿110104-11.jpg
最近留守勝ちなマサムネは、すっかり影が薄くなってしまった。
しかし私としては、この優しい隻眼の野良を主役の座から降板させるつもりは‥‥まだない。



と、そこへキュウさんがやって来た。
船宿110104-33.jpg
発砲スチロールの箱を持って。
この箱は、行きつけのスーパーでご主人と一緒に”調達”してきたモノだ。
猫ハウスにちょうど良いサイズの箱が入手できたから、設置の際は私に手伝って欲しいとコメントを寄こしてくれたが、それが今日だとは知らされていなかったはず‥‥



船宿110104-34.jpg
ねこタカイさんの作った猫ハウスに倣って私が引いたラインに、キュウさんがカッターの刃を入れた。


船宿110104-35.jpg
入り口が完成した。


私たちの周りには、物見高い野良たちが集まってきていた。
船宿110104-36.jpg
「クロ、お前が使ってもいいんだぞ、この猫ハウス」


ミイロも高みの見物を決め込んでいる。
船宿110104-37.jpg
新入り仔猫も興味津々だ。


船宿110104-38.jpg
屋根部分の蓋を固定して、猫ハウスが完成をみた。


設置場所は風雨が吹き込まないプレハブハウスの間に決定した。
船宿110104-39.jpg
念のため、入り口の上に庇をつけた。


キュウさんが調達した箱はもうひとつある。それは次回、このハウスの手前に設置する予定だ。
船宿110104-40.jpg
さっそくミイロが様子を見に来た。
どの野良がねぐらとして使ってくれるのか‥‥楽しみにしている。



一仕事終えたキュウさんと一緒に、野良たちに食事を与えることにした。
船宿110104-41.jpg


船宿110104-42.jpg
一度姿を消したはずのカポネも、再び船宿前に戻ってきた。


船宿110104-43.jpg
新入り仔猫は、Sさん手作りの小屋に潜り込んでいた。
これから厳しい寒さがやって来る‥‥だがこの子は、海岸の厳しい寒さを、まだ知らない。




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. たかたん | URL | NM1EMLgs

    こんばんわ。

    新しいネコハウス、新入り子猫ちゃんが入りましたね。
    これから、厳しくなる冬を子猫ちゃんがあのハウスで無事に過ごせるのか?それともドラマが生まれるのか?
    遠く離れた地で見守ってます。

  2. キュウ | URL | SFo5/nok

    猫友さんに年末年始は上物の発泡スチロールが出ると話したら、次回の年末年始は手伝ってくれるそうです。そうすれば5個はゲットできるかなと。まだまだ先の話ですがね。旦那と二人で行くよりは用途を知っている猫友さんとの方ががめやすいです(笑)。

  3. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    たかたんさんへ

    新入り仔猫が入ったのは、以前からあった猫ハウスの方でした。
    マサムネもお気に入りのようなので、中で猫団子を作って欲しいものです。
    新しい猫ハウスに誰かが入っている痕跡はあるのですが、眠っているかどうかはまだ分かりません。
    写真が撮れたらすぐに紹介します。



    キュウさんへ

    確かにずいぶん先の話ですね。(笑)
    いずれはあの場所を『猫マンション』にしたいものですね。
    3階建てくらいの立派なマンションに‥‥
    ところで、指の怪我は癒えましたか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)