病魔と闘う猫 その七『声』

2011年01月21日 13:16

ミリオンは湘南海岸で野良の母猫から生まれた。
それは1999年秋の頃だというから、今年で12歳を迎える。

ミリオン-00.jpg
数年前から、このエリアに残る最後の1匹に、ミリオンはなっていた。


ミリオン-01.jpg
そのミリオンも病魔に侵され、今は海岸を離れ横須賀の病院で治療を受けている。
(上の3枚はHさん撮影)




2011年1月6日に癌の摘出手術を受けたミリオン。
翌朝にはガツガツと食事をし、先生を驚かせるほどの快復ぶりを見せていた。





2011年1月14日
私は、そんなミリオンを見舞うことにした。

110114-01.jpg


その日はちょうど抜糸の日だった。
大手術だったにも拘らず、縫合跡もきれいで、心配された顔への影響もほとんど無かった。
抜糸する間、ミリオンは嫌がりもせずじっとしていた。
私が診察台に近づくと、ミリオンはそっと顔を寄せてきた。
私はミリオンの頭を撫でながら「ミリオン、よく頑張ったな」と褒めてやった。
先生も「名前を呼ぶとお返事するし、とってもいい子ですよ」と目を細めた。



ケージへ戻されたミリオンに別れの挨拶をしようと、私は声をかけた。
「ミリオン、また来るからな。それまで先生の言うことを聞くんだぞ」

110114-02.jpg
するとミリオンは私の顔を見つめ、大きな鳴声を上げた。

私がその部屋を出てからも、ミリオンは何かを訴えるように懸命に啼きつづけた。
だが周りの患者の声が混じり、私はミリオンが何を言っているのか聞き取れなかった。
「今度来た時にゆっくり聞いてやるよ」私はそう独りごち、病院を後にした。




それにしても、ミリオンは私に何を訴えていたのだろう‥‥?
以来、ミリオンの鳴声が耳から離れなくなった。




翌1月15日
110115-01b.jpg


船宿エリア
私は2日ぶりに船宿を訪ねた。

110115-02.jpg
寒さのためか、野良たちはいかにも無聊そうだった。


110115-03.jpg
ミリオンを保護した安堵からか、私は心身ともに疲弊し、この1週間で野良を訪ねたのはこの日で3日目だった。
さらに翌16日も、私は海岸へ赴くことなく、倦怠感を抱えたまま1日を無為に過ごした。




そして17日‥‥その日の朝、私は1通のメールを受け取った。
それは16日の夜、横須賀の医師が留守電へ残したメッセージを要約した、NTさんからのメールだった。

NTさんは慌てたのか、そのメールには主語がなく、最初私は別の野良のことだと勘違いしていた。
しかしその文面からすぐにミリオンのことだと判ったが、その内容を理解するのにしばしの時間が必要だった。

何故ならそのメールには、にわかに信じ難いことが書かれていたからだ。

とにかく、横須賀の病院へ行かねばならない‥‥
だがその時私の睡眠サイクルは大きく狂い、さらに睡眠剤のせいで起き上がることすら出来なかった。




1月18日午後 今回は船宿を担当するSさんの車で横須賀の病院へ赴くことになった。
110118-01.jpg
私は国道134号線でSさんに拾ってもらい、ミリオンが待つ横須賀へ急いだ。



私が見舞ってから2日後の2011年1月16日21時30分、ミリオンと病魔との闘いはいきなり幕を閉じた。



ミリオンは無言のまま、私たちを迎えた。
110118-02.jpg
16日の夕刻までミリオンは元気でいたという。
先生によると、朝は食欲もあり順調に快方へ向かっていたが、夕方糞をした直後に倒れたそうだ。

その後先生が懸命に治療をしたが、ミリオンはお気に入りだったゼブラ模様の毛布と戯れながら静かに息を引き取ったという。




この時先生から、病理検査の結果を聞かされた。
それによると、ミリオンの右耳はやはり扁平上皮癌に侵されていた。
さらにリンパ管への転移が認められていることから、脳を含めた他の臓器へも転移しているだろうとも‥‥




お世話になった先生に礼を言い、私たちはミリオンと一緒に湘南を目指した。
110118-03.jpg
私は車窓の風景に目を遣りながら、ここ半年のことを顧みた。


110118-04.jpg



私のしたことは、果たして正しかったのだろうか‥‥?
保護したことで、ミリオンの寿命を徒らに縮めたのではないだろうか‥‥?


ただ最後の10日間、ミリオンが暖かい場所で耳の痒みから開放された時間を過ごしたことだけは救いだった。



Hさんからミリオンの通夜をしたいという願いがあり、途中◯◯市に立ち寄ることになった。
110118-04-05.jpg
ミリオンの亡骸はHさんに託された。


私は独り、夕闇迫る湘南海岸へ赴いた。
110118-05.jpg
ミリオンのエサ場の上に、満月まであと2日の丸い月が架かっていた。


110118-06.jpg
「ミリオン、今夜はHさんにうんと甘えるんだよ」私はそう呟き、海岸を後にした。


1月19日 湘南海岸
110119-01.jpg


ゆきパパさんを先頭に、ミリオンの葬儀に参列する人たちが歩いてくる。
110119-02.jpg
ミリオンはHさんの胸に抱かれている。
仔猫の頃から世話をしていたHさんは、ミリオンに添い寝をして一夜を明かしたそうだ。



110119-03.jpg
ミリオンは、2週間ぶりに棲み慣れたエサ場へ戻ってきた。


狭いエサ場の中へ埋葬することは難しいので、少し離れた防砂林にミリオンを連れていった。
110119-04.jpg
お気に入りのゼブラ模様の毛布にくるまれたミリオン。
最期はこの毛布を足で踏み、口を寄せ愛しそうに舐めていたという。
因みにミリオンの母猫の被毛は黒シロ柄だった。


ミリオンは亡き母を思い出していたのかもしれない。



110119-05.jpg
Hさんがミリオンのためにお経を唱えはじめた。ゆきママさんも一緒に手を合わせる。


そこへKおじさんが駆けつけてきた。
110119-06.jpg
写真を前に、生前のミリオンの話が次々に語られた。


訃報を知ったブースカさんが、花を手にミリオンへ最後の挨拶をしにやって来た。
110119-07.jpg


Hさんに抱かれ、ミリオンが静かに墓穴へ移される。
110119-08.jpg
母を想い起こさせたゼブラ模様の毛布の上に、ミリオンは横臥した。


参列者の手によりミリオンの埋葬がはじまった。
110119-09.jpg


110119-10.jpg
ミリオンの体が少しずつ土に隠れてゆく。


土がかからぬようティッシュで顔を覆い、その上に花を供えた。
110119-11.jpg


そして最後にSさんの手で、ミリオンの体へ土がかけられた。
110119-12.jpg


ミリオンに供える花を用意したせいで、遅れてKおばさんがやって来た。
110119-13.jpg


110119-14.jpg
そして最後に参列者全員が焼香を行い、ミリオンの葬儀、埋葬はつつがなく終わった。


110119-15.jpg
長く病魔と闘ったミリオンの体は、波音が聴こえるこの場所でひっそりと眠り、やがて土に還る。
そして虹の橋を渡ったミリオンの魂は、きっと母や兄弟たちと再会していることだろう。



110119-16.jpg
ミリオンと最後の別れをした参列者たちは、来た道を戻っていった。




今回の結果を知り、ミリオンの保護、手術に関してとやかく言う人はいるだろう。
どんな謗りも私は甘受する覚悟だ。

但し、ミリオンを懸命に治療してくれた先生や私に協力してくれた人たちへの誹謗は絶対許さない。

私にしても、言葉だけの無責任なニンゲンの言うことなど気にするつもりは、ない!





私が唯一気になっているのは、私に向けられたミリオンの最後の鳴声だ。
ミリオン14-01.jpg
「ミリオン、お前はあの時私に何を訴えようとしたんだ?」
「やはり恨み言を言いたかったのか‥‥?」




たとえ罵られてもいい‥‥

ミリオン、お前の声を‥‥私はもう一度‥‥聴きたい‥‥




ミリオン.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. manatsu | URL | HmNaqfsU

    きっと、「ありがとう」と言ったはず。

    うちのにゃんこも同じ病気で、闘病しているとき
    失明して動けなくたってしまいました。
    会いに行って、帰りがけに「またね」なんて話しかけると
    わずかな声で鳴いてくれましたが、「ありがとう」って言ってたようでした。

    ミリオンとは一回も会ったことありませんが、なんだかブログを通して
    会っていたような気がしますから、悲しいですね。

  2. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん

     ミリオンのご冥福をお祈りいたします。

     wabiさんならわかっていただけると思いますが、自分はこのミリオンの闘病記を特別な思いで読んでいました。
     結末は予想外のものでしたが、皆さんの行動は絶対、間違っていません。
     ミリオンは「ありがとう」の思いを伝えていたのだと思います。
     
     年末、茅ヶ崎海岸にお伺いしたとき、自分はミリオンと会うことができませんでした。
     めぐり合わせですかね・・・。
     次、お伺いするときは、ミケちゃんとともにミリオンのお墓参りもさせてください。

  3. ぽきまむ | URL | qmvPwGd.

    初めまして、大分県のぽきまむと申します
    ミリオンの術後の容体を知りたくて18日から日に何度もおじゃましていました 
    旅立ったのですね
    ミリオン、ゆっくりおやすみなさい
    皆様の無念さ、悲しみはいかばかりかと思われます
    薬の入ったチーズを飲み込む姿からミリオンの素直な性格が伝わってきました
    お陽様があたったミリオンの写真は温かそうで好きです
    ミリオンの最後の言葉が気になりますか?

  4. きょう | URL | -

    こんにちは

    wabiさんありがとうございます。
    きっとミリオンなりの感謝の言葉と、最後の挨拶を言いたかったのかもしれませんね。
    ミリオン、虹の橋ではきっとかゆみもなく、穏やかに過ごしているんでしょうね。
    ミリオンのご冥福をお祈りします。

  5. かじょたん | URL | bFKzbFJg

    お疲れさまでした。

    みんなに愛されたことに
    ミリオンの”ありがとう”が聞こえてきます。

  6. 太巻きおばば | URL | -

    wabiさん、ミリオンちゃんは最後の別れの言葉を言ったんだと思います。
    こんなに優しい人々に会えたミリオンちゃん。
    最後は幸せだったと・・・・

    ありがとうの言葉だったはず。

    今は痛みも苦しみも無く穏やかに天国で遊んでると思います。

    今までお疲れ様でした。

    そして、私からもありがとう、wabiさん。

  7. のら(松井) | URL | F9KaSNZI

    御辛い心情での更新、ありがとうございます。
    きっと今頃ミリオンは、家族と太陽の傍で日向ぼっこしていますね。
    力強い最後の鳴き声が、wabi様の、関わるすべての方々への感謝だったと信じます。
    ミリオン、いつか会いに行くねー!

  8. あと半分。 | URL | -

    悲しいですね。

    ミリオンは懸命に生きて、最後に力尽きたけど
    やっと苦しみから解放されたのだと思います。

    ゼブラの毛布と戯れてる時は
    ママの胸の中に帰っていたんですね・・

    ミリオンの最後の鳴き声は
    (僕の想像ですが)

    「行かないで。
     ずっと一緒にいて!」
    ・・という気持ちと

    「今までありがとう。
     wabiさん、さようなら・・」
    ・・という両方だったのかも知れませんね。

    ミリオンのご冥福を祈ります。

  9. free-man | URL | -

    さようなら

    悲しいですね…。
    ご冥福をお祈りいたします。

  10. 匿名係=ihibou | URL | ZQHR2uUw

    読んでいるうちに、のどが痛くなって息が止まりそうでした。猛暑、砂嵐、寒風、真夜中の防砂林、そして19日の埋葬まで、行動をともにしていらした方々に敬意を表し、そしてお悔やみを申し上げます。

    ミリオンはwabiさんをちゃんと識別していて、「もう行っちゃうの、一緒にいてよ」と言ったのではないでしょうか。オトコは黙って・・なのですよね、病院の邪魔は出来ないとか、先生への感謝の気持ちも伴ってのことでしょう。動物病院は色々なものが置いてあって狭いですし。私なら鳴かれたら図々しく戻ったかな?、戻ってあと30分いたとしても、亡くなってしまったのですから、悲しみは同じですね。

  11. むべ | URL | -

    子どもの頃ともに暮らしていた猫が
    病で亡くなる前日の晩に
    大きな声で鳴いたのを思い出し、涙が出ました。
    痒さから開放され、暖かい場所で、お母さんと同じ柄の
    毛布に包まれて、
    安心して旅立って行ったんだと思います。
    おだやかな気持ちで。

  12. はやとうり | URL | -

    wabiさん 
    お世話をして下さっていた方々お疲れさまでした
    心からご冥福をお祈りしています
    ミリオンちゃんこれからは毎日幸せな場所で暮らせるよ
    厳しい冬もない 息苦しい夏もない 静かに暮らそうね

  13. tobutori | URL | -

    「海猫伝説」で知りました。
    ミリオンはずっと幸せだったと思います。
    そう、最期まで。
    だから私も皆さんと同じで「ありがとう」と、言いたかったのではないかと思います。
    誇らしい顔をしていましたもの。
    ミリオンはたぶん人間の言葉を理解していて、会話していたのじゃないでしょうか。
    伝える相手が居ることは幸せなことだと思います。
    ミリオンを救ってくれて、私も「ありがとう」と思いました。
    ミリオン、よかったね。

  14. Sedna | URL | -

    痒いのと痛いの、どっちがいい? と聞かれたら、
    痛い方がいい。

  15. 空花 | URL | -

    いつも訪問させていただいてますが、
    コメントは初めてです。
    ミリオンを思って、涙がでました。
    一生懸命に生きた子ですね。がんばったね。
    こんなに皆さんに思われてよかったね。

  16. するる | URL | gmuBEe9w

    ミリオンちゃん、本当に頑張りましたね。
    痒くて痛くてずっと辛かったでしょうに。
    今頃は、虹の橋の向こうで、きっと穏やかな
    生活をスタートさせていることと思います。

    ミリオンちゃんのことは去年の夏からずっと
    見守ってきました。そして保護され、手術を受け、
    安堵した矢先のことで、とても残念です。

    ミリオンちゃんはあと数日の命ということが
    分かっていたと思います。
    wabiさんにかけられた最期の言葉は
    「ありがとう。一時期、避けるようなことを
    してごめんなさい。でもずっと感謝していたの。
    今まで本当にありがとう。みんなに愛されて
    私、本当に幸せだった。」

    ミリオンちゃんのためにお世話をされてきたみなせん
    本当に大変だったと思います。最期の穏やかな
    10日間、静かな最期を迎えられたことは
    みなさんのお力がなければかなわなかったことです。
    本当にお疲れさまでした。

    ミリオンちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

  17. ネコたんママ | URL | SLJ/JtpM

    ミリオンは幸せだったと思います。
    沢山の方々がミリオンに関心を持ち、心配し、そして愛をそそいだのだから。
    wabiさん、そして皆さんのお陰でミリオンは暖かく最後を迎えられたのだと思います。
    ミリオンの冥福を祈ります。
    wabiさんもお体ご自愛下さい。

  18. 茅ヶ崎在住人 | URL | -

    wabiさん、皆様 ありがとうございました。

    私とミリさんは”小母さん同士”のようなお友達だったと思っています。
    長年つかず離れず、会えばお互い勝手なおしゃべりをし、
    たまの逢瀬がとっても楽しみでした。
    一緒の時間はなんとなーく体の一部に触れ合って過ごさせて貰いました。
    あの1/4の日、海のあの道で別れ際 ずっとずっと見送ってくれました。
    もう一度会いたかった。

    あの日はwabiさんや皆様が貴女のことを考えてくれていること、病院のこと
    多分この場所に帰ってくれるであろう事を説明しました。
    そしてミリさんは戻ってきたんだと、この日記を読んで思いました。
    もう一度 ありがとうございました。

  19. はちみつ | URL | nE5zyyuc

    wabiさん、こんばんは。

    ミリオン残念でした。

    でも野良で12年も生きられたというのは周りの人達の手厚い保護があったからこそでしょう。
    wabiさんを含め世話をされた方、獣医さん、ありがとうございました。
    そしてお疲れさまでした。

    見ている我々はwabiさんが書かれたきれいな所しか見ていません。
    おそらく世話をしている方々やwabiさんはここで語られている以上に様々なことを見て様々なことを思ったことだと思います。

    それでも、ミリオンが人に対して何をを告げたかったか、それを一人でも多くの人が考える切っ掛けになったことは意味があると思います。

    まだ海岸にはたくさんの野良たちがいることでしょう。
    ミケの時と同じく、ミリオンの死がただのかわいそうな野良猫の死ではなく海岸猫たち全体の幸せにつながりますように。

    最後にミリオンの冥福を祈って。

  20. psyche | URL | -

    wabiさん
    ボランティアの皆さま本当にお疲れさまでした。
    長い間患っていた痒さが治まり
    暖かな場所でwabiさんの顔を見て
    きっと安心したのだと僕は思います。。
    お気に入りの毛布に
    きっと母親の面影をどこかに感じながら
    静かに眠りについたのでしょう。
    海辺に遠くを見つめる
    ミリオンの白い後ろ姿を想いました。
    心からご冥福をお祈りいたします。
    wabiさんもどうかご無理をなさいませんよう
    ご自愛ください。

  21. アビmama | URL | 0ej1hy.w

    つい先日太巻きさんとミリオンちゃんのお話しをしていたばかりでした。
    私も陰ながら応援していました(陰の応援じゃダメですね)。

    ミリオンちゃん最後は感謝の言葉を伝えてたのでしょうね。
    こんなにたくさんの皆さんに見送られて虹の橋を渡ったミリオンちゃん・・・
    幸せだったと思います。

    ご冥福をお祈り致します。

  22. ノンママ | URL | -

    wabiさん、皆さま、残念でしたが最後までありがとうございました。
    ずっと拝見させていただいておりましたが、
    コメントは初めてです。
    ミリオンちゃんのこと気になって仕方りませんでした。
    いろいろな経緯がありましたが、
    最後は暖かく、そして1人じゃなかったこと、
    「ありがとう」と感謝していると思います。
    wabiさんにも「ありがとう」が言いたかったんですね。
    私からもありがとう。
    そしてミリオンちゃん、幸せだったじゃなくて、
    これからもずっと、ずっと、幸せでいてね。

  23. siba | URL | -

    長~い間、見守ってこられたのですね。
    その子にとって何が一番良かったのか…
    残されたものには分からないことだらけですが、

    いつも見守ってくれている人がいるということは、
    幸せなことだと思います。

  24. 合掌

    ”するるさん”の所から参りました。

    本当にお疲れ様でした。
    お外で生きている猫達がどんなに過酷であるか?
    野垂れ死にをしていく野良猫が多い中、
    多くの方助けられて本当に幸せであったと思います。
    本当にお疲れ様でした。
    合掌

  25. うずまき猫 | URL | odhe05w2

    ミリオンのご冥福をお祈りします

    wabiさんも、ミリオンも、支えた皆様も本当にお疲れさまでした。

    恐怖を強いても手を尽くすか、自然に任せて見守るか、、、辛く難しい決断。
    この判断をできる(しなければならない)のは世話をしている人だけだと思います。見守ることの方が辛く、まして可能性が少しでもあればそれに賭けたい、、、ただ、こうすれば、ああすれば、みたいな後悔はどの道を選んでも出てくるように思います。
    それより、過酷な環境で12年近くを生き抜き最後まで頑張ったミリオンと、それを支え続けた皆さんとの思い出を大切に。
    心身ともに辛いこととお察ししますが、くれぐれも体調を崩されることのありませんように。。

  26. ミポリン | URL | -

    ありがとうございます

    初めまして 高知の人間です ひょんな事から地域猫活動を ご近所達の力でがんばってる者です そしていつもこのブログを読ませてもらって いろんな事を学ばせてもらってます 
     ミリオンちゃんは 絶対「ありがとうございました 」ってお別れを言ったのだと思います 私も去年ペットを病院へ連れて行ったとき 時遅くて 亡くしてしまい 自分をとても攻め 夜も眠れず 毎日涙が止まらず大変でした ペット供養してくれたお坊さんがおっしゃるには「動物にも感情があるんです 自分に置き換えてご覧なさい 具合が悪いのに病院へも連れて行ってもらえなかったら どう感じますか?動物を導いてくれるのは 馬頭観音様です なくなったペットに対して『光の方向に向かっていくんだよ 今度は丈夫な身体で生まれ変わって また私たちに愛を沢山ください 馬頭観音様に導かれて 行くんですよ』って言ってあげてください 四つ足のものを人間と同じにしてはいけません 苦しみます 」と話をしてくださいました 其れを聞き 心を強く持たないと かえって不幸にしてしまう事に 気づかされました
     wabi様がポシャってしまったら 野良猫ちゃんたちは 誰が守ってくれるのでしょうか?
    ご自愛くださいませ 
     ミリオンちゃんの生き様は 千(ミリオン)の四つ足ちゃん達を救うと信じています!!千のうち(私んちの五匹は少なくともこのブログのお陰で助かってます!!!)

  27. dejavuewords | URL | hdScUxTA

    せっかく保護し手術もうまくいったかのように見えた矢先の急変。
    ショックも大きいでしょう。
    保護したから亡くなったという見方もあるでしょうが、手術しなければずっと痒みに絶えながら生きていかなければならない。
    そのどちらがいいかを選択する権利は本猫にある訳ですが、面倒を見てる周りの方達にしたら放っておけないのが実情でしょう。
    猫に人の情というものが分かるなら、きっとwabiさん達の気持ちを理解してるミリオンちゃんではないでしょうか?
    私も由乃ちゃんが年末に喧嘩した挙句口の付け根の肉をそぎ落とされてるのに気付き、知り合いに抗生物質を獣医さんから貰うように頼みました。
    抗生物質を口にしたのは数回で、その後は一切餌を口にしなくなってしまいました。
    それではまずいので、2日前から薬なしの缶詰を出してます。
    この猫を捕獲及び保護できたなら、そしてミリオンちゃんと同じ状況に陥ってるなら、きっと手術させたでしょう。
    その是非は当人達にしか分からないことで、ブログの訪問者とて詳細及びその結果を云々することはできない問題だと思います。
    逐一ブログで紹介してきたとしても、それでも訪問者には見えない事情がたくさんあったからに他ならないからです。
    ミリオンちゃんの冥福を祈り、そしてwabiさんの健康を願う次第です。

  28. ヒトミ | URL | -

    びっくりしました。
    いつかはこういう日が来るんだろうとは思っていましたが
    まさかこんなに早く旅立ってしまうなんて。

    一度でいいから、ミリオンを撫でてあげたかった。

    病院での別れ際、ミリオンはwabiさんに
    感謝の気持ちを伝えたかったんだと思います。
    それと、「海岸へ帰りたい、連れて帰って」
    と言っていたんじゃないかと思います。
    生まれ育ち、長く暮らし慣れ親しんだ茅ヶ崎の海岸へ。

    近いうちに花を手向けにミリオンを訪れたいと思います。
    wabiさん、お身体ご自愛下さいね。お疲れ様でした。

  29. いちこ | URL | -

    言葉がうまく出てきません・・・
    ミリオン、安らかに眠ってください。
    がんばったね。
    たくさんの人に愛されてよかったね。

    wabiさん、ありがとうございます。
    どうぞ、お体大切にされてくださいね。

  30. にゃにゃにょ | URL | -

    ・・はじめまして。
    きっと悔いの無い猫生だったでしょう・・。
    小さな体で頑張って生き抜いて、プライドを持ち続け、
    最後の最後まで頑張ったのでしょう。
    ・・きっと今頃は、お母さん達に甘えているでしょうね・・。

    ・・言葉が足りませんが、素晴らしいお話を有難う御座いました・・。
    ・・ミリオン・・偉かったね・・。

  31. せた | URL | 6Q0aW8YQ

    wabiさん、ボランティアの方々、お疲れ様でした。
    ミリオンはきっと、お世話してる人達にまた会いたいって気持ちで
    必死に生きようとしてたんだと思います。
    最期は優しい皆さんに囲まれて幸せだったと思いますよ。

    ただ今回、助かる命を見過ごしていた人がいる事が
    理解できませんでした。
    ミリオンと同じような事が起こらぬよう、
    一匹でも多くの猫ちゃんが幸せになれるよう祈っています。


  32. sugar | URL | McVeO0/E

    本当にお疲れ様でした。
    いつもこのブログで茅ヶ崎海岸の猫ちゃんたちと
    それを見守る人たちの温かさに感動しています。

    ミリオンちゃんはきっとみんなに感謝しながら
    立派に猫生の幕を引いたんだと確信しています。
    ゼブラ柄の毛布に包まれてとても幸せそうに見えますよ。
    今週末横浜へ帰省しますので茅ヶ崎へ行って見ようかと思います。
    from岩手

  33. wabi | URL | -

    manatsuさん Kiryuさん ぽきまむさん きょうさん かじょたんさん 太巻きおばばさん のら(松井)さん あと半分。さん free-manさん  匿名係=ihibouさん むべさん はやとうりさん tobutoriさん Sednaさん 空花さん するるさん ネコたんママさん 茅ヶ崎在住人さん はちみつさん psycheさん アビmamaさん ノンママさん sibaさん 太っちょの母さん うずまき猫さん ミポリンさん dejavuewordsさん ヒトミさん いちこさん にゃにゃにょさん せたさん sugarさん
    コメントありがとうございました。


    各々の方へコメント返し出来ないことを、まずお詫びいたします。

    去年の7月から行動を開始したミリオン保護は、困難を極め、一時は諦めかけましたが、多くの方の協力でやっと手術まで漕ぎ着けることができました。
    時すでに遅く、ミリオンの全身は癌に蝕まれていました。
    それでも手術の後は食欲も旺盛で、快方へ向かっていたのですが、10日後に症状が急変し、ついに不帰の客となってしまいました。
    ただ、先生に看取られ安らかに逝ったことが救いではあります。

    見舞いに行った後、私は周りの人とも相談しながら、退院後のミリオンの落ち着き先を探していました。
    そんな矢先の訃報でした。

    ミリオンは今、棲み慣れた茅ヶ崎海岸の片隅でひっそりと眠っています。
    12年というミリオンの生涯が幸せだったのかどうかは、彼女しか分かりません。
    でも、この世に幸せな野良などいない、という私の持論に照らすと、ミリオンが幸せだったとは思えません。
    ですが、皆様の温かいお言葉は、きっとミリオンへ届いていることでしょう。
    本当にありがとうございました。

    私も今は、ミリオンの冥福を祈るばかりです。

  34. wabi | URL | -

    のら(松井)さん、ヒトミさん、sugarさん
    メール頂ければ、ミリオンの所へご案内します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)