NHK職員からのコメント?

2011年01月24日 05:12

数人の方から、ミリオン保護に対して文句を言ってきたコメントを公開して欲しいという要望があったので、ここに全文を掲載することにした。
私自身の感想は前回の記事に記したので、今回は敢えて多くを語らないが、無知と矛盾に満ちているということだけは言っておきたい。
また、私たちが捕獲器でミリオンを保護しようとした時に、食事を与えて妨害したのもこのジンブツだと思っている。

では、以下にそのコメントをペーストする。





タイトル:ミリオンはどこにいたかったのか
ホスト:gw.nhk-sc.or.jp
********************

みなさん、ステキなコメントだらけのところ、悪いね。

あなたはミリオンに病院にいって手術を受けたいか、聞いたことある?
私は彼女が「いやだ」という意思表示をしていたと思ったよ。

あなたにも、そう言ったよね。

でも、あなたは「善意」のかたまりで、自分に反対意見の人を攻撃してまで、自分の思ったことをやらずにはいられなかったよね。

「苦しんでいる」ミリオンを見ていられなかったんだよね。やさしいから。


でも、ミリオンは病院なんかで死にたかったのかな?
よく考えてみてよ。

あのこはずっと海のそばでいたんだよ。
いつも波の音をきいて、お日様に守られて、病気でもずっと生きてきたんだよ。

それを取り上げる権利、私たち人間にあるのかな?

病院にいって手術にするのがベストだったのかな?

あなた、言ったよね。
手術受けて、翌日には戻しますよって。

そのあなたの言葉をきいて、「こいつには捕まるんじゃないよ?って、彼女に言ったよ。


やっぱり殺されちゃったね。
悲しいね、どころじゃないね。
ミリオンの?権利?を侵害するのもほどがあるね。

外で暮らしているおじさんたちが病気になっても、あなた、同じことやるんだよね。

ねこに親切にできるんだから、当然人間にだってやるよね?


これからもがんばって、世の中のあらゆるものの救世者でいてください。


何を言われたか、わからなかったって?
そりゃ、あなた、「ねこ」のいうことなんか、ひとつだって耳傾けてなんかいなかったもの、わかるわけないよね。


あの子は、最後、ずっと暮らしてた場所で、波の音を聞きながら命が消えるのを迎えたかったんだよ。

せめてつれて帰るくらいの気が回せなかったの?


手術すれば、絶対直る、なんて、浅はかで傲慢だよね。
「人間さま」のやることは、間違わない、なんてね。


あなた、いったいなにさまなの?


安眠なんか、できると思いなさんなよ。






私が気になっているのは、ホスト欄にあるドメイン名だ。
『gw.nhk-sc.or.jp』を検索に掛けると『[組織名] 財団法人エヌエイチケイサービスセンター』と返ってきた。
NHK職員が脅し文句を含んだコメントを勤務中に寄こすとは思いたくないのだが‥‥
かといってプロキシサーバーとして経由されるほど、NHKのセキュリティーは緩くないと信じたい。
あいにく私はネットワークについて疎いので、これ以上のことは調べられないし、推測も間違っているかも知れない。


尚、このコメントは公開希望なので、記事として転載しても差し支えないと考えている。


ミリオン100731-01.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. さとし | URL | -

    いつもお世話になっています

    いつもお世話になっています。
    初コメになりますかね。

    実は私は、元々は犬好きで猫嫌いです。
    まあ写真を撮っている内に、最近は少し猫にも感情移入しているところもあるのですが。(笑

    上の方のコメントには、決定的な間違いがあります。

    >あのこはずっと海のそばでいたんだよ。
    いつも波の音をきいて、お日様に守られて、病気でもずっと生きてきたんだよ。

     生まれて来てからずっとボランティアの方々に餌をもらったりして、なんとか生きてきたわけで、本人(ミリオン)の自由意思だけで気ままに生きながらえてきたとは思えませんねー
    これが人里離れた大自然の中で生きている動物であったら別なのですが。
    根本的に勘違いをしています。

     人間社会での延命治療の問題等でも過激に反応する人が時々いるようで。
    まああまり関わらずにスルーした方が良いかもしれません。

  2. 匿名係=ihibou | URL | ZQHR2uUw

    1月21日に書かれた1月14日の部分に「私が診察台に近づくと、ミリオンはそっと顔を寄せてきた。」という一文がありました。私は、ミリオンとの間に何度も色々あったのに、ちゃんと全部ミリオンは分っていた、「wabiさんよかった」と思いました。このことだけで、一切の誹謗中傷を跳ね返えせます。

  3. はな | URL | -

    wabiさん

    ミリオンの最後の言葉は絶対にwabiさんや皆さんへの感謝とお別れですよね。
    ミリオンとwabiさんには確かな信頼関係と絆がありましたから。

    猫は本来野生の生き物ではないので、人間と一緒に暮らしお腹がすいたらご飯を貰い、
    体調が悪ければ病院で治療を受ける暮らしが自然です。
    上記コメントは偽善に満ちていて読んでいてとても不愉快で腹立たしくなりましたが、
    人間界にはいろんな価値観の人がいるものだと驚きもしました。

    こんなことに負けるwabiさんではないのは存じていますが、
    これからもwabiさんや皆さんを頼りにしている他の子達のことを見守ってあげて下さい。
    ミケちゃんもミリオンも今頃安らかに眠っているはずです。

  4. 24n85 | URL | ymNqBHJg

    こんにちは。
    いつも楽しみにして、見せていただいています。

    世の中には、いろんな人がいますし、いろんな事を言う人がいると思いますが、気にしなくて良いと思います。

    野良猫のことを、あんなに愛してあるwabiさんが、正しいと思ってした事は、誰がなんと言っても正しいことだと思います。
    ミリオンもきっと最後に「ありがとう。」って言いたかったんだと思いますよ。

    このブログを、いつまでも続けていただけることを心から願っています。

  5. モンプチ | URL | -

    はじめまして

    はじめまして。モンプチといいます。
    ひょんな事からこちらのブログを知り、以来楽しみに読ませてもらっています。

    ミリオンの耳の事は気になっていたのですが、そんなに重篤な病気だっただなんてびっくりしました。

    私は、きっと最後にミリオンは『出会えて良かった。ありがとう。もう帰っちゃうの?もう少しだけ傍にいてほしいな』って言ったんじゃないかなと思います。

    今回の行動が、正しかったのか?間違っていたのか?
    私にもわかりませんが、ただ私が思うことは、私でも同じ事をしていたということです。
    きっとミリオンも相当つらかったと思います。野猫といっても縁あって出会い、世話をしている中でつらそうな姿は見ていられませんから・・多くの野猫が人知れない場所で行き倒れのように死んでいく中、救ってあげられるのなら、救ってあげたいと思うからです。勿論、ミリオンに意思の確認なんてできませんから、私のエゴだと言われてしまえばそれまでですが、野猫達の置かれている環境のことを考えると、私はエゴを通してもいいと思います。
    最後のほんの数日でも、痛みから解放され、温かい場所で過ごし、そして最期を看取ってもらえたミリオンは幸せだったと思います。

    今、我が家にも、色々あり居ついてしまた野猫がいます。
    避妊をし、ゴミ集積場など荒らさないように朝と晩エサをあげて、温かい寝床も作り、ブラッシングもして、トイレも家の側の畑なので問題なしで、近所の方の理解も得ています。もう14歳のおばあちゃん猫なので、余生を穏やかに過ごしてくれればいいと思ってます。

    今、ミリオンは波の音を聞きながら、慣れ親しんだ海岸でゆっくり眠りについているのでしょうね。
    一度もミリオンに会った事がない私ですが、何故かミリオンの事が気になりブログを読んで号泣してしまいました。

    一度、海岸に会いにいってみようかな・・    


  6. あと半分。 | URL | -

    無視して正解ですね。

    こういう卑怯者は多いですね。
    ネットの影に隠れて、安全な所から高みの見物をして、
    ゴタクをこね回すのが大好きな人種です。

    このnhk野郎の間違いは
    ミリオンを理解した気になってる所ですね。
    僕はこいつに言ってやりたい。
    ただ死に場所が海辺なら、彼女は幸福なのかって。

    ミリオンの願いは
    「苦しみから解放されたい!」という一事だったはずです。
    海辺に居るのがどうこうなんて
    彼女には何の意味もなかったでしょう。

    結果的にミリオンは死んでしまったけど
    彼女の心に刻まれた思い出は
    wabiさんの事や、一緒に動いてくれた人たちの事だと思います。

    このnhk野郎じゃないことは確かですね。

  7. izumin | URL | -

    初コメ恐れ入ります。

    なんだろうすべては表現力を持つ人間が
    作り出している世界のようにも思える。

    ただし「なにかに目を配り手を差し伸べ助けること」
    それができる人間はあまりいない。

    なにもできない側の人間より

  8. zord | URL | -

    生命体と生物と人間

    不快な生命体ですね。
    あさましい悪知恵の働く生物を果たして人間と呼んで良いものか。
    権利という人間社会にしか通じない口当たりの良い言葉を借りて、不自由な猫のすべてを語った気になっている。
    生命に限らずすべての物質には縁があります。それは選ぶことのできない運命です。自由や権利という言葉は人間社会でだけ想像されている空想上の概念で、生きてゆく際、選択肢のある生命にだけ与えられます。そしてそれは概ね人間にだけ得られるものでしょう。
    生まれ落ちてただ生きるしかない生命には権利という概念はなく、ただ生きるという本能だけがあります。
    手を差し伸べる側はもちろん全能ではないしすべてを助けられるわけではないです。
    でもそれでもあえてその生命の幸福を求めようとするならば、手を差し伸べた生物こそは人間だと思います。
    持論ですが、少なくとも哺乳類同士は種が違っていてもある程度気持ちの交換ができると信じています。(鳥や魚もできそうな気もしますが)
    ミリオンの最後の言葉は、あの穏やかな目を見て、感謝とひょっとすると別れの予言なのだと思いました。自分の猫が死ぬ前夜に自分にひと声鳴いたことを思い出すと。

  9. | URL | -

    猫のことを全て理解していると思っているところなんか、
    猫かわいがりしている私のような人間と何も変わらない人なんでしょう。
    ただ、猫に対するスタンスがすこし違うだけで。

    相手にせず、いつも通りの記事更新を望みます。
    大変お疲れ様です。

  10. みーこ | URL | hSCFVYi.

    どうして妨害・・・

    猫と話は誰もできないかもしれないが、痛いという感覚は人間と同じでそして痛いのは不快だ、
    痛みから逃れたいのも共通だと思います。

    虐待の禁止

    動物虐待とは、動物を不必要に苦しめる行為のことをいい、正当な理由なく動物を殺したり
    傷つけたりする積極的な行為だけでなく、必要な世話を怠ったりケガや病気の治療をせずに
    放置したり、充分な餌や水を与えないなど、いわゆるネグレクトと呼ばれる行為も含まれます。

    猫は愛護動物です。

    おじさんは痛い時病気で苦しい時助けてほしいと思わないのでしょうかね?
    野良猫だけは違うという事ないです。

    活動している中馴れない威嚇の酷い子やどうしても捕獲器に入らない子が病気や怪我の時、
    自ら近くに来たり、捕獲器に簡単にはいる事がありました。

    こちらのDrは手遅れにならないようになるべく早く連れてくるようにいいます。
    飼い猫でもそれは同じですが、そのおかげで命のつながった子も多いです。
    もちろん・・・妨害などする人もいませんでしたので。










  11. BigDaddy | URL | X.Av9vec

    fc2の場合、ドメイン、コメントした人の固有IPアドレスが判りますから、まずは、そのNHKサービスセンターに、これこれこういう嫌がらせとも思えるコメントされたが・・・、と問い合わせすると良いですよ。そのIPアドレスが社内で共有されていない限り、個人はすぐに特定出来ます(勿論個人情報は公開してくれませんが)。

    私のブログにも時折、嫌がらせコメントする輩がいますが、全て、IPアドレスをチェックし、該当するプロバイダ等に問い合わせし、その企業のルールに基づいた処置をして貰うようにしています。

    勿論、その手の処分ルールを持たないプロバイダもあり、強制退会処分されない事も多いようですが、もし、それが度重なれば必ずプロバイダは動くと思います。

    NHKの場合は、プロバイダとはまた異なるでしょうが、大きく問題にしても良いと思いますよ。脅迫にも取れるような悪質コメントをしてるのですから。

    正義とは人それぞれで、意見を戦わせるのは良いでしょうが、悪質な嫌がらせコメントに対しては、プロバイダや、上の件だとNHK関連企業に相談される事を強くお勧めします。

    コメントは絶対に削除せずに、何時何分にどこどこのサイトで、御社のドメインを利用した悪質コメントがあったと申し立てて下さい。

  12. まり | URL | -

    はじめまして!
    NHKサービスセンターで働いている人はNHKの職員ではありません。
    サービスセンターはNHK関連の商品を売ったりしていますが別会社です。

  13. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    さとしさんへ

    こちらこそいつもお世話になっています。

    私もこのコメントは無視するつもりだったのですが、要望があったので公開しました。
    元々公開希望だったので、むこうも公開して欲しかったようですし。

    自分だけが野良の気持ちを分かっているつもりの身勝手な内容に、笑ってしまいました。あんたこそ何様?って逆に訊いてみたいものです。

    これ以上、本人を相手にするつもりはありません。
    ご忠告、ありがとうございました。



    匿名係=ihibouさんへ

    見舞いに行ったときのミリオンは、穏やかな表情で私を迎えてくれました。
    抜糸する間も、大人しくいい子でした。
    手術の跡もきれいの縫合され、美しい姿を取り戻したのが、私の救いです。



    はなさんへ

    見舞いに行った時、ミリオンが何を言いたかったのか‥‥
    最後の姿と共に、私の記憶に残り続けるでしょう。

    人それぞれ価値観が違って当たり前ですが、その自分勝手な考えを脅し文句と一緒にコメントするようなニンゲンは相手にする価値もありません。
    私は歯牙にもかけませんからご安心ください。
    そもそも私にはそんな無駄な時間はありませんから。

    温かいお言葉、感謝いたします。



    24n85さんへ

    ご忠告ありがとうございます。

    私の行動が正しかったのかどうかは判りませんが、協力してくれる人、賛同してくれる人、そして応援してくれる人がいる限り、これからも海岸猫を見守っていくつもりです。

    これからも宜しくお願いいたします。



    モンプチさんへ

    ミリオンの本当の病名は訳があって明かせませんでした。
    私の後悔はこの病名を知るのが遅過ぎたことです。
    耳疥癬で、医者にも掛かっている、という噂話を信じたことを悔いています。
    「たら、れば」は、今更言っても仕方ないことは分かっていますが‥‥
    ですから、その後の保護、手術に関しては後悔していません。
    あの状態のミリオンを見れば、私でなくても救いの手を差延べたと思います。

    住み着いたおばあちゃん猫も、縁あってモンプチさんの所へ来たのですね。
    穏やかな余生を送ってくれることを祈っています。

    茅ヶ崎海岸へいらっしゃる時はご一報ください。



    あと半分。さんへ

    身勝手なニンゲンは何処にでもいます。
    卑怯なニンゲンも何処にでもいます。
    相手にするだけ時間の無駄なことは判っています。

    おっしゃるように、ミリオンは苦痛から逃れたかっただけです。
    骨にまで達した癌細胞の痛みから‥‥

    あのままあの場所にいれば、ミリオンの最期は悲惨なものになっていたでしょう。
    それから救えただけでも、私のしたことに意味があったと思っています。



    izuminさんへ

    初コメありがとうございます。

    私に表現力があるとは思えません。
    もしそう感じるなら、海岸猫の厳しい現実が原因かと思われます。
    私はお話を作ろうとはしません。
    ただ撮った写真を眺め、その中から聴こえてくる野良たちの声に耳を澄ませるだけです。でも毎回毎回、聴こえてくることはありませんが‥‥



    zordさんへ

    不快な生命体との遭遇はよくあります。
    ただ外見は人の皮を被っていますから、そうと気付くのにしばしの時間が必要ですが。
    そしてこの生命体は、何かの拍子に本性を剥き出しにします。
    それも大抵の場合、卑劣な手段をとって向かってきます。
    まともに相手にしても、時間と労力の無駄。

    言葉を解さない動物の気持ちは一方的に忖度するしかなく、こちらの行為が正しいのかどうかは最後まで判りません。
    私はミリオンから感謝の言葉を聴きたかったのではなく、ただ苦痛から彼女を救いたかっただけなのです。

    初コメントありがとうございました。



    無記名さんへ

    猫を可愛がるのは一向に構わないのですが、我々の保護活動を妨害する行為が許せません。
    私のブログ更新が、このコメントに影響されることはありません。



    みーこさんへ

    ミリオンが癌の痛みから逃れたかったのだと、私も思っています。
    最後は傷口も広がり、体も衰弱していました。

    保護した後のミリオンは穏やかで大人しくしていました。
    私たちの行動が、自分を救ってくれるためだと分かっているようでした。
    入院していた病院でも先生に懐き、名を呼ぶと返事をしていたそうです。
    痛みや痒みから解放されたミリオンは、その先生の献身的な治療、看護を受けました。
    私たちと先生が懸命に助けようとしたことは、ミリオンも判ってくれたのではないでしょうか。

    同じような子に遇ったら、今度は早く保護したいと思っています。

  14. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    BigDaddyさんへ

    ご丁寧なコメントありがとうございます。

    この手のコメントはこれまで一通もなかったので、最初は無視していました。
    この人物とは何度か海岸で遇っていて、ミリオンの手術に関して口論した経緯があったので
    反応を見るため公開しました。
    元々公開コメントでしたので、本人も公開して欲しかったようですし。

    ここで詳細を書くことはできませんが、今後のことも考えて対策を講じました。

    ドメインを残してこんなコメントを書くところをみると、ネットにも疎いはず。
    もう二度と同じことはしないでしょう‥‥常識ある人間なら。



    まりさんへ

    ご指摘ありがとうございました。

    仰るとおり、本体は『日本放送協会』ですね。
    私も後で気付きました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)