目撃

2011年02月04日 00:03

2日間のカポネ捜索は空振りに終わった。そして、この日が3日目‥‥
船宿110201-01.jpg
しかし今日も、船宿付近にカポネの姿はない。


私の心とは裏腹に、上空には紺碧の青空が広がり、暖かい陽射しが降りそそいでいた。
船宿110201-02.jpg
枯草の中に、その太陽の恵みを全身で享受しているマサムネの姿があった。


船宿110201-03.jpg
私が近づき話しかけてもマサムネは一瞥をくれただけで、その場にうずくまったまま動こうとしない。


ここにも暖かい陽射しに身を晒している野良がいる。
船宿110201-04.jpg
寒さが和らいだこの日、野良たちは日向ぼっこに余念がない。


脱臼した後足を引きずって、シロベエが近づいてきた。
船宿110201-05.jpg
以前は真っ先に姿見せていたシロベエだが、怪我をして戻ってきてからは、すっかり臆病になった。


シロベエが脱臼した原因は何なのか‥‥はっきりしたことは何も判っていない。
船宿110201-06.jpg


船宿110201-07.jpg
シロベエとシシマルは向かい合ったまま動かなくなった。
この2匹の距離が何を意味しているのか‥‥今はまだ分からない。



船宿から少し離れた場所‥‥。
船宿110201-08.jpg
3時間ほど前‥‥ミイロが佇むこの場所でカポネが目撃された。


船宿110201-09.jpg
その時、新入り仔猫も此処にいた。


これは、カポネが負傷したことを逸早く報せてくれた、同じ読者から届いた写真だ。
110201-01.jpg


110201-02.jpg
この時、カポネの方から近づいてきたという。
カポネの素振りに、人を怖れて警戒する様子はなかったそうだ。



ただ頭の傷はまだ痛々しく、引きずる後脚が気になると、メールは結んであった。
110201-03.jpg
何はともあれ、朗報だ。カポネが生きて姿を見せてくれたのだから。


そこへ、仲良し夫妻が船宿を訪ねてきた。
船宿110201-10.jpg
夫妻にカポネの目撃情報を伝えると、何度も何度も「良かった~!」と言って喜んでくれた。


船宿110201-11.jpg
新入り仔猫は、好物を手ずから貰っている。


そしてマサムネは、この日も奥さんに抱かれて眼を閉じる。
船宿110201-12.jpg
人に抱かれることなどほとんど無い野良は、束の間の温もりをどう感じているのだろう?


蒼穹を背負って、一匹の野良が現れた。
船宿110201-13.jpg
高いトコが好きな、コジローだ。


カポネがよく寛いでいた空地。
船宿110201-00.jpg
カポネは、この近辺に身を隠しているはずだ。そして傷が癒えるのを、じっと待っているのだろう。


私はカポネの姿を求めて、闇雲に捜すのをやめた。
船宿110201-15.jpg
私は待つことにした、カポネ自ら現れるのを。傷を癒すカポネに倣って、じっと‥‥。


エリアの野良たちが集まってきたので、持っていた猫缶を与えた。
船宿110201-14.jpg
野良たちの食欲は一様に旺盛で、僅かな時間で完食した。


船宿110201-99.jpg
この日も、私がカポネの姿を見ることはなかった。でも生きていることが分かっただけで、私は満足している。


生きていれば、いずれ逢うことが出来るからだ。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 匿名係=ihibou | URL | ZQHR2uUw

    とりあえず、付近に潜んでいて、しかもふたりも付き添ってくれていることが分って、よかったですね。足がどう損傷しているのか分りませんが、やつれてしまって悲しいですね。

  2. あと半分。 | URL | -

    生きててよかった。

    痩せたように見えますね。
    頭の傷跡が・・酷いですね。
    痛みで食欲もないのかな・・
    カポネの快復を祈ります。

  3. ゆうたん@ | URL | 4CvheNDY

    本当に生きててよかった!

    今日の記事を拝見して、思わず泣いてしまいました。
    ずっと心配だったのです。
    カポネ、生きていてよかった・・・。
    きちんとゴハンを食べて、早く傷を治して。
    無理して現れなくていいから、とにかく生きていてほしいです。

    それにしても、人間って・・・どこまで残酷になれるんだろう(T_T)。

  4. ノンママ | URL | -

    メールをくれている方に懐いているようですね。
    保護できないのでしょうか?
    カポネの足も気になりますが、頭は重症のように見えます。
    気になって仕方ありません。
    見守ってくださいね。
    カポネ、、、がんばって!!

  5. するる | URL | gmuBEe9w

    本当に生きていてよかったです。
    傷は痛々しいですが、がんばってほしいです。
    野良ちゃんたちはいつも危険と隣り合わせなのが
    本当に悲しいです。
    wabiさんたちのように優しい人ばかりだと
    いいのですが。

  6. きょう | URL | -

    こんにちは

    カポネ、良かった。
    ずっと気になって、どうか無事で!! と、ずっと祈っていました。
    傷も痛々しいですが、痩せてしまいましたね。
    目撃されたところにカリカリを置いておく事は可能でしょうか?
    少しでも食べて、回復に向かってくれることを祈っています。

  7. たかたん | URL | NM1EMLgs

    ともかく、良かったです。

    カポネが姿を現し、ともかく一安心です。
    ここ最近の記事で、ノラで生きる厳しい環境を深く考えてしまいました。
    あの新入りの子ネコちゃんも、優しい里親が見つかりますように。

  8. ひまわり | URL | -

    よかった~!
    姿が見えただけでも、少しはほっとしましたが心配です。
    でも、きっと元気になってくれるはず。
    少し痩せているのが、気になります。
    何とかならないのでしょうか?
    カポネの強さに期待します。
    あ~~辛いですね。
    お祈りしてます。

  9. みい | URL | 6Us9WQ1Q

    はじめまして

    こちらのブログを知って、まだ1カ月ぐらいですが、毎日拝見しています。カポネ、生きてて良かったです。「猫がエンジンルームに入る」で検索すると、やはりそのような事はちょくちょくあるようですね。しかもたいていは悲惨な結果の様なので、カポネは重傷を負っていますが、命があって本当に良かったです。私も毎日通ってる場所があるのですが、そこは山の頂上の寂れた展望台です。確認できてる子たちは7匹ですが人が遺棄した子と、その子供たちです。人家など全くない場所なのです。ここは四国ですが、夜には氷点下になる日もあるし、人が助けてあげないと絶対に生きていけません。家の中にいて布団をかぶっても寒いのに、あんな山の上で凍えてるかと思うと涙が出ます・・。できる限りのことはしてるのですが・・。wabiさんのブログを見てると、のらにゃん達に優しい人達はたくさんいるんだと、本当に救われます。長々とすみませんでした。

  10. モンプチ | URL | -

    一安心です

    こんにちわ。
    カポネの事が気になっていましたが、生きていて本当に良かったです。
    寒い時期なので、傷が化膿しづらい事が救いですね。
    早く傷がよくなる事を祈るばかりです。

    抱っこされているマサムネの野良らしからぬ穏やかな表情がいいですね。
    女性の腕をぎゅっとしている手もツボです。

  11. ひめまり | URL | -

    よかった・・・生きてたんですね
    どこかで潜んで 早く傷が治ること
    祈ります

    がんばって!カポネ!!

  12. にゃにゃにょ | URL | RCXKb8Z6

    はじめまして、にゃにゃにょと申します。
    ちょちょこ覗かせて頂いております。
    カポネくんの傷が早く癒えると良いですね・・。

    ・・既に何方かがお伝えになっているかも知れませんが、
    地元の所轄に「動物の人為的な虐待」が付近で
    頻発しているようだと相談なさってみては如何でしょうか?。
    (傷が明らかに物によってつけられたり、蹴られたりしていると)

    余り約にはたたないかもしれませんが、今のご時世であれば
    犯罪として警戒くらいはしてくれるのでは無いでしょうか?。
    また、行為を所轄に報告しました的な張り紙をして、
    それを行為を行っている者が見たとしたら、
    警戒して大人しくなるかも知れませんし・・。
    ・・それとも、反対に報復にでるか・・う~ん・・。

    ・・簡単な事しか言えずに申し訳ないです・・。

  13. ミポリン | URL | -

    お祈りしてます

    毎日 カポネが保護されて治療できますように!! それしか遠いのでできません 脱水状態は大変だから キャリーバックに入れて 連れて行ってあげてください 

  14. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    匿名係=ihibouさんへ

    カポネの生命力を信じていましたが、実際に自分の目で見ないことには安心できませんでした。
    今は食欲もあり、快復に向かっているようです。



    あと半分。さんへ

    怪我をした直後は食事の時間にも姿を見せなかったので、以前より痩せていました。
    しかし、最近はよく食べています。
    頑丈な体躯を持っているカポネだからあの程度の傷で済んだのかも知れません。



    ゆうたん@さんへ

    ご心配をお掛けしました。

    とにかく生きていてくれて安堵しています。
    怪我の方もだいぶ癒えてきました。
    最近のコメントなどで、エンジンルームで事故に遭った可能性が考えられるようになりました。
    しかしシロベエの怪我の原因は人為的なモノのようです。
    海岸猫に悪戯をする人間は今も存在しています。
    哀しいことですが‥‥



    ノンママさんへ

    幸い傷は殆ど癒え、快復へ向かっています。
    Sさんが抗生剤を与えているそうです。
    その効果が表れているのだと思います。

    食欲も戻り、徐々に体重も増えるのではと期待しています。



    するるさんへ


    外猫の暮らしは厳しく、事故、病気、虐待、と心配事は尽きません。
    世話をする方たちも常に見守っている訳にはいかず、根本的な解決方法はないです。
    野に暮らす以上仕方ないことですが、やはり切ないですね。



    きょうさんへ

    朝の食事時間にも姿を見せることが多くなり、食欲も徐々に戻っています。
    私も午後に訪ねたときは、カポネの出現を待ち、食事を与えるようにしています。
    ただ彼の行動パターンに変化があり、日中暖かい時に姿を見せるので、毎日逢えないのが、もどかしいですが。



    たかたんさんへ

    海岸猫に係わる人が何人いても、24時間見守ることは不可能です。
    人の目が届かない時に何か起こってもすぐには対応できず、大抵のことが後手に回ってしまいます。
    やはり猫の幸せは、人と一緒に暮らすことだと痛感しています。



    ひまわりさんへ

    ご心配をお掛けしましたが、カポネ自ら姿を見せてくれました。
    最近は食欲も出てきて、順調に快復しているようです。
    生粋に野良として長く生きてきたカポネですから、また以前の元気な様子を見せてくれることを願っています。



    みいさんへ

    他の方からもエンジンルームでの怪我ではないかと、コメントを頂きました。
    寒さに凍える野良にとって、暖かいエンジンルームは快適な空間に思えるのでしょう。
    これが新入り仔猫だったらと思うと、ぞっとします。
    頑丈な体を持つカポネだから命が助かった可能性がありますから。

    人里離れた場所で暮らす家族野良‥‥かなり厳しい環境だと想像します。
    冬を無事越せると良いのですが‥‥。
    みいさんも無理をせず、自分の出来る範囲でお世話をしてくださいね。



    モンプチさんへ

    ご心配をお掛けしました。
    カポネの傷は抗生剤を与えていることもあり、たいぶ癒えています。
    食欲も徐々に戻り、そのうち以前の体重まで回復するのではと期待しています。

    抱かれることなど殆どない野良たちは、人の温もりをどう感じているのか‥‥
    それぞれの野良によって少しずつ反応が違います。
    マサムネ、ミイロ、クロベエは大人しく抱かれていますが、他の子はそこまで人馴れしていません。



    ひめまりさんへ

    とにかく、生きていてくれました。
    あとはカポネの快復力に期待しています。
    ホントに頑張って欲しいものです。



    にゃにゃにょさんへ

    はじめまして‥‥と、言いたいのですが、
    にゃにゃにょさんには、先月ミリオンの件でコメントを頂いているはずです。
    私もこの手の物忘れはしょっちゅです。(笑)

    ソックスエリアのエサ場荒らしもまだ解決していません。
    哀しいことですが、こういう虐待、嫌がらせは今も続いています。
    具体的な対策をここに書くことはできませんが、私たちも手をこまねいてだけではありません。



    ミポリンさんへ

    Sさんが医師から処方された抗生剤を与えていると聞きました。
    そのせいで、外傷はほぼ癒えています。
    食欲も戻ってきていますので、しばらく様子を見ると言っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)