愛飢男(あいうえお)

2011年02月06日 20:51

船宿へ行く途中出会った釣宿の船長さんに、カポネを目撃していないか訊いてみた。
船宿110203-00.jpg
すると船長さんは「何度か見てるよ。今日もいるよ」と笑って応えた。
船長さんが言い終わるやいなや、私は船宿へ向かって足早に歩き出した。





その私の目に、カポネの姿が飛び込んできた。





船宿110203-01.jpg


ずいぶん長く会っていない気がしたが‥‥
最後にカポネと別れてから、わずか1週間しか経っていなかった。

カポネ110127-00.jpg
この別れから2日後にカポネが怪我をしたと知らされたのだ。


船宿110203-03.jpg
カポネは以前と同じように、水場の真ん中に陣取っていた。


ただ大きく違うのは‥‥
船宿110203-02.jpg
カポネの頭に大きな傷が増えたことだ。


その傷跡をよく見ると‥‥
船宿110203-06.jpg
血は既に固まり、大きなカサブタを作っていた。


船宿110203-05.jpg
仲良し夫妻に懐くカポネをしばらく観察したが、頭の傷を気遣う様子は見られなかった。


船宿110203-07.jpg
ところが水を飲んでいる時に、カポネは以前と違う仕草を見せた。


まだ痛みが残っているのか、明らかに左後脚を庇ってるのだ
船宿110203-08.jpg
この姿勢にあっても、カポネは傷を負ったであろう後脚にあまり体重をかけていないように見える。


船宿110203-09.jpg
腹が満たされたカポネは、長い影を従えて船宿前に座り込んだ。


落日の陽射しを浴びるカポネに、以前のような迫力を感じないのは私の思い過ごしだろうか?
船宿110203-10.jpg


船宿110203-11.jpg
前脚の傷もカサブタを作り、ほぼ癒えているようだ。


船宿110203-12.jpg
カポネの面差しは柔和になったというより、生気が失われたように思えて仕方がない。


船宿110203-13.jpg
体を夕陽に晒しながら、カポネはゆっくりとその場へうずくまった。


船宿110203-14.jpg
カポネがおもむろに船宿をふり返る。


次の瞬間、カポネは忘れ物でも思い出したように再び船宿へ近づいていった。
船宿110203-15.jpg


そしてまた水場に戻ると‥‥
船宿110203-16.jpg
痛む後脚を庇いながらそろそろと腰を下ろした。


船宿110203-17.jpg
腹が満たされたはずのカポネは、何故か飢えていた‥‥。


ご主人に撫でられたカポネは、次に奥さんの側へ歩み寄った。
船宿110203-18.jpg
そのカポネの太い首を、奥さんが優しく揉みはじめた。


私が忖度した通り、カポネはやはり飢えていた。
船宿110203-19.jpg


奥さんの手で優しく撫でられると、カポネはうっとりと眼を閉じた。
船宿110203-20.jpg


カポネの表情は和らぎ、まるで恍惚状態だ。
船宿110203-21.jpg
今のカポネに『強面』と呼ばれた頃の威圧感は微塵も感じられない。


このエリアに通ううち、カポネは知ってしまったのだ。
船宿110203-22.jpg
生まれて初めて経験した、人の温もりを。


船宿110203-23.jpg


愛に飢える男(カポネ)に、真の安らぎはやって来るのだろうか?



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ニャン丸 | URL | EMOs4AkM

    よかった

    元気で出て来てくれて良かった
    このケガが夏じゃなくてよった
    今の時期だと化膿もしないだろうし
    カポネが生きていて良かった人を好きで居てくれて良かったです
    優しい人が多いですが傷つける人も居るので気よ付けて欲しいです

  2. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん、こんばんは。

     カポネ、頭の傷は痛々しいけど、元気が出たみたいでよかったです。
     人の優しさが、体の傷と心の傷を早く癒してくれるといいですね。

  3. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    毎日お疲れさまです

    カボネの写真、傷が痛々しいですがしっかりと撮れてますね。
    今は、体がまだ完治していないので、人の優しさがうれしいのかも。
    元気になったら、以前の威厳を取り戻すかもしれないですね。
    カボネ、頑張れ!

  4. だいまじん119 | URL | -

    はじめまして

    昨日「海猫伝説」からこのブログにきました。何時ものジョギングコースにこんな展開があったとは・・先週から「カポネ」見かけず心配してましたが、今夕、食事場所にいらした「仲良し夫妻様」(多分)に、ご挨拶もせずに、カポネの無事をお聞きし、さらにこの写真で一応安心しました。受傷部位を詳細観察すると、エンジン始動時にドライブベルトとプーリー間に挟まれたのではと推察します。重症ではありますが、強い生命力を感じます。小さな命を守り続けるwabiさん&ボランティアさまの活動には、本当に頭がさがります。まだまだ寒さ続きますが、どうかご自愛下さいませ。

  5. あと半分。 | URL | -

    カポネが戻ってホッとしました。

    wabiさんとカポネが再会できてよかったです。
    まだカポネの頭の傷は痛々しいですね。
    でも喉元、首筋をもみもみされてるカポネの顔が
    子猫のように可愛らしいです。(^^)

    カポネの傷が早く治りますように。

  6. ミポリン | URL | -

    里親

    よかった 姿が見れて 
     どなたか 里親になってあげる方が現れますように祈ってます 人間も動物も同じです 余生を安全に過ごせるチャンスをカポネちゃんに! どなたかいないのでしょうか? カポネちゃんには静養が必要です 彼は 何となく子猫ちゃんみたいになってますね
      

  7. ノンママ | URL | -

    カポネちゃんに会えてよかったです!
    傷も癒えてきたのでしょうか・・・。
    頭の傷が骨が見えているように見えて、心配だったんですが、
    かさぶたになってるみたいですね。
    もし化膿するのが心配でしたら、病院で抗生物質をいただたらいいと思います。
    過酷な中生きているんですよね。
    何があったの?カポネ・・・。
    早くよくなってね!

  8. syoko | URL | sH7FMugQ

    夜分にすみません。
    カポネ君に会えたんですね!
    しかも、無事な姿で会えてほんとうに良かったです。
    wabiさんの仰るとおり「生気」の無い感じは受けますが、怪我をしていて体が弱っているせいかもしれませんね。
    このまま元気に快復してくれることを祈っています。
    人のぬくもりを求めているのであれば、里親さまを探してあげたいですね。

  9. るいねこ | URL | -

    カポネ、エサ場に戻ってきてよかったです♪
    傷は大きいけど、化膿してないようだし、自然に良くなるのではないでしょうか?

    ホントに赤ちゃん返りしたように、甘えてますね…スリ(●'∀`人'∀`●)スリ
    愛の力で元気になぁれ!

  10. 匿名係=ihibou | URL | ZQHR2uUw

    wabiさんと会えてよかったです、私も写真から治り始めている状態がよくわかりました。引き続き拝見致します。公表出来ないもう1件も、よい兆しがありますように祈りしています。

  11. きょう | URL | -

    こんにちは

    カポネ良かった。
    うっとり目を閉じる顔を見た途端、涙があふれてしまいました。
    カポネって、こんなにも可愛い表情をするのですね。

    カポネの傷が早く良くなりますように。
    今日も祈っています。

  12. にゃんこmama | URL | lI21MTgA

    wabiさん こんにちは。
    カポネの事をお知らせくださって、ありがとうございますm(__)m
    カポネのケガを知ってから気持ちが落ち着かずソワソワして、日に何度もwabiさんのブログをのぞいてしまいました。
    カポネが姿を見せてくれる様になって、本当に良かったです。
    まだ傷が完全に癒えていないので心配ですが、早く元気になってくれる事を願っています。

    wabiさん お疲れではないですか?
    無理はしないでくださいね。

    私のコメントには、返信は結構ですよ(^_^)

  13. ひまわり | URL | -

    wabiさんの心配が一つでも叶って良かったです。
    生きていてくれてよかった。
    消息がわからないほど、辛い事はありません。
    これから春と共に、傷も治って欲しい。
    優しい御夫婦に、寄り添って、愛情を感じるのですね、
    きっと元気になってくれるはず。

  14. いちこ | URL | -

    よかった~

    カポネの顔を見る事ができて、安心しました。
    でも、なんだかボロボロになっちゃって・・
    早く、元気になってくれるといいですね。
    奥さんに撫でてもらっているカポネ、
    本当に幸せそうですね。

  15. | URL | -

    wabiさん
    やっとカポネに会えてよかったですね!
    傷は痛々しいですが、人間ぎらいになっていなくてよかったです。
    仲良しご夫婦さんに撫で撫でされてほんとに幸せそうですね。
    今度訪れる際には是非カポネに会いたいです!

  16. 太巻きおばば | URL | -

    怖くて、怖くて見られませんでした。
    胸が痛みます。
    遠い他国で暮してる事が悔やまれます。
    カポネの人懐っこさが生んだ結果か・・・
    こんな優しい子を・・・
    里親さんが見つかる事を切に祈ってます。

  17. NAKAYOSHI FUSAI 1号(♀) | URL | -








     2枚目の写真の私、エイトマンみたい~ (*^^)v







  18. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    ニャン丸さんへ

    ご心配をおかけしました。
    お陰さまでカポネは無事でした。
    傷の快復も順調で、後脚以外痛がる様子もありません。
    ありがとうございました。



    Kiryuさんへ

    昨年暮れの対面が一期一会にならずに済みましたよ。
    Kiryuさんが次回こちらに来られる時までには全快しているでしょう。
    私も彼の快復力に期待しています。



    mimiさんへ

    幸いカポネは体に傷を負っても、心は以前のままでした。
    今度mimiさんがこちらに来られるときまでには完治しているかもしれません。
    その時は存分に遊んでやってください。



    だいまじん119さんへ

    こちらこそはじめまして。
    そしてコメントありがとうございます。

    カポネとお会いになったのようですね。
    だいまじん119さんのことは「仲良し夫妻」さんから伺いました。
    詳細なご報告ありがとうございました。
    他の方からもエンジンルームでの事故ではないかと教示されていました。
    実際にカポネを観察しただいまじん119さんのご賢察、納得いたしました。
    私も彼の生命力と快復力に期待してやみません。



    あと半分。さんへ

    ご心配をおかけしました。

    なかなか逢えず、気をもみましたが無事な姿を見て安心しました。
    カポネはすっかり人の温もりを知り、強面らしからぬ表情を見せるようになりました。
    でもこれが本来の姿なのでしょう。



    ミポリンさんへ

    生粋の野良、それも高齢の野良を引き取ってくれる方はなかなか現れません。
    またカポネに家猫としての適性があるのかどうか‥‥これも問題です。
    でも私も体が弱ってくるシニアの野良こそ保護するべきではと思っています。
    カポネは人に慣れ、カワイイ野良になりました。



    ノンママさんへ

    傷は後脚以外、ほぼ癒えてきました。
    頭の傷も当初思っていたより浅いモノでした。
    抗生剤はSさんが与えているそうです。
    その効果もあるのでしょう。
    最近は以前のように食欲も戻り、日々快復しているようです。



    syokoさんへ

    ご心配をおかけしました。

    最近のカポネは食欲も旺盛で、順調に快復しているようです。
    まだ以前の威厳は戻っていませんが、これも傷の完治と共に回復すると思います。
    確かに人の温もりを知ってからのカポネは愛に飢えている様子です。
    当初の強面からは想像もできない変身ぶりです。



    るいねこさんへ

    お陰さまで、頭と前脚の傷はほぼ癒えました。
    ただ後脚をまだ引きずっていて、快復の遅さが気になっています。

    人に撫でられている時のカポネの顔‥‥正に至福の表情を見せています。
    愛の力は偉大です。きっとカポネもその愛に応えてくれるでしょう。



    匿名係=ihibouさんへ

    ご心配をおかけしました。

    ブログで紹介できないもう一件も一応の解決を見ました。
    野良の安全も確保でき、私も結果に満足しています。



    きょうさんへ

    この時のカポネは本当に幸せそうでした。
    こういう一面がカポネにもあったのかと、私も再認識しました。
    このエリアに来るまでは独り孤独に暮らし、人との接触も殆どなかったと思われます。
    強面ゆえ人に撫でられることもなかったのではと、私は想像しています。
    初めて知った人の温もりがカポネの幸せに繋がればいいのですが‥‥。



    にゃんこmamaさんへ

    ご心配をおかけしました。

    一報を寄せられた時、私も大きな衝撃を受けました。
    頭の傷が思ったより浅く、一安心しました。
    ただ後脚の快復が進まない様子で、少々心配しています。
    食欲が旺盛なのが救いです。

    私へのお気遣い感謝いたします。



    ひまわりさんへ

    私も逢えない日が続いた時は、気ばかりもんで落ち着きませんでした。
    正に一日千秋の思いでした。
    ですから、逢えたときは本当に嬉しかったです。
    興奮して、なかなかカメラアングルが決まらなかったくらいでした。(笑)



    いちこさんへ

    今回の向こう傷のせいで、強面ぶりに磨きがかかるかもしれません。
    でも内面はずいぶん柔和になり、甘える仕草も違和感なく見られるようになりました。
    このカポネが本来の姿なのでしょう。



    はなさんへ

    カポネに人を怖れる様子は見られません。
    逆に人に甘えるようになりました。
    人の温もりを知らずに育ったカポネは、
    これからその分を埋め合わすつもりかもしれません。

    今度いらっしゃた時はカポネをご紹介します。



    太巻きおばばさんへ

    カポネの様子からも虐待ではなく事故の可能性が高いようです。
    シロベエのように人を怖がる素振りは見られません。

    強面で名を馳せた面影もなくなり、すっかり甘えん坊になってしまいました。
    私もカポネが穏やかに暮らせることを願っています。



    NAKAYOSHI FUSAI 1号(♀)さんへ

    いつも野良たちに愛情のプレゼントありがとうございます。

    エイトマン、実に懐かしいヒーローですね。
    私もリアルタイムで観ていました。
    エネルギーをチャージするシガレットが欲しかったことを思い出しました。(笑)
    それで今でも肩身の狭い思いをしてまでタバコを吸っているのかもしれません。

    また海岸でお会いしましょう。
    ご主人にも宜しくお伝えください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)