コジローの傷

2011年03月19日 07:00

2011/03/18
国内観測史上最大の巨大地震発生から1週間が経った湘南海岸。
人影のない浜辺には微かな波音が聞こえてくるばかりだ。

海岸110318-01.jpg
サイクリングロードを行き交う人も殆どいない。


船宿エリア
見慣れない車が船宿に横付けされている。

船宿110318-01.jpg
その車体にはかけられたタスキを見て私は思った。「そうか‥‥報道はされていないが、被災地の動物たちへも救援の手が差し延べられているんだ」


その車の脇からミイロが姿を現した。
船宿110318-03.jpg
辺りに人の気配はなく、風が凪いだ船宿エリアはいつにも増してひっそりと静まり返っている。


水上バイクで日向ぼっこしていたマサムネが私に一瞥をくれた。
船宿110318-04.jpg
しかしすぐに眼を閉じ、相変わらずマサムネは私にすげない。


また何処からか覗き見していたのだろう‥‥シズクがそっと近づいてきた。
船宿110318-05.jpg
「シズク、変わりはないか?」


シシマルは何故か日陰にうずくまっている。
船宿110318-06.jpg
しばらくその場に佇んでいると、新入り子猫が悲しげに啼きながら側に寄ってきた。
新入り子猫が何を求めているのか、私には知る由もない。



船宿110318-07.jpg
クロベエはいつものように船宿から離れたところに独りでいた。


さっきは気づかなかったが、ミイロの後ろにもう一匹野良の顔が覗いている。
船宿110318-08.jpg
シロベエは何かに怯えるように車の下へ身を隠している。


船宿の前ではアイが何やら忙しない。
船宿110318-09.jpg
家猫と見紛うばかりのシャムミックスだが、実際はシズクが此処で産んだ生粋の野良だ。


その時、船宿からアニマルレスキューのメンバーらしき人が出てきた。
船宿110318-10.jpg
話しかけると、果たしてこの人はレスキューのメンバーで京都から来たと言う。


「これから被災地に行くんですか?」と訊くと「ペットフードを被災地の宮城県に搬送し、代わりに保護した犬と猫を寒川町にある一時預かり所まで移送してきたところです」と言った。
船宿110318-02.jpg
よく見ると、車体はずいぶん汚れている。
道路事情を尋ねると、「行きは26時間かかりましたが、帰りは7時間で済みました」と答えた。



船宿110318-12.jpg
これからこの船宿で仮眠をとり、今夜またペットフードを積んで被災地へ出発するそうだ。

被災地での活動の様子はこちらで紹介されています。
『ドッグレスキュー』



船宿110318-13.jpg
野良たちが徐々に船宿前に集まってきた。
彼らは待っているのだ。私が猫缶とカリカリをリュックから取り出すのを。



私はそんな彼らの期待に応えることにした。
船宿110318-14.jpg
クロベエも少し遅れて船宿へやって来た。


珍しくミイロが貪るように食べている。彼女にこの変化をもたらしたものは何なのだろう?
船宿110318-15.jpg
単純にいつもより空腹なのか、それとも落ち着きを取り戻したのか‥‥。
ま、どっちにしても食欲があるのは悪いことではない。



新入り仔猫の食欲は相変わらず旺盛で、放っておくと他の野良の分を奪ってしまう。
船宿110318-16.jpg
私はその度に首根っこを掴みながら「仲間の食べ物に手を出すんじゃない!」と叱りつける。


そこへコジローが帰ってきた。また漁港へ出張っていたのだろう。
船宿110318-17.jpg
今日は予備のキャットフードを忘れたので、まだ食べている途中のマサムネとミイロ、そしてアイのトレイを取り上げコジローに与えた。


しかしそんな理不尽なことをされても、誰も怒ることはない。
船宿110318-18.jpg
譲り合いの精神を野良たちが持っているのかどうか私には分からないが、少なくとも食べ物が原因で争いが起こることは稀だ。


船宿110318-19.jpg
このコジローは最近漁港に出かけては、そこに棲む2匹の野良たちの生活を乱しているという。


さっき気がついたのだが、コジローは鼻に傷を負っている。
船宿110318-20.jpg
度重なるコジローの侵害に、漁港の野良が堪りかねて反転攻勢に出たのかもしれない‥‥。
「コジロー、もしそうなら自業自得というものだ‥‥同情などしないぞ」






先日ある人からこういう話を聞いた。

「こんな大災害に遭っても日本では略奪が起こっていないが、それは日本人がお金を持っているからかもしれない」

何のことはない、『買い占め』とは合法的な略奪なんだ‥‥。




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 由加利 | URL | CuAOsU..

    募金

    ぺた、有難う御座います。なんか、Wabiさんからぺたいただいたら読者が一気に3~40人増えましたよ??びっくり。恥ずかしいです。実は私、このUKCさんと、もう一つの団体に募金を募っています。こちらでは比較的大きな団体は、クレジットカードの寄付も受け付けてくれますが、日本は振込みが殆どなので、今度帰国する際お届けするか、振込みしようかと思っています。個人なのでいくら集まるか分かりませんが。。。それではまた、ベルリンに野良がいないってどういうことでしょう。凄いですね!

  2. フロランス | URL | tCxJrYwI

    wabiさん
    今日は
    被災地の動物に心配しました。瓦礫の中で食い主がいないから動物は怖いと思います。レスキュ会の人々がいらっしゃってよかった。
    茅ヶ崎の猫と犬を助ける方に心からお礼を言います。

  3. ダージリン | URL | -

    wabiさん、おはようございます。
    大好きなコジロー君、いたずらっこみたいな顔になってしまいましたね。
    早く傷が治るといいのですが。。

    ドックレスキューにフードを送りたいと思います。
    wabiさんの発信で沢山のことを考えることができました。
    私はボーイスカウトのリーダーをやっています。
    子供達とともに支援の活動を頑張ってやっていきます。

    心はひとつ!
    頑張れ!日本!

  4. wabi | URL | -

    コメントありがとうございました

    由加利さんへ

    アメブロのシステムのことは分かりませんが、私のぺたが原因ではなく偶然ではないでしょうか。
    少なくとも私にそんなチカラはありませんから。

    募金活動、ご苦労様です。
    世界中からの善意の声は日本にも届いています。

    ドイツの野良猫事情、今度訊いておきます。



    フロランスさんへ

    こちらでも人命が最優先ですから、動物の救助は殆ど報道されせん。
    でも残されたペットを助ける人たちがいたことを実際に知ることが出来て安心しました。



    ダージリンさんへ

    最近のコジローは留守勝ちです。
    たいていの場合、漁港へ出向きそこに棲む野良たちをイジメているようです。
    鼻の傷は漁港で負ったものだと思います。
    少し反省して大人しくしてくれると良いのですが‥‥。

    ドッグレスキューメンバーの方との出会いは、私にとっても喜ばしいことでした。
    今回の震災で多くのペットたちも犠牲になっているはずです。
    飼い主たちにとっては家族も同然の存在‥‥。
    たとえ命が助かってもペットたちに避難所はありません。
    私も一匹でも多くの動物が救われることを祈っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)