新しい遊具

2011年03月23日 06:32

東日本大地震が起こる数日前のお話‥‥


鈍色の雲が低く垂れ込めた湘南海岸は寒さに震えていた。
海岸110303-01.jpg


船宿エリア
船宿110303-01.jpg
マサムネは私の姿を認めるとついと眼を逸らした。


船宿の水場に見慣れないモノが置かれていた。
船宿110303-02.jpg
これがいったい何なのか‥‥私には見当もつかなかった。


中にはシズクが潜り込んでいた。
船宿110303-03.jpg
「シズク、居心地はどうだ?」と訊いてみても、シズクは険しい表情で私を見つめかえすだけだ。
正体は分からないが、野良たちには恰好な遊具のようだ。



船宿の周りを見回すと‥‥まず目に入ってきたのは特攻隊長のミイロ。
船宿110303-05.jpg
そしてそのミイロに疎まれているクロベエ。


目を移すと‥‥コユキの姿が見えた。
船宿110303-06.jpg
そのコユキが見つめる先には、この時刻滅多に姿を見せないコジローがいた。


コユキがやにわにコジローへ歩み寄っていく。
船宿110303-07.jpg
しかしコジローはコユキをすげなく受け流した。


ガックリとこうべを垂れるコユキ。
船宿110303-08.jpg
このあくまでもクールな態度が『浜の伊達男』と呼ばれる所以でもある。


船宿110303-04.jpg
『気紛れレディー』のアイも船宿前にやって来た。


船宿110303-09.jpg
クロベエも船宿前に来て眼を大きく見開いている。


その船宿では3匹の野良が各階に収まって寛いでいる。
縦社会の日本に棲む海岸猫らしく、このエリアの上下関係が垣間見える絶妙な序列だ。

船宿110303-10.jpg
そこへコジローが好奇心を露にして近づいてきた。


コジローは果たしてどの階に収まろうというのか‥‥?
船宿110303-11.jpg


「何だコジロー、お前のことだからてっきり一番上の階へ登ると思ったのに‥‥」
船宿110303-12.jpg
こういう時もコジローはどこまでもクールだ。


重ねて言うが、この序列は絶妙だ。
船宿110303-13.jpg
新入り仔猫とシズクの位置に違和感を持たれるかもしれないが、成長著しいチビは体力でシズクを日ならずして凌駕するだろう。


それにしても、最上段で辺りを睥睨するミイロの威風堂々たる姿はどうだ‥‥。
船宿110303-14.jpg
まるで女王か女帝の風格を漂わせている。


その時船宿を訪れたTANYさんもその光景を見て、思わず笑みを漏らした。
船宿110303-15.jpg


TANYさんは毎日7~8kmの距離をウォーキングしている。
船宿110303-16.jpg
だからこんな寒い日でもビールが欲しくなると言う。


缶ビールの次にTANYさんがレジ袋から取り出したのは猫缶だった。
船宿110303-18.jpg
TANYさんは笑いながら「エサをやらないと相手にしてもらえないから」と言った。


野良たちへ一通り猫缶を配り終えたTANYさんは、人心地つくようにビールを一口飲んだ。
船宿110303-19.jpg
そして缶ビールを置くと、二つ目の猫缶を開けた。


そこへ遅れてクロベエがやって来た。
船宿110303-20.jpg
クロベエに気づいたTANYさんはすぐ猫缶を与えた。


船宿110303-21.jpg
TANYさんはクロベエに猫缶を与えると、如何にも美味しそうにビールを喉に流しこむ。


船宿110303-22.jpg
マサムネの猫缶に新入り仔猫が手を出した。


でもマサムネは困った表情を作っただけで、怒りも咎めもしない。
船宿110303-23.jpg
「嗚呼マサムネ‥‥お前はどうしてそんなに優しいんだ。‥‥我々もお前と同じ愛を持てればいいのだが‥‥」


「ところでコジロー、ちゃんと猫缶貰ったのか?」
船宿110303-24.jpg
TANYさんが持ってきた二つの猫缶はあっという間に野良たちの胃袋に収まった。
ただミイロだけは猫缶に見向きもしなかった。



その時、船宿の車が2台の水上バイクを移送してきた。
船宿110303-25.jpg
それに逸早く興味を示したのは、女帝ミイロだった‥‥。

<つづく>


ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます






お礼

自らの不注意で惹き起こした『ぎっくり腰』に対して、コメントやメールで温かい励ましのおことばをいただき感謝しております。
お陰さまで日毎に痛みは和らいでいます。
ただ過去の事例から比べると軽症であるにもかかわらず、当初予想していたより回復が遅いのは、やはり歳のせいではと思い知らされた次第です。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. dodo | URL | -

    wabiさん

    こんにちは。

    ギックリ腰だったんですか?
    ご免なさい、今知りました。

    私も現在、腰痛が治らず辛い日々が続いておりますので
    その痛さをお察しいたします。
    お互い歳で治りが遅い.....痛感です。

    腹筋3:背筋7で痛みがなくなったら運動しろと
    医者に言われました~トホホv-40

    お互い気を付けて行きましょう!

  2. wabi | URL | -

    コメントありがとうございました

    dodoさんへ

    dodoさんもまだ腰痛が治まっていないのですか。

    腰の違和感を日常的に感じていたときは、自分でも気をつけていたのですが、
    ここ数年は調子が良く油断していました。
    ミケのエサ場へ通っていたときは徒歩で移動していたのに
    見回る範囲が広がったのを機に自転車を利用するようになり歩かなくなったのも
    原因ではと思っています。

    現在はジッとしていると痛みは感じないのですが、寝ている状態から起き上がるときや
    前屈みになると痛みがあります。

    気ばかり若いつもりでも、体は確実に老化しているのを実感しています。
    dodoさんとは同世代‥‥現実を受け入れて体を労わりましょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)