見知らぬ猫

2011年04月12日 07:00

湘南海岸は穏やかな春の午後を迎えていた。
海岸110402-01.jpg


船宿エリア
船宿110402-01.jpg
私が船宿エリアへ着いた時、ミイロは若い船長さんと遊んでいる真っ最中だった。


船宿110402-02.jpg
船長さんは船宿の野良のためにネコじゃらしを用意していた。


ミイロは勢い余って腹まで見せてしまった。
船宿110402-03.jpg
数ヶ月前まで家猫だったミイロに、野良としての自覚はまだないようだ。


ひとしきり遊んで荷台から降りようとしたミイロだったが‥‥。
船宿110402-04.jpg
船長さんの誘いに、いとも簡単に乗ってしまった。


船宿110402-05.jpg
船長さんは側に来たツバサを遊びに誘おうとしたのだが‥‥。


ミイロの熱中振りに気後れしたのか、ツバサは手を出せないでいる。
船宿110402-06.jpg
そしてミイロは、そのまま船長さんに広い空き地へと誘導されていった。


船宿エリアにはチャチャさんが訪れていた。
よく見ると、チャチャさんはクロベエの体をブラッシングしている。

船宿110402-07.jpg
そして近づいてきたツバサも、ついでとばかりにブラッシング。その隣ではブラッシングを終えたクロベエが、気持ち良さそうに伸びをしている


元の毛並みを取り戻しつつあるクロベエ。
船宿110402-08.jpg
滅多にされないブラッシングに満足したのか、ペロリと舌舐めずりした。


チャチャさんは次に、水上バイクで寛ぐマサムネの体をブラッシングし始めた。
船宿110402-09.jpg
そのマサムネと目が合ってしまった‥‥。


しかし、その隻眼はすぐに閉じられた。
船宿110402-10.jpg
そしてチャチャさんの手の動きに呼応するように、至福の表情を作った。


存分にブラッシングされたマサムネは、何とも名状しがたい面持ちで体を起こした。
船宿110402-11.jpg
こんな複雑なマサムネの顔を、私は初めて見た。


その時だった‥‥!
船宿110402-12.jpg
何気なく振りかえった私の目に、1匹の猫の姿が飛び込んできたのは。


その猫は私の気配に気づくと、慌てて物陰に隠れてしまった。
船宿110402-12-13.jpg


実はこの子と会ったのは今回が2度目になる。
船宿110402-14.jpg
最初遇った時、この子は砂の中から掘り出した魚の粗を貪っていたのだ。


出てくる気配がないので、カリカリを置いてみた。
船宿110402-13.jpg
そうして、私はそっとその場から離れた。


釣宿の前に戻ると、そこにはコジローがいた。
船宿110402-15.jpg
コジローは船長さんが置いたカリカリを食べている。


何故かしきりに周りを気にしているコジロー。
船宿110402-16.jpg
「誰も側にいないのに、変なヤツだ‥‥」


と、思ったら、そのコジローをクロベエが険しい顔で見つめていた。
船宿110402-17.jpg


さっきの場所へ様子を見に行くと‥‥
船宿110402-18.jpg
置いてあったカリカリはほぼ食べ尽くされていた。


そこで新たにカリカリを入れたトレイを置いたのだが、真っ先に近づいてきたのはクロベエだった。
船宿110402-19.jpg
ところがクロベエはその場で身構えた。どうやら物陰にいる見知らぬ猫と眼が合ったようだ。


気弱なクロベエは、すぐさまその場からいなくなった。
船宿110402-20.jpg
しばらく待っていると、さっきの子が姿を現した。


そしてカリカリを味わうようにゆっくりと食べはじめた。
船宿110402-21.jpg
その食べっぷりに飢えている様子は感じられない。


船宿110402-22.jpg
ただ時折見せる表情は如何にも不安げだ。


近くにいるツバサはこの子の存在に気づいていない。
船宿110402-23.jpg
ただクロベエだけは心の動揺を隠せないでいる。


改めて見ると、まだ幼い猫だ。
船宿110402-24.jpg
生後半年くらいだろうか‥‥。


こんな幼い子が迷うとは考え難い。
船宿110402-25.jpg
まして家猫が砂まみれの粗を食べるとは更に考え難いことだ‥‥。


船宿110402-26.jpg
いったいお前は何処からどんな事情で此処へ来たんだ‥‥?


ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mimi | URL | tHX44QXM

    wabi さん

    おはようございます。

    またまた、子猫ちゃんですか。。
    どこからか迷い込んできたんですかね。。?
    船宿は大所帯になりつつありますね。

    ミイロちゃんは、とっても楽しそうです。

    昨日からまた大きな地震が起こってますね、大丈夫ですか。。
    ご自愛くださいませ。

  2. ルーシー | URL | -

    こんにちは

    捨てられてしまった猫ちゃんでしょうか?
    可愛そうに・・・。寂しそうな表情してますね。
    白くて頭に少しグレー。
    うちの子(エビゾウ♂生後半年)にそっくりです。
    でも、うちのはもっともっと大きくてほぼ成猫です。
    この猫ちゃんはまだ3か月程度ではないでしょうか?

  3. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    mimiさんへ

    そうです、また仔猫です。
    複数の方からの目撃情報では最初は別のエリアにいたそうですが、
    どうやら船宿エリアに落ち着いたようです。

    ミイロは本当に遊ぶのが大好きで、今でも家猫のまんまです。

    大きな余震が続いていますからmimiさんもご留意ください。

  4. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    ルーシーさんへ

    私の印象では、遺棄された捨猫のようです。
    この時は警戒心も強く、不安そうな表情を見せていました。

    そうですね真っ白ではなく、神様のイタズラか頭に一筋の筆の跡が付いています。
    この印が幸せの証ならいいのですが‥‥。

  5. マリア | URL | -

    はじめまして。

    ネコ(マリア)のフォトブログを始めてみました。
    目がブルーで美人さんです。
    時間があるときに遊びに来ていただけると幸いです。

  6. ワカタカタカコ | URL | me/ZN5ng

    コメントありがとうございます

    wabi様
    烏帽子岩とは…私の住む所も烏帽子岳という山があります、高校の時の遠足スポットでした。
    ご謙遜なさってるけど晴れた日のカモメ?が飛び交う海岸の写真が特に良いです。
    猫たちの顔が割りとゴツイというか、生魚を食べてるからかな? 生をあげようとしたらCフードに慣れている子は何これ~という戸惑いようでした。
    またお邪魔させていただきますね
    リンクさせて頂きました、
    有難うございます。事後承諾で申し訳ありません。

  7. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    マリアさんへ

    ブログ拝見しました。

    キレイなニャンコですね~
    でも、シャムの血が入っていないとは意外です。

  8. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    ワカタカタカコさんへ

    烏帽子岩は30個ほどの岩礁からなる“姥島”の中にある高さ15mの岩です。
    元来は本物の烏帽子のようにもっと先が長かったのですが、
    戦後、アメリカ軍の射撃訓練の標的にされ今の形になったそうです。
    この話はTANYさんから聞きました。

    船宿の野良たちも生魚を口にすることは滅多にありません。
    ただ他のエサ場の野良よりは栄養状態が良いようです。

    リンク、ありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)