家族の肖像

2011年05月08日 09:21

垂れ込めた黒い雲の合間から微かな陽射しが差し込む湘南海岸‥‥。
海風が強く吹く砂浜に人影は見えない。

海岸110426-01.jpg
海も荒れ、白い波頭を立てて波が打ち寄せているが、サーフィンに適さない波なのだろう、ひとりのサーファーもいない。


船宿エリア
船宿110426-01.jpg
私が船宿エリアへ着いてまず目にしたのは、まるで“絵に描いたような家族”の光景だった。


マサムネの周りには仔猫とツバサが寄り添うように集まっている。
船宿110426-02.jpg
それまで離れたところにいたミイロが、おもむろに立ち上がった。


そして皆の側に歩み寄ると‥‥、
船宿110426-02.jpg
静かにうずくまった。


マサムネが仔猫の顔をしげしげと窺っている。それとももう1度挨拶をしようと思っているのか?
船宿110426-04.jpg
その仔猫の表情はちょっと困惑気味だ。


でもマサムネの側から離れることはない。
船宿110426-05.jpg
悲しげな表情に見えるが、元々この仔は憂い顔なのだ。


ツバサと仔猫はマサムネに寄り添ったままだ
船宿110426-06.jpg


その後ろには“逞しい母”が泰然と構えている。
船宿110426-07.jpg
そして“優しい父”は幼い仔たちを護っている。


時折その仔らの様子を気遣いながら‥‥。
船宿110426-08.jpg
知らない人が見れば“本当の家族”と勘違いしそうな光景だ。


船宿110426-09.jpg
憂い顔の仔猫もきっと家族の温かさを感じているはずだ。


マサムネがその場にうずくまると‥‥、
船宿110426-09.jpg
仔猫はそっと移動した。


そして家族が一列に並んだ。
船宿110426-11.jpg
に両脇を護られる幼い仔たち‥‥。


その家族を午後の柔らかな陽射しが包み込んでいる。
船宿110426-12.jpg
ツバサは逞しいマサムネの体にピッタリと体をくっ付けている。


幼い仔たちの様子を見つめるミイロ‥‥。
船宿110426-13.jpg
そのミイロの表情が微笑んでいるように私には見えた。


船宿110426-14.jpg
目の前の光景を見ているうちに、猫たちが元々皆眷族であったことを、私は改めて思い知った。


船宿110426-15.jpg
しばらくすると、仔猫が穏やかな面持ちで眼を閉じた。


この小さな頭の中にはどんな思い出が詰まっているのか‥‥。
船宿110426-16.jpg
未だ“別れた家族”のことを思い描いているのだろうか?それとも‥‥。


私が知る海岸猫の中で一番優しいと言っても過言ではない野良‥‥マサムネ。
船宿110426-17.jpg
この優しさはどんな境遇で培われたのか‥‥もしそれが分かれば多くのニンゲンに教えてやりたいものだ。


ツバサはその“優しい父”にすっかり甘えている。
船宿110426-18.jpg
この安心しきって如何にも幸せそうなツバサの表情をどう名状すればいいのだろう‥‥残念ながら私の乏しい語彙の中にその言葉は見つからない。


この頃になると、雲に隠れていた太陽が顔を出してきた。
船宿110426-19.jpg
その暖かな夕刻の陽射しを皆気持ち良さそうに浴びている。


幼い仔たちのとしてのミイロは本当に頼もしくも優しい野良である。
船宿110426-20.jpg
さらにいうと、ミイロはこのエリアの“唯一の母”でもある。


船宿110426-21.jpg
父と母に囲まれて心丈夫になったのか、やがて仔猫は体を丸くし安らかな眠りに就いた。


船宿110426-22.jpg
そうしているうちに、幸せそうな一家を夕陽が紅く染めはじめた。


船宿110426-23.jpg


さて、前回の記事でミイロの異変を心配してコメントやメールをいただいたので、その報告をしたいと思います。
船宿110426-24.jpg
後日、ミイロのお腹を調べると直径3センチほどの傷が発見されました。この傷が原因で臥せていたものと思われます。


〈以下はキュウさんからの報告に依ります〉
その後、キュウさんとyuさんがミイロを動物病院へ連れて行き、診察を受けさせたところ、この傷は喧嘩などが原因で負ったものと判明しました。

船宿110426-25.jpg
それが長い期間かけて被毛の下に表れてきたもので結構深い傷だったそうです。食欲の減退もこの傷が原因の可能性があったとのこと。
治療としては傷口を消毒して、抗生剤と消炎剤の注射を打ってもらいました。全治までに2ヶ月を要する重傷だったのです。
キュウさんとyuさんに感謝です。




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ミポリン | URL | -

    母の日

    みいろ姉御 原因が分かってよかったです! 彼女は着物をきた粋な姉さんみたいですね 
    そして 今日は母の日 とても穏やかな気持ちになりました ありがとうございました
     追伸 睡眠障害の事 眼精疲労からもなる時がありますから 首を暖めてあげてみてください 
        ニャンちゃん達の為に ご自愛くださいますように 

  2. きょう | URL | -

    こんにちは

    ミイロ、傷が痛かったのですね。
    原因が分かって、しかも治療もしてもらえてよかったです。

    家族の肖像。
    とても温かな気持ちになりました。
    ツバサの表情もとても穏やかで良い表情ですね。
    一言であらわすのは難しいですが、『愛』でしょう。
    良い写真ですね^^

  3. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    ミポリンさんへ

    今日が母の日だということをすっかり失念していました。(笑)
    ですから、家族をテーマにした今日の記事はまったくの偶然なのです。
    知っていればもう少し違う切り口で構成したかもしれません。

    ところで、首を暖めるのは蒸しタオルのようなモノでいいのでしょうか?

  4. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    きょうさんへ

    食欲がなかったのも傷のせいだとは思ってもいませんでした。
    それも傷が外に表れたのが、最近のことだったので尚更です。

    ツバサや白い仔猫があんなに穏やかになれるのは、優しいマサムネと頼もしいミイロのお陰です。
    人間もそうですが、猫の世界も『愛』が共通語なのでしょうね。
    見ているこちらも微笑ましくなり、そしてとても大切なことを教わった気がした光景でした。

  5. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん


    何度見ても「家族の肖像」いいですね!
    ツバサと子猫ちゃん、本当に幸せそうなお顔です。
    マサムネとミイロの二人も穏やかなお顔ですね、いい写真です。

    wabiさん、ご無理せずに。。

  6. にゃんこmama | URL | lI21MTgA

    ミイロはケガをしていたのですね。
    wabiさんが発見してくれて良かったです。
    内臓疾患じゃなくて安心しましたが、ケガの発見がもっと遅かったら感染症にかかっていたかも知れません。
    wabiさんに感謝します。
    お身体がしんどい時に、お知らせくださってありがとうございますm(__)m
    ツバサの鼻先(右側)ですが、元々黒い柄が入っていましたが、黒色が大きくなった様な…
    鼻クチョですか~?

  7. ミポリン | URL | -

    保湿袋

    首を暖めるのには 保湿袋といって みのもんたさんの番組で紹介され 其れ以来愛用してます 
    材料は 木綿100%の袋(私は100円ショップで マクラカバーやら 布の袋を愛用してます)
        お米 200グラム
        ぬか 150グラム
         塩  50グラム
    を 木綿の袋にいれて 電子レンジで2分 チンするだけです ふつうのホカロンは 皮膚の表面しか暖まりませんが これは筋肉の内部まで暖まり とても気持ちよくなります 腰痛もちさんにも すごい人気です

    これが そのサイトです

    http://www.k2.dion.ne.jp/~rakko/kyomoiihi/hositubukuro.htm

         

  8. ゆうたん@ | URL | 4CvheNDY

    切なくなるほど優しい光景ですね。
    wabiさん、体調がすぐれぬ中、このような優しい気持ちになれる記事をありがとうございます。
    この「家族」みんなが、いや、ここの猫たちがずっとこのような穏やかな時間を過ごせますように・・・と祈らずにいられません。

    ミイロの具合のこと、気になっていました。
    かなり大きな怪我をしていたのですね。
    このような怪我が命取りになりかねないお外の猫さんたち。
    早急に抗生剤などの治療を受けさせて下さった皆様、本当にありがとうございます!

  9. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    mimiさんへ

    本当の親子でもこんなに仲良く一緒にいることはあまりないですね。
    ミイロの母性とマサムネ優しさに包まれて、幼い仔たちは穏やかな時間を過ごしていました。
    人として、私も彼らに教えられるところがありました。

    お気遣いありがとうございます。

  10. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    にゃんこmamaさんへ

    ミイロの怪我を最初に気づき私に教えてくれたのは、釣宿の船長さんでした。
    この釣宿の船長さんたちは、船宿エリアに棲む野良たちを可愛がってくれます。
    エサも与えてくれますし、時間があると遊んでくれます。
    本当に心強い限りです。

    ツバサの鼻の黒い物体は、おそらく青っ鼻が固まったモノだと思います。(笑)

  11. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    ミポリンさんへ

    詳細な情報ありがとうございます。

    ご紹介していただいたサイトにも行ってみました。
    薬に頼らない安眠が得られるならありがたいです。
    私はギックリ腰をして以来、時折腰痛にも襲われますので、その時にも試してみたいと思います。


  12. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    ゆうたん@さんへ

    このエリアの野良たちは一様に寛容で、新入り猫たちに優しいですが、
    ミイロの仔猫への愛情とマサムネの優しさは見ていて心打たれます。
    ただミイロは幼い仔たちへの愛情が強すぎて、時折ほかの野良に対して攻撃的になるのが玉に瑕です。
    やはり母は強いですね。

    ミイロがいつ怪我をしたのか、誰も気づきませんでした。
    人に伝える術を持たない本人はきっと苦しかったと思います。
    大事に至らなくて本当に良かったです。

  13. ito | URL | -

    不安でした。wabiさんもミイロも。心配なのに戸惑うばかりの子猫と同じ状態でした。あぁ、一安心。
    wabiさ~ん、船長さんの猫じゃらし映像、楽しくて何回も見てしまいましたよ。
    私もよくあんな風に遊んでましたが「猫じゃらし」ではなく「猫釣り」になってました。
    『釣るなよ~。反射神経鈍いんだから~』と猫たちは呆れていたに違いありません。仕方なく付き合ってくれてたに違いありません。
    あ、隣の工事が終わったみたい。やっと静かになった。うるさくてうたた寝出来なかったんです。さ、丸くなります。眠い時が眠り時。
    wabiさん、丸くなって眠りましょ。マサムネとミイロに挟まれましょ。一緒にツバサと子猫の間に割り込みましょ♪
    ・・・ミイロや他のコたちの治療やお世話をされてる方々に心から感謝します。

  14. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    itoさんへ

    ミイロを気遣ってくれる人は何人もいます。
    それに比べて私の場合は‥‥、ミイロに軽い嫉妬を感じます。(笑)

    船長さんが竿を再利用して作った猫じゃらしはとても扱い易く、野良たちにも大好評です。
    同じじゃらしが三つも用意されています。
    この釣宿の船長さんたちは、此処の野良たちにとても優しく接してくれ、仔猫など釣宿の前から離れないくらいです。

    安眠は今の私にとって手の届かない憧れのようなモノ。
    私もマサムネとミイロに挟まれて眠ってみたい‥‥。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)