家族の肖像 その弐 『願い』

2011年05月11日 06:00

海岸110426-02.jpg


私が離れている間にミイロとツバサは姿を消し、残されたマサムネと仔猫が所在無さそうにしていた。
船宿110426-26.jpg
仔猫の表情には、相変わらず特有の憂いが漂っている。


私が近づくのをきっかけにして、マサムネはその場にうずくまった。
船宿110426-27.jpg


いなくなったミイロを捜しているのか、仔猫は辺りをしきりと見回している。
船宿110426-28.jpg
マサムネはそんな仔猫の視線を避けるように、あらぬ方を見つめたままだ。


船宿110426-29.jpg


そのマサムネの様子は、まるで年頃の娘を目の前にして話の接ぎ穂を失った父親のようだ。
船宿110426-30.jpg
仔猫もそんなマサムネのよそよそしさを感じているのかもしれない。


船宿110426-31.jpg
やがて“父と娘”は固く眼を閉じた‥‥。


マサムネがいきなり毛繕いをはじめると、仔猫は促されるように大きな伸びをした。
船宿110426-33.jpg


そして小さな鳴声をあげながら、側にいた私に体をすり寄せてきた。
船宿110426-34.jpg


この仔は、海岸に遺棄されるまで家猫だったはず‥‥。
船宿110426-35.jpg
だから未だに人の温もりを忘れられないのだ。


「本心は、元いた家に帰りたいんだろ‥‥?」
船宿110426-36.jpg
伏目がちの仔猫の双眸が何を訴えているのか‥‥、仄見えた気がした。


仔猫は私から離れると、沈鬱な気分を紛らすように爪とぎをはじめた。
船宿110426-37.jpg


仔猫が次に興味を持ったのは‥‥、
船宿110426-38.jpg
釣宿の店内だった。
仔猫は少し躊躇ったあと、扉の開け放たれた釣宿の中へ忍び込んでいった。



だが人の出入りに驚いたのか、慌てて釣宿から飛び出してきた。
船宿110426-39.jpg
その時、仔猫は戻ってきたミイロの姿を認めた‥‥。すると仔猫は足早にその“母”へ駆け寄っていった。


船宿110426-40.jpg
そして“母”“父”の側にうずくまった。


よほど気になるらしく、マサムネは同じところを執拗に毛繕いしている。
船宿110426-41.jpg
その側で、ミイロは耳をそばだてたまま微動だにしない。


逞しい母と優しい父に囲まれた仔猫は穏やかな表情を見せている。
船宿110426-42.jpg
でも、この仔はまだ知らない‥‥、これからの自分の運命について。


船宿110426-44.jpg
マサムネがようやく毛繕いを終え、おもむろに体を起した。


船宿110426-45.jpg
そして、ゆっくりと歩を進めると‥‥、


豪快に爪を研ぎはじめた。
船宿110426-46.jpg
ところがマサムネは突然爪とぎを中断すると、眼の前のカーペットの匂いを嗅ぎだした。


釣宿の船長さんが乾したものだから、魚の匂いでも染みこんでいるのかもしれない。
船宿110426-47.jpg
いつの間に忍び寄ったのか、仔猫がその様子を興味深そうに見つめていた。


マサムネは仔猫の存在に気づくと‥‥、
船宿110426-48.jpg
きまりが悪そうに眼を逸らした。


マサムネはそのまま踵を返し、悄然とした足取りで仔猫の側から離れていった。
船宿110426-49.jpg
独り残された仔猫は、寂しそうにマサムネの後ろ姿を見送っている。


船宿110426-50.jpg
マサムネは、ミイロからも少し離れたところへ静かにうずくまった‥‥。


このエリアは、私が知るほかのエサ場に比べると、比較的安全で平和である。
船宿110426-51.jpg
それでも、世話をするSさんが野良たちのために置いてあるキャットフードが何度もイタズラされる被害に遭っている。


またここ数年の間に、交通事故で何匹かの野良が此処で命を落としている。
そしてカポネのように、ある日突然行方知れずになる野良も少なからずいるのだ。

船宿110426-52.jpg
このように、外で暮らす野良の生活は常に危険と隣り合わせなのだ。


「なあマサムネ、“父”として仔猫に教えてやってくれないか‥‥、外の暮らしが如何に剣呑で厳しいかを」
船宿110426-53.jpg
このエリアに係わる全ての人は願っている‥‥。
一日でも早く、この仔猫が優しい誰かの目に止まって、家族として迎えてくれることを。


その“誰か”が、今このブログを読んでいるあなたであっても一向に構わない。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)