キジトラ

2011年05月24日 08:00

海岸110509-02.jpg


船宿エリア
船宿110509-01.jpg
エリアに着いた私を最初に出迎えてくれたのは、ミイロだった。


船宿110509-02.jpg
その近くには、幼い野良2匹が無聊そうにしていた。


仔猫もすっかりこのエリアの暮らしに慣れたようだ‥‥。しかし、私はそのことをけっして喜ばしいこととは思っていない。
船宿110509-03.jpg
ツバサにしたってそうだ。此処を終のすみかにする覚悟は出来たようだが、それはそれで切ないことである。


ミイロが仕事終え帰路に就いた船長さんのあとを追っていく。
船宿110509-04.jpg
ミイロだって、本当は温かい家で優しい人に囲まれて暮らしたいと思っているのだ。


船宿周りに姿を現していたのは‥‥、
船宿110509-05.jpg
内気でおとなしい野良、クロベエ‥‥、


船宿110509-06.jpg
そして心優しい隻眼の野良、マサムネだった。


私が船宿へ近づくと、その野良たちが集まってきた。
船宿110509-07.jpg
振り向くと、何処からか私を見ていたのだろう‥‥、シズクも船宿前に姿を見せていた。


マサムネはゆっくり歩いてくると‥‥、
船宿110509-08.jpg
お気に入りのマンホールの蓋の上へ腰を下ろした。


ふと前方に視線を移すと、こちらに近づいてくる仔猫の姿が見えた。
船宿110509-09.jpg


仔猫がひとりで船宿へ来ることはめったにないことなのだが‥‥。
船宿110509-11.jpg
何か興味をひくことがあったのか‥‥、仔猫はいきなり駈けだした。


船宿110509-12.jpg
仔猫の好奇心をそそったのは、船宿のご主人がメンテナンスしている水上バイクだった。


と、そこへミイロも駆けつけてきた。
船宿110509-13.jpg
ミイロは、普段シャッターが閉められて中へ入ることが出来ないコンテナハウスの中が気になるようだ。


船宿110509-14.jpg
そのミイロの後に続いて、仔猫もコンテナハウスの中へ入っていった。


船宿110509-15.jpg
興趣を感じるモノも特になかったようで、ミイロはすぐにコンテナハウスから出てきた。


船宿110509-16.jpg
仔猫の興味の対象は、あくまでもメンテ中の水上バイクのようだ。


ミイロの眼がにわかに据わった。
船宿110509-17.jpg
ミイロの見つめる先にいたのは、クロベエだった。


ミイロと眼が合ったクロベエは動揺を露にした。
船宿110509-18.jpg
言うなれば、ミイロはクロベエにとっての天敵‥‥。


クロベエは争いを避けるため、ミイロから遠く離れた。
船宿110509-19.jpg


ところがミイロは、いつの間にかクロベエとの距離を縮めていた。
船宿110509-20.jpg
何故ミイロがクロベエに対して激しい敵愾心を持つのか‥‥、誰もその理由をしらない。


後ろを振りかえると、オトナ共が等間隔に並んでこちらの様子を窺っていた。
船宿110509-21.jpg
クロベエとミイロの険悪な雰囲気を察知して近づいてきたのか‥‥、


それとも単に小腹が空いたから、私に食事の催促をしているのか‥‥?
船宿110509-22.jpg
ただ‥‥、シズクに息子のクロベエを気遣っている素振りは、残念ながら見られない。


さっきからシロベエの様子がおかしい‥‥。
船宿110509-23.jpg
耳を後ろに倒し、盛んに何かを警戒している。


その緊張したシロベエへ、真っ先に近づいていったのは“特攻隊長”のミイロだった。
船宿110509-24.jpg
ミイロはシロベエに促されるように植込みの中へ視線を移した。


ミイロに倣って、私がそっと植込みの中を覗くと‥‥、
船宿110509-25.jpg
“あのキジトラ”がいた。


そう言えば、先日船宿の水場に現われたキジトラを威嚇したのもシロベエだった。
船宿110509-26.jpg
ただ、今回もミイロがキジトラに敵意を見せることはなかった。


そんな緊迫した雰囲気を壊したのは、シロベエだった。
船宿110509-27.jpg
シロベエはいきなりその場に体を横たえた。


この白猫には、以前からその場の雰囲気を読めない致命的な欠点があった。
船宿110509-28.jpg
ミイロはそんなシロベエを見て見ぬふりをしている。


船宿110509-29.jpg
脳天気なシロベエもやはりキジトラが気になるのか、時折植込みの中を窺う。


私はこの時、大きな勘違いをしていた。
船宿110509-30.jpg
植込みの中に潜んでいるという先日と同じシチュエーションに、つい先入観が働いたのだ。
そのことに気がついたのは、写真を編集している最中だった。



これが先日船宿の水場へ現れ、その後植込みへ身を隠したキジトラだ。
今回のキジトラと額の模様を見比べてほしい。

船宿110509-31.jpg
そう、明らかに違っている!
つまり‥‥、まったく別のキジトラだったのだ。


船宿110509-32.jpg
「いったいお前は誰だ?そして、何処から来たんだ‥‥?」



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あ | URL | -

    この動画はお薦めです -- トイプードルのココアと野良ニャンコちゃんの逢瀬♪2 http://t.co/u34ioRh

  2. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    こんにちわ。
    先日はありがとうございました。
    睡眠はいかがですか。。お大事にしてくださいませ。

    キジトラさん、私も同じ猫だと思ってましたが、、
    良くみたら違いますね。あれって感じです。
    ここ船宿は餌がしっかりしているので、キジトラさん達は噂を
    聞いてやってきたのでしょうか??

    目が大きくて可愛いお顔してますね。





  3. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    あさんへ

    可愛い動画のご紹介ありがとうございました。

    こんな光景、めったに見られません。

  4. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    mimiさんへ

    mimiさんこそ当日はお疲れさまでした。

    キジトラはそれでなくても、皆似ているというのに、
    この2匹は柄といい長く真っ直ぐな尻尾といい、本当に紛らわしいです。
    それに出現時期がほぼ同じなので、尚更です。
    私も写真を見比べて、自分の勘違いが分かりました。

    この子たちが、今後船宿エリアでどんな役回りの演じるののか、興味が尽きません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)