ミイロの悲哀

2011年06月02日 08:00

仔猫が去った海岸へ、私は初めて足を運んだ。
海岸110516-01.jpg


船宿エリア
船宿110516-01.jpg
エリアに到着した私をミイロが真っ先に出迎えてくれた。


そしてそのまま私の足元にそっと腰を下ろした。
船宿110516-02.jpg
ミイロが私を迎えてくれるのは珍しいことではないが、ここまでの親密さを表すのは初めてのことだ。


この変化は仔猫のいなくなったことが影響しているのだろうか‥‥?
船宿110516-03.jpg
早々とシャッターを下ろした釣宿は人気もなく、しんと静まり返っていた。


船宿の駐車場には珍しくクロベエが姿を見せていた。
船宿110516-04.jpg
いつもなら私の姿を認めてからおずおずと姿を現していたので、少々意外に思った。


私の足元にはいつの間に忍び寄ったのか、ミイロがうずくまっていた。
船宿110516-05.jpg
そのミイロの視線は、既にクロベエに注がれている。


ミイロはそうするのが責務でもあるかのように、いきなりクロベエへ挑みかかっていった。
船宿110516-07.jpg
ミイロのこの行為だけは何があっても変わらないようだ。


私は無駄な争いをさせぬよう、すかさず2匹の間に割って入った。
船宿110516-08.jpg
クロベエはただ茫然としているだけだ。


その精悍な面差しとは裏腹に、この黒猫は大人しく心優しい野良なのだ。
船宿110516-09.jpg
謂れのないことでミイロに疎まれつづけているそんなクロベエに、私は同情を禁じえない。


船宿110516-10.jpg
あっさりと引きさがったミイロは、そっとその場を離れた。


それからミイロは釣宿の方を眺めはじめた。
船宿110516-11.jpg
その場所は‥‥、いつも仔猫が遊んでいた場所だった。


ミイロは仔猫がこのエリアからいなくなったことを、未だに納得していないのだろうか‥‥?
船宿110516-12.jpg
ツバサが釣宿へ向かうのを見たミイロはそのあとを追った。


ところが、ミイロはついと後ろを振りかえると‥‥、
船宿110516-13.jpg
踵を返し、そのまま引き返してきた。


船宿110516-14.jpg
何か気ががりなことでもあるのだろうか?


船宿110516-15.jpg
ミイロの行動を見ているうちに、私は思い出した。
此処へ遺棄されたばかりの仔猫がこの植込みの中へよく潜んでいたのを。



私は確信した。
船宿110516-16.jpg
やはりミイロは、いなくなった仔猫を捜しているのだ、と。


賢いミイロのことだから、仔猫がキャリーへ収まって此処から去ったことは認めているはず‥‥。
船宿110516-17.jpg
しかしツバサが去勢手術を受けるため一時的に船宿を離れたとき同様、仔猫が再び戻ってくるとミイロは信じているのだろう。


だからミイロは待っているのだ。
船宿110516-18.jpg
仔猫が元気な姿を見せてくれるのを。


そこへ、ツバサがそっと近づいてきた。
船宿110516-19.jpg
そして、ミイロの側で体を横たえた。


そっと顔を見合わせるミイロとツバサ。
船宿110516-20.jpg
ツバサもミイロと同じように、戻ってこない仔猫を待っているのだろうか?


船宿110516-21.jpg
「ミイロ、あの仔猫はもう此処へ戻ってこないんだ‥‥二度と。でもそれはあの仔にとって幸せなことなんだ」


船宿110516-22.jpg
私の言ったことをミイロが理解したのか、私にはうかがい知るすべがなかった。


そのミイロの許へマサムネが近づいてきた。
船宿110516-24.jpg
マサムネはミイロから少し離れたところに座ると、顔を伏せた。


優しいマサムネはミイロの傷心を知って気遣っているのだろうか?
船宿110516-25.jpg
そんな仲間の優しい気持ちをもってしても、今のミイロの憂いを拭い去ることは簡単ではなさそうだ。


船宿110516-26.jpg


船宿110516-30.jpg
シシマルの傷はすっかり癒え、短いながら被毛も見えている。


いつの間に漁港から戻ったのか、コジローがひっそりと佇んでいた。
船宿110516-31.jpg
コジローが船宿へ来る目的はただひとつしかない。


私はそのコジローの希望通り、持ってきた猫缶を開けた。
船宿110516-32.jpg


しかしミイロは猫缶に何の関心も示さず、相変わらず辺りを見回している。
船宿110516-33.jpg


私はしばらくの間、黙ってミイロの表情を観察していた。
船宿110516-34.jpg


ニンゲンの表情もまともに読めない無粋な私に猫の表情など読めるはずもないが‥‥、
船宿110516-35.jpg
そんな私にもミイロの寂しい気持ちが伝わってきた。


船宿エリアを去る私を、ミイロが先回りして待っている。
船宿110516-36.jpg
ミイロは私のあとを追ってくると‥‥、


シャッターの閉まった釣宿の店先にちょこなんと座った。
船宿110516-37.jpg
そのミイロの表情は物憂げに沈んだままだ。


いつもなら執拗にあとを追ってくるミイロなのだが‥‥、
船宿110516-38.jpg
この日は何故か釣宿の前から離れず、静かに私を見送った。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



仔猫の現況

海岸を去った仔猫の近況を既に知っている方もいると思いますが、遅ればせながら当ブログでもご報告します。

仔猫は海岸から去ったその足で、一時預かりの女性に連れられ病院へ行き検査を受けました。
幸い血液検査の結果は、エイズ、白血病ともに陰性。
その後ツバサからうつったと思われる猫風邪の治療に時間がかかりましたが、里親希望の方と何度かのお見合い、トライアルを経て、この度正式譲渡にこぎ着けることが出来ました。
仔猫は“はなみ”と名付けられ、里親さん家族にもすっかり慣れ親しんでいるようです。
その様子は里親さんのブログ『気まま日記』でご覧ください。
仔猫が立派な家猫に見えるのは、ピンクの首輪のせいだけではない気がするのですが‥‥。



私とこの仔猫との出会いは、4月の初めだった‥‥。
仔猫110401-01.jpg
そのとき仔猫は、空腹のあまり砂まみれの魚の粗を貪り食べていた。


そして翌日にはコンテナハウスの下から恐る恐る這いでてきた。
仔猫110402-01.jpg


遺棄された直後の仔猫は、そのショックからか心を固く閉ざし、けっして近づいてくることはなかった。
仔猫110402-02.jpg


その後ミイロという“母”の存在もあり、徐々にこのエリアに馴染んでいった。
仔猫110412-01.jpg


さらに兄ツバサ父マサムネの愛情を受け、仔猫は捨猫としては幸運な環境のもと日々の生活を送るようになった。
仔猫110426-09.jpg
やがて過酷な野良の境遇からこの仔を救い出したいと思った女性の目に留まり、一時保護の家に引き取られることになる。


仔猫110422-02.jpg
この仔が寒さに震えたり、飢えに苦しんだり、寂しさに涙することは‥‥、もう二度とない。
「良かったな、“はなみ”ちゃん‥‥」



今回、仔猫の里親探しにご尽力いただいた女性に心から感謝いたします。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. いちこ | URL | -

    こんにちは、wabiさん。
    はなみちゃんの里親さんのブログも見せていただきました。
    本当に、家猫さんの顔つきに変わっていたので驚きました!
    きっと里親さん達から、いっぱい愛情を貰っているんですね。
    何だかとても嬉しい気持ちで、心温まりました。
    ミイロの寂しげな表情には、切なくなってしまいましたが・・・
    皆さんのご尽力に心から拍手!です。

  2. barneko | URL | -

    今日は!! 今日は白い仔猫ちゃんにあえてすごく嬉しかったです。我が家のねこさんのようにしてブログを見ていた自分に気が付き幸せな白い仔猫ちゃんの姿をみて本当によかった!!!幸せそうでうれしい!!

  3. はな | URL | -

    wabiさん

    こんばんは。ご無沙汰致しております。
    白い子猫ちゃん、優しい家族ができて本当によかったです。
    一気に穏やかで甘えん坊の顔に変わりましたよね。
    ミイロにもそんな幸せがくることを祈っています。

    梅雨に入り肌寒くなりましたので、wabiさんもお体くれぐれもお気をつけ下さい。

    また海岸猫達に会いに行きたいと思います。

  4. 気まぐれpapa | URL | r0n3ENrY

    安心あんしんです。

    このところ天気がいいと浜に出て写真を撮って、帰りに
    船宿によりながら観察してしていましたが、仔猫の里親
    さんがみつかり一安心ですね。
    ブログも見させていただきました。
    みんなでできることをしながら、健康で安心して住める
    よう見守って行きたいと思っています。
    いつもご苦労様です。

  5. にゃにゃにょ | URL | RCXKb8Z6

    wabiさん、子猫の更新有難う御座いました。
    あちらのブログで「はなみちゃん」見ました。
    もう涙、涙です (*^_^*)。
    ミイロもいつかわかってくれるでしょう・・。

  6. アアラ | URL | -

    wabiさん、こんにちは!

    白い仔猫の様子、里親さんのブログで拝見しました。
    とっても幸せそうv-353
    表情が、以前の「仔猫」と呼ばれていたときとは全く違ってました。
    同じ猫とは思えないぐらい。
    たくさん愛情もらってるんでしょうね。
    なんだか嬉しくなりました。

    ミイロ・・・淋しいでしょうね。
    嬉しい反面、ミイロの気持ちを考えると、切ない気持ちになります。
    海岸の猫たちが、みんな幸せであってほしいと願うばかりです。

  7. syoko | URL | sH7FMugQ

    ♪祝♪

    wabiさん
    こんにちは。

    「気まま日記」拝見致しました。
    とても素敵なご縁に巡り会えて、本当に良かった^^
    ミイロちゃんの心情を想うと、心が痛みますが、
    やはり安心して暮らせることが一番ですし・・・
    ミイロちゃんも素敵なご縁に巡り会えますよう、祈っております。

  8. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    いちこさんへ

    家に収まった仔猫、別の猫みたいでしょ。
    私も驚きましたが、やはり猫は人と一緒に暮らすのが
    本来のあるべき姿なんだなと思い知った次第です。
    海岸では時折小さな声で鳴いていたのに、今はいっぱいお喋りしているようですし‥‥。
    最近のミイロは仔猫との別れを受け容れたようで、以前の彼女に戻りつつあります。

  9. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    barnekoさんへ

    仔猫は元々家猫ですから、新しい家にもすぐに慣れたみたいです。
    海岸にいた時とは明らかに違う、本当に嬉しそうな仔猫の表情を見ると、
    こっちまで幸せな気持ちになります。

  10. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    はなさんへ

    環境によってこんなに面差しが変わるとは思いませんでした。
    船宿へ現われた頃の儚げで哀しそうな彼女を知っている私にとって、この変化は感慨深いです。
    おそらく新しい家で、愛情をいっぱい貰っているのでしょう。

    ミイロは若くして辛酸を嘗めていますから、ほかの子より逞しく立ち直りも早いと思います。
    それはそれで切ないことですが‥‥。

    また茅ヶ崎にいらしてください、海岸猫共々お待ちしています。

  11. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    気まぐれpapaさんへ

    2月から悪化した睡眠障害のせいで、私自身海岸へ行く頻度が減り、
    なかなかお逢いできませんが、そのうち遭遇できると思います。

    さて、今回の仔猫の件は係わった人の尽力もあり、スムーズにことが運びました。
    仔猫も元々家猫ですから、里親さん家族ともすぐに打ち解けたようです。
    全ての仔がこうなればいいのですが‥‥、現状では難しいですね。

  12. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    にゃにゃにょさんへ

    仔猫の表情、海岸にいた時と違い、幸せそうでしょ。
    環境によってこんなに変わるとは、私も驚いています。
    やはり猫は愛情を与えてくれる人と暮らすべきなんだと、改めて思いました。

    ミイロは逞しい子ですから、立ち直りも早いです。
    これからも船宿エリアの“母”として幼い子を見守ってくれるでしょう。

  13. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    アアラさんへ

    私もアアラさんと同感です。
    仔猫の表情、海岸にいた時と比べると、別猫と見紛うくらい違います。
    里親さんのブログに掲載された仔猫は、本当に幸せそうです。
    いくらミイロやツバサなどの仲間に恵まれたとはいえ、
    やはり海岸での暮らしに不安を感じていたんでしょうね。
    それが表情に表れていたのだと思います。

    ミイロはまだ若いですが、それなりの苦労を経験していますから、思いのほか逞しいです。

  14. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    syokoさんへ

    先日はありがとうございました。

    里親さんの愛情をいっぱい貰って、幸せそうでしょ、仔猫。
    その変わり様に私も驚きました。
    海岸にいた時は殆ど鳴かなかったのに、今は盛んに喋っているようです。
    とにかく、係わってくれた方たちに感謝しています。
    でも里子に出すのはこうやって幾人もの人の尽力が必要なのに、遺棄するのは簡単です。罰則を重くしたくらいでは何も解決しません。
    これ以上、不幸になる子が増えないよう祈るばかりです。

  15. syoko | URL | sH7FMugQ

    wabiさん
    こんにちは。

    またしても突然伺ってしまって、失礼致しました。
    お会いできて、とても嬉しかったです^^

    そうですね。
    遺棄する現場を見ていなければ、罰則があっても訴えることも出来ませんし。
    飼い主さんに里親探しを頑張ってもらえると一番良いのですが・・・

  16. wabi | URL | -

    コメントありがとうございます

    syokoさんへ

    今度いらっしゃるときは事前にご連絡ください。

    刑事罰として罰則をいくら重くしようが、心無い人は全く意に介さないでしょう。
    国民全体の意識が変わらないと、猫を取り巻く状況も変わらないと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)