涼を求めて

2011年08月23日 07:19

朝‥‥。
この時刻から強い陽射しが容赦なく照りつけている。

110807-01


家を出る時は、そのつもりはなかったのだが‥‥、
私の足は引き寄せられるように“川”へ向かっていった。

110807-02
郷里の町を南北に貫く川は、盛夏の空を映し鏡のように横たわっていた。


私は実家の老犬と連れ立って、夏草が繁茂する川辺へ降りていった。
110807-03
川べりに立つと、川面を渡る風が涼を運んでくるのを感じる。


老犬は流れに前脚を浸し、豪快に水を飲みはじめた。
110807-04



喉の渇きは癒されたはずなのに、老犬は川から出ようとしない。
110807-05
いつものように憂いを含んだ老犬の表情からは、何も読み取ることが出来ない。


そこで、私も老犬に倣って川の流れに足を浸してみた。
110807-06
水の冷たさに身を竦めたが、それは一瞬のことだった。
老犬が何故、岸に上がらないのか‥‥、私にはよく理解できた。



清い流れは束の間、暑さを忘れさせてくれる。
110807-07
老犬と一緒に、私はしばらく川の流れに身を任せることにした。


川の側で暮らすのもいいなと‥‥、
110807-08
老犬の横顔を見ながら私は独りごちた。


110807-08-09




同日‥‥。
私は、ソレを危うく見逃すところだった。



ソレは、民家の門柱の上にひっそりとうずくまっていた。
110807-09
故郷で初めて目にしたあの“黒猫”だ。久しぶりの再会になる。


前回首輪をしているのは分かったが、その色までは確認出来なかった。
青い首輪をしているところをみると、オスなのだろう。

110807-10
黒猫は険しい目つきで身構えている。


その視線の先にいるのは、実家の老犬だ。
臆病なこの犬は、黒猫を認めても相変わらず哀愁に満ちた面持ちでおとなしくしている。

110807-11
そんなビビリ犬相手でも、黒猫はなかなか警戒心を解かない。


しばらくすると、黒猫の表情が幾分和らいできた。老犬が敵意を持っていないのが分かったようだ。
110807-12
私は声をかけながら、そっと黒猫へ近づいていった。


そして、左手をゆっくりと差し出した‥‥。
110807-13
と、次の瞬間、黒猫は門柱に体をすり付けると、甘えた声で「ニャア」と鳴いた。


静かに体を撫でると、黒猫は素直に身を委ねた。
110807-13-14
しばらくそうしていると、人馴れした黒猫は気持ち良さそうに目を閉じた。


だが黒猫は私に気を許しても、思い出したように鋭い眼光で目を瞠る。
110807-14
しかしその黒猫の警戒対象である老犬は、あらぬ方向を見つめたまま所在無げに佇んでいるだけだ。


110807-15
「ミャア」
黒猫は最後にもう一度、小さな鳴き声を上げた。



私が猫を触ったのは、実に久し振りのことである。
110807-16
その感触すら忘れかけていた私にとって、この黒猫との触れ合いは一服の清涼剤を与えられような嬉しい出来事だった



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



帰郷する際に紹介しましたが、我が実家にはPCもネット環境もありません。
そこで、インターネットを利用するにはネットカフェに通うしかないのですが‥‥。

利用料金を払うと、合板のパーテーションに囲まれた一畳ほどのスペースが与えられます。
ドリンクは飲み放題ですが、“腹も身の内”そんなに飲めるものではありません。

110807-17
PCのスペックは敢えて調べていませんが、あまり高くないと思われます。
RAMも必要最低限しかインストールされていないようですし‥‥。
またモニターの解像度も低く、その画質もお世辞にも良いとはいえません。

慣れない環境でのブログ更新は、とにかくストレスが溜まります。
それに利用時間の制限もあり、なかなか思うように記事が書けない状況です。

それでなくても拙い写真と拙い文章の当ブログ‥‥、こんなブログを発表していいものかと自戒するばかりです。
なのでご訪問してくれる皆様には、恐縮すると同時に感謝しています。
また、ご訪問いただいた管理人さんのブログへ頻繁に訪れることができずにいること、大変心苦しく思っています。

さて父は一般病室に移りましたが、なお加療が必要で未だ退院の目処は立っていません。
という訳で、私も海岸猫のことが気掛かりなのですが、今しばらくは故郷を離れることができません。

上記のような事情で本来の“野良猫ブログ”とは程遠い内容が続きますが、ご容赦くだるようお願いいたします。

薄暗いネットカフェにて
管理人:wabi




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. いい風景すね。
    私もこんなところでのんびりとしたいものです。

  2. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    こんにちわ。

    川の水、とても綺麗ですね。
    のんびりとした風景が気持ちを和らげてくれるといいですね。

    ネットカフェでのブログ更新は色々と勝手がちがうので、
    ストレスにならないように気をつけてくださいね。

    お父様の体調が良くなりますように、と、wabiさんの睡眠も。

    お大事にしてくださいませ。

  3. にゃにゃにょ | URL | RCXKb8Z6

    とんでもない!。
    wabiさんの味の有る文章、そして画像、
    いずれもとても心打つものが有ります。
    きっとこちらを訪れる誰もが、wabiさんの記事を読み、
    まるで自身の体験した事のように感じていると思います。

    最近ふと思ったのですが、wabiさん、
    いずれにゃんこと暮らしてみては如何ですか?。
    ・・きっと、色々なところでwabiさんの心を
    癒してくれると思いますよ・・。

  4. Kiryu | URL | T2RJUesU

     wabiさん、ご無沙汰しております。

     大阪も暑さが戻ってきました。
     Tシャツに塩を噴くほどです。
     きれいな川があったら足を入れるだけでなく、泳ぎたいです。
     
     早くお父様が退院できるといいですね。
     でも、あせらず看病してあげてくださいね。
     wabiさんもゆっくり静養してください。

  5. wabi | URL | -

    モーニングスパローさんへ

    コメントありがとうございます。

    昔から比べると町中から自然は減ってしまいましたが、
    少し足を延ばすと故郷の山河が以前のままの姿で私を迎えてくれます。
    そういう意味で、故郷の風景は貴重な存在です。
    でも、そろそろ湘南の海も見たいですね~。

  6. wabi | URL | -

    mimiさんへ

    この川、今も流れは清いですが、上流にダムが出来る前はもっと透明度が高かったのです。
    子供の頃、夏休みは毎日のようにこの川で遊んで過ごしたものです。
    泳ぎを覚えたのもこの川ですし、初めて溺れたのもこの川でした。
    他にも、この川には多くの思い出があり、流れに身を任せると当時の光景が目に浮かぶほどです。

    数日前父に面会しましたが、随分と快復していました。
    ただ気管切開しているので喋ることは出来ませんでしたが。

    都会の残暑は殊更厳しいと思います。
    ますますご自愛ください。

  7. wabi | URL | -

    にゃにゃにょさんへ

    さて、私は所謂“文才”というものを持っていません。
    ですから、文章だけでは主題を読者の方に伝えることが出来ないのです。
    そこで私のブログは写真をメインにした構成をとり、文章は“キャプション”という形にしています。
    実は、ブログの更新で一番時間がかかるのは写真の構成で、これには毎回苦吟します。
    こんなとき、私は猫の目線で彼らの気持ちを想像(妄想)しながら、効果的な構成を模索するのですが、
    すんなり決まることは稀で、いつもは数十枚、時には百枚を越える写真を漫然と眺めながら猫の言葉が聴こえてくるのをじっと待ちます。
    私のブログに共感してくれているということは、きっとにゃにゃにょさんもこの猫の言葉が聴こえているのでしょう。

    私と猫との係わりはいずれ紹介するつもりです。
    お楽しみに‥‥。

  8. wabi | URL | -

    Kiryuさんへ

    子供の頃、この川ではよく泳ぎました。
    そして鮎などの川魚をよく獲りました。
    私にとって夏の思い出の宝庫といってもいいくらいの場所です。
    この歳になっても、この川に身を浸すと童心に還ります。

    お気遣いありがとうございます。
    ゆっくりですが、父は快復しています。
    入院直後に危篤状態に陥ったことを思うと、信じられないほどです。
    ただ、所期の目的だった私の静養は隅に追いやられたままですが‥‥。

    私の故郷にも暑さが舞い戻ってきました。
    都会の暑さは特異で、私も東京に住んでいたときは何度も夏バテを経験しました。
    Kiryuさんもますますご自愛ください。

  9. ビーバー | URL | .xRaxCyg

    こんにちは!

    Wabiさんのブログは短い映画を見るようで
    その世界にスーッと引き込まれて
    ぐっと涙がこみ上げたり、プッと笑ってしまったり・・・
    いつも楽しみにしていたので故郷に帰られても
    こうしてまた見られてうれしいです。
    実家の犬は可愛いですねぇ
    確かに哀愁があります。  

    川の水がとってもきれいで足を浸したくなっちゃいますね

  10. wabi | URL | -

    ビーバーさんへ

    コメント、ありがとうございます。

    私のブログは野良猫たちの暮らしの一部を切り取って紹介しているだけ‥‥。
    ですから、ビーバーさんがそんなブログに引き込まれるというなら、それはきっと野良猫たちの魅力のせいだと思います。
    私も彼らに魅了されているひとりです。

    ビーバーさんのブログで拝見するハワイの自然に比べたら、故郷の山河も湘南の海も霞んでしまいそうです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)