駐車場のケージ

2011年09月05日 08:00

それは、偶然の出会いだった。

そのとき私は、比較的交通量が多く、今回の滞在で幾度となく渡ったことのある交差点で、自転車に跨り信号待ちをしていた。

いつもなら、目の前を行き交う車か信号機を漫然と見つめているだけだったが‥‥。
何げなく移した私の視界の中に、その光景はするりと入り込んできた。
道路の反対側にある民家の駐車場に初老の男性がうずくまって、何かを熱心に覗き込んでいたのだ。

私は横断歩道を渡ると、そっとその男性に近づいていった。


そこは普通の民家ではなく“動物病院”の駐車場だった。
110830-01
その男性が見つめていたのは、ケージに収まった2匹の仔猫だった。


ケージの上には“里親募集”と手書きされた厚紙が置いてある。
110830-02


「こんにちは」
私は男性の横にしゃがみながら声をかけた。


「カワイイなぁ、カワイイなぁ‥‥」
よほどこの仔猫たちを気に入ったのだろう、男性は目を細めながら自分の指で仔猫を遊ばせる。

私との猫談義が一区切りつくと、
「孫たちの遊び相手にもなるかもしれない。電話して飼っていいか訊いてみよう」
そう言って男性はその場から足早に去っていった。


私は改めて仔猫たちに目を遣った。
110830-04
体の大きさはほぼ同じ‥‥、おそらく兄弟、姉妹だろう。


110830-03
この仔には白と黒の他に僅かに薄茶の被毛が認められるが、三毛猫とは言い難い。そこで便宜上“キジ白”と呼ぶ。


そこへ小学生2人がやって来た。
話の内容から、たまたま通りかかったのではなく、この仔猫たちを知っていて逢いに来たようだ。

110830-05
この子たちもまた、事情が許せば仔猫を連れて帰りたいのだろう‥‥。


110830-06
子供たちが立ち去ったあとも、私はなかなかケージの傍から離れることが出来ないでいた。


この日は、空を覆う薄雲のせいで陽射しが幾分和らいでいる。
110830-07
おそらく、こういう天気だから駐車場にケージを置いているのだろう。


それでも暑いことに変わりはなく、黒ブチの仔は少々バテ気味だ。
110830-08
一方キジ白の方は暑さにもめげず、遊ぶ気満々。


この2匹の仔猫がどんな経緯でケージに入れられ、動物病院の駐車場に置かれているのか、私には知る由もないが‥‥、
110830-09
この仔らに責任がないことだけは、わかる。


110830-10
やがて黒ブチの仔は眠ってしまった。


110830-11
キジ白の仔は執拗に私の指にじゃれついてくる。


まだ母親に甘えたいだろうに‥‥。
110830-12
「善い人の許へ行けるといいな‥‥」私はポツリと呟いた。


110830-13
このつぶらな瞳は、今まで何を見てきたのだろう?


110830-14
そして今、憂いを含んだその眼は何を見ようとしているのだろう‥‥?


別れた母の姿を思い浮かべているのか‥‥、
110830-15
それとも、自分の行く末に思いをめぐらせているのか‥‥。


仔猫の、それもこういう境遇の仔を見ていると、可愛いと思うより切なくなってしまう。
110830-16
こんな境遇にいるのに、どうしてお前はそんな澄んだ眼をしているんだ?


そのうちキジ白の仔は、駐車場の上に拡がる空を見つめはじめた。
110830-17


遊び疲れたのか、瞼が重そうだ。
110830-18


しばらくすると、頭を後ろに反らせたまま眠ってしまった。
あどけない‥‥、あまりにもあどけない。

110830-19
2匹が眠ってしまったのを機に、私はその場から静かに立ち去った。



翌日‥‥。

動物病院の駐車場に、あの仔たちの姿はなかった。

110830-20
昨日話をした、あの初老の男性が引き取ってくれたのだろうか?
2匹ともいないということは、揃って貰われていったのだろうか?



そうだといいなぁ‥‥。
110830-21
私は秋の気配をはらんだ故郷の空を仰いで、そう願った。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. マコ | URL | -

    なんて、澄んだ瞳でしょうか・・・・。
    つぶらな瞳に、泣きそうな気持ちになりました。

    どの様な事情があったのかは知る由もありませんが、幸せになって欲しいと、
    心の底から思います。
    捨て猫達の所に行く度に、何度通ってもむなしさで帰ってきます。
    この子猫たちのように、あちこちで里親さん募集をして欲しいです。
    私も、知人友人に、その又知人友人に声をかけて貰いたくさんの子猫を家族にして頂きました。
    子猫の内にが、私の望みです。

  2. いちこ | URL | -

    こんにちは wabiさん
    ご無沙汰しております

    こちら鹿児島は、朝晩は少し秋の気配を感じるようになりましたが
    wabiさんの故郷はいかがでしょうか

    可愛らしい子猫の澄んだ瞳に見入ってしまいました
    なんて綺麗なんでしょう
    だれか優しい方に貰われていったと信じています
    こんなにいっぱい写真を撮ってもらって
    たくさんの人に見てもらえてヨカッタね・・
    心の中で呟きました

    お父様のご回復をお祈りしています
    wabiさんどうぞご自愛くださいね

  3. はなきちママ | URL | -

    はじめまして

    はじめまして。
    いつも訪問させていただいております。
    仔猫達、きっと幸せなお家に貰われたんだと信じています。
    あの空を見上げる瞳を見て、涙が止まりませんでした。
    「幸せになってね!」と、願っています。

  4. mimi | URL | tHX44QXM

    wabiさん

    こんにちわ。

    とても可愛い兄弟ですね。

    いい里親さんが見つかってるといいです!

    初老の男性に引き取られていると信じたいです~。。

  5. いずみん | URL | -

    お久しぶりです。

    お久しぶりです。お元気ですか?

    雑多猛暑のせいにはしたくはないのですが

    海岸にもなかなか行けなく

    やっと秋めいてきて海岸散歩を開始しよう

    と思い始めています。

    偶然またお会いできるといいなぁと思っていたところです。

    子猫の表情が生きて目の前にいるようで

    ゲージが無くなっているのはきっときっと

    深い愛に包まれたひとのもとへ行ったのだと。。。

    See you later.

  6. クーママ | URL | .vjKhiP6

    初めまして。

    子猫物語はこの後どうなったのか
    とても気になりますね・・・
    きっと兄弟で幸せに過ごしている事を願っています・・・

  7. wabi | URL | -

    マコさんへ

    コメント、ありがとうございます。

    2匹ともとても可愛かったです。
    人馴れしていて、盛んに愛嬌を振りまいていました‥‥、切なくなるほどに。
    こんな仔たちです、きっと行った先でも可愛がられていると思います。
    ケージに収まった経緯はわかりませんが、この仔たちは幸せです。
    保健所での猫の殺処分は年間約2万匹‥‥、その多くが仔猫だと聞きました。

    マコさんの活動にも頭が下がります。
    どうか1匹でも多くの猫たちが幸せを掴めるよう活動を続けてください。

  8. wabi | URL | -

    いちこさんへ

    こちらこそご無沙汰しています。

    私の故郷でも秋の気配が日ごとに濃くなってきています。
    蝉の声がなくなり、秋の虫がそれに取って代わりました。
    朝夕も肌寒く感じ、夏が過ぎ去ったのを実感しています。

    ケージにいた仔、本当に無垢な瞳をしていました。
    記事にも書きましたが、そんな瞳でこれまで何を見てきたのだろうと、つい考えてしまいます。
    そして、もし悲しい光景ばかりを見てきたのなら、これからは楽しい光景を見てほしいと願わずにはいられません。
    きっと今頃は、新しい家で幸せに暮らしていると思います。

  9. wabi | URL | -

    はなきちママさんへ

    こちらこそ、はじめまして。
    そして、コメントありがとうございます。

    可愛い仔猫たちでしたから、あの後すぐに里親さんが決まったのだと思います。
    そして今頃は、あのつぶらな瞳をキラキラ輝かせながら、新しい家の中を探索していることでしょう。
    私もあの仔たちの幸せを願ってやみません。

  10. wabi | URL | -

    いずみんさんへ

    ご無沙汰しています。

    私はいま、湘南海岸から遠く離れたふるさと地で秋の訪れを感じています。
    実家に戻って2ヶ月あまり‥‥、海岸が懐かしく思えるほどになりました。
    いつ帰れるか、未だ予定も立てられない状況ですが、また海岸でお会いできるのを楽しみにしています。

    私も信じています‥‥、この仔たちが温かい人に貰われて、今は幸せに暮らしていることを。

  11. wabi | URL | -

    mimiさんへ

    こちらは朝晩はめっきり涼しくなり、寝苦しい夜も減ってきました。
    ただし、私の睡眠障害にはあまり関係ありませんが‥‥。

    気になって、あの後も何度か動物病院の前を通りましたが、
    あの仔たちのが駐車場に現れることはありませんでした。
    おそらく私が会ったあの男性に引き取られたのでしょう。
    そして、新しい家族と毎日遊んでいると思います。

  12. wabi | URL | -

    クーママさんへ

    こちらこそ、はじめまして。
    そして、コメントありがとうございます。

    あの後、仔猫たちの姿を見ていません。
    今日このネットカフェに来るときも、遠回りして動物病院の前を通ってきました。
    そうしたら、空っぽのケージが建物に立て掛けられていました。
    どうやら、無事里親さんの許へ貰われていったようです。
    今頃は、新しい家の中を駆け回っているのでは‥‥、そう信じたいです。

  13. まつぼっくり | URL | -

    あれだけかわいい子たちですからおじいさまが2匹とももらってくださったのだと思います。
    素敵なおじいさまだなあ。
    子猫たちも兄弟一緒ならどこでも淋しくないですね。

  14. セレナーデ | URL | -

    はじめまして!
    仔猫のつぶらな瞳を見つめていたら
    を不覚にも泣いてしまいました。

    きっと・・・きっと・・・
    優しい里親さんの元で愛情いっぱいに・・・
    すくすくと育ってくれますように!

    優しい写真に感動しました。
    時々・・・遊びに来ます。

  15. wabi | URL | -

    まつぼっくりさんへ

    こんにちは。

    私も初老の男性があの仔たちを引き取ってくれたのだと思っています。
    ケージの仔猫たちを目の前に、相好を崩して盛んに「かわいい、かわいい」と言っていた姿が印象に残っています。
    よほど気に入ったのでしょう。
    あの仔たちは今頃、新しい家族に囲まれ幸せに暮らしているでしょう‥‥きっと。

  16. wabi | URL | -

    セレナーデさんへ

    こちらこそはじめまして。
    そして、コメントありがとうございました。

    猫の限らず、動物の無垢で健気な瞳を見ていると、心が洗われる気持ちになります。
    それは知らずしらずの間に、自分が忘れてしまった何か大切なモノを微かに思い出すせいかもしれません。
    その正体が何なのか‥‥汚れてしまった私の瞳にはもう見えないのですが‥‥。

    セレナーデさんのブログを拝見したら、私の故郷と似た風景に遭遇しなんだか共感を覚えました。
    そして同じように“老犬”を連れているのを知って、なお更そう感じました。
    ちなみに実家で以前飼っていた犬の名がやはり“まる”でした。

  17. dodo | URL | -

    澄んだ瞳

    wabiさん


    ご無沙汰しております。

    この子達を撮ってるwabiさんの姿を想像してしまいました。
    こんな可愛い表情を撮れるwabiさんの優しさを見た様に思いが、
    もし翌日も居たら、wabiさんが引き取ったかも.......!
    良かったですね。
    いい里親の元で幸せに暮らしている事を想像する事にします。

    ここ最近、裏パーク松林のおじさんの所から
    2匹の茶トラの子猫がオイラの事を興味深そうに見に来ます。
    先日、一枚だけ写真を掲載しました。

    お体を大切にして下さいね!

  18. wabi | URL | -

    dodoさんへ

    こちらこそご無沙汰しています。

    ネットカフェに来るたびにdodoさんのブログを拝見し、遠く離れた湘南海岸に想いを馳せています。
    湘南の夏も過ぎ去ったようですね。

    駐車場の仔猫たち‥‥。
    実家に犬がいなければ、引き取ることを考えたかもしれませんね。(笑)
    本当にかわいい仔たちでしたから。

    さて海岸に現れたという仔猫というのは9月22日付けの写真の仔ですか?
    今度海岸でお会いした折に出現場所を教えてください。

  19. dodo | URL | -

    wabiさん


    こんにちは。


    9/22付けの仔猫です。
    ソックスに似た仔猫で、兄弟がいる様です。
    見かけたら、写真を撮りますね。


    それと、ライフガードコンテナー付近に居たボズ(あつし)が
    2日前10/6、134号を横断中に車にはねられ亡くなりました。
    住んでいた松林に世話としていた方が埋めました。 合掌

    ボスが住んでいた後に黒い仔猫が居るのを今日発見しましたが、
    まだ警戒心が強く、コンテナーの下に隠れてしまいました。
    10/8blogに載せて置きますね!


    それでは、お体を大切にして下さい。

  20. wabi | URL | -

    dodoさんへ

    コメント、ありがとうございます。

    新入り海岸猫に会えるのを楽しみにしています。

    ボスの訃報を知り、心を痛めています。
    この海岸猫とは、dodoさんも知っているある若い猫を介して因縁がありますから悲しみも大きいです。
    今は、先に虹の橋を渡った姉妹と仲良くしていることを祈るばかりです。

    ご報告ありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)