変化

2011年11月11日 00:00

防砂林の先に、水平線が僅かに垣間見える。
111017-01.jpg


私は還って来た、やっと‥‥、そして、取りあえず‥‥。


111017-02.jpg
およそ4ヶ月ぶりに訪れる湘南の海を目前にした私の胸中には、帰郷前とは異なる感情の波が立っていた


夏の余熱を僅かに残している海岸‥‥。
111017-02-03.jpg
私にはその光景が、薄ぼんやりと霞んで見えた。まるで、自分と外界との間に薄膜が掛かったように‥‥。


そんな私を最初に迎えてくれたのは、今や釣宿の看板娘となったミイロだった。
111017-03.jpg
私の姿を認めたミイロは、何の躊躇いもなく親しげな鳴声をあげながらすり寄ってきた。


そして、私の目の前で豪快に爪とぎをはじめた。
111017-04.jpg
そのミイロの様子を見て、私は思い出していた。「そういえば、ミケもこうやってよく私の目の前で爪を研いでいたな‥‥」


気配を感じ、後ろを振り向くと、シシマルとシロベエが睨み合っていた。
「あの2匹、まだ反目し合っているのか‥‥」

111017-05.jpg
私が名を呼ぶと、シロベエが不自由な後脚を引きずりながら、近づいてきた。シシマルは悠然とした歩調でシロベエの後を追ってくる。


「ニャア‥‥」私の足許にうずくまったシロベエは、小さく鳴いた。
111017-06.jpg
シシマルは私を通り過ぎると、そんなシロベエを険しい眼つきで見つめる。


私はゆっくりとエサ場へ近づいていった。
111017-07.jpg
そこにはアイが独り所在無げにうずくまっていた。「アイちゃん」私は優しく声をかけた。


すると4ヶ月の空白などなかったように、アイはすぐに体をすり寄せてきた。
111017-08.jpg
その変わらない態度に、私は暖かい気持ちになった。


111017-09.jpg
この茶トラの誰にも懐かない性格もまた、以前と変わっていない。


そこへ、私の後を追うようにしてミイロがやって来た。
111017-10.jpg
ニンゲンにも心を許さないが、家族ともいえる同じエサ場の野良ともけっして馴染もうとしない茶トラ。


111017-11.jpg
そんな茶トラに一瞥をくれただけのミイロは、駐車場に停めてある水上バイクのトレーラーに跳び乗った。


そして水上バイクの真ん中で私の方へ向き直り、腰を下ろした。
111017-12.jpg
その凛としたミイロの面差しは、まるで「いい構図でしょ。写真撮るなら早くしなさい」とでも言いたげだ。


111017-13.jpg
そんなミイロを茶トラが険しい眼つきで覗き見ている。


そのときシロベエがミイロに近づいてきた。ミイロは体を低くし身構える。
111017-14.jpg
シロベエはゆっくりと歩を進めはじめた。


“特攻隊長”のミイロと“トラブルメーカー”であるシロベエの接近だけに成り行きを危惧したが、杞憂だったようだ。
111017-15.jpg
ところが、挨拶を交わした2匹の間に不穏な空気が漂いはじめた。


と、いきなりシロベエがミイロに跳びかかった。シロベエの行動を予想していたように、ミイロは身をひるがえす。
111017-16.jpg
シロベエとしては、ただ遊びのつもりだったのだろう‥‥。里子となって、このエリアを去った“新入り猫”“ツバサ(チビタ)”はその遊びに付き合ってくれたのだが‥‥。


シロベエの相手になってくれる野良は今、このエリアにはいない。
111017-17.jpg


めったに姿を見せないコユキが現われた。
111017-18.jpg
この野良は警戒心が強く、世話をするSさん以外に近づくことはない。


“浜の伊達男”ことコジローは釣宿の脇にいた。
111017-19.jpg
どうやら船長さんが捌いている魚がお目当てのようだ。


111017-20.jpg
久しぶりに会った私などに眼もくれず、コジローは物欲しそうな顔で船長さんの周りをうろつく。


そのコジローの願いは叶えられた。船長さんがコジローの鼻先に切り身を放ったのだ。
111017-21.jpg


さっそく食らい付くコジロー。
111017-22.jpg
こういう要領の良さも、この野良の特性だ。


一方、エサ場の前では‥‥、
111017-23.jpg
シシマル、ミイロ、アイの面々が無聊そうにしている。


そこへシロベエもやって来た。
111017-24.jpg
このとき、コユキは姿を消していた。そして、以前なら匂いを嗅ぎつけて近づいてくる茶トラも、姿を現さなかった。


111017-25.jpg
ミイロは相変わらず、私が与えた猫缶には興味を示さない。


釣宿の船長さんから、充分にエサを貰っているからだろう。
111017-26.jpg
それにしてもトレイを見もしないとは‥‥、ミイロは徹底している。そのせいか、この野良の体型は殆ど変わらない。


だが、そんなミイロにも別腹の好物がある。猫用の“カニカマ”だ。
111017-27.jpg
全ての海岸猫がこのカニカマを好むわけではない。ちなにみこの船宿エリアでカニカマを食べるのは、アイと里子に出たツバサ(チビタ)だけだ。
ミイロは1年前に此処へ遺棄されるまで飼猫だった。だから、そのときの嗜好が残っているのかもしれない。



111017-28.jpg
ミイロが残した猫缶はシシマルに任せておけばいい。


111017-29.jpg


しばらく姿を消していたコジローが、何処からか帰ってきた。
111017-30.jpg
が、釣宿前で歩みを停め、エサ場へ近づこうとしない。


111017-31.jpg
そして、警戒のこもった厳しい眼でエサ場の様子を窺っている。


更には場所を替え、執拗に前方を凝視しつづけるコジロー。
111017-32.jpg
どうやらコジローも、シロベエとの軋轢を引きずっているようだ。


“浜の伊達男”の異名を持つコジローは無意味な諍いを忌避する。だからエリアの仲間とも一定の距離を置く。
111017-33.jpg
これはダンディズムを標榜するコジローの美学かもしれないが、野良として生きてゆく術でもあるのだろう。


顔見知りのニンゲンに対してさえ、にべ無い態度を取るのもまた、その為だろう。
111017-34.jpg
「コジロー、お前は相変わらずつれないなぁ‥‥」


111017-35.jpg
久しぶりの訪問にしては短い滞在時間だったが、私は海岸猫たちと触れ合ったことで安らぎを得た。
湘南海岸も、そこに棲む海岸猫も以前と何ら変わっていない‥‥。


やはり、変わったのは私の方だった。
自分自身が愕然とするほどの変化が、今後の私に、そしてこのブログにどのような影響を与えるのか‥‥?

それは私にも分からない‥‥、今はまだ。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. マコ | URL | -

    お元気でしたか?

    お久しぶりです。

    久しぶりに、海岸猫ちゃん達の姿を見て、安心したことと思います。
    猫ちゃん達も、きっと嬉しかったと思います。
    どうぞ、お身体大切に・・・・。

    久々の猫ちゃん達が見れたことに感謝です。

  2. むべ | URL | -

    おかえりなさい!

    当然ですけど、みんなwabiさんのこと
    覚えててくれたんですね…
    私まで嬉しくなります。

    wabiさんのブログで見る、彼らの元気な姿。
    久しぶりで大興奮してしまいました(笑)

  3. ニュータイガー8 | URL | NmRVQg7I

    お早う御座います

    やっぱり湘南の猫が懐かしいです
    4ヶ月のブランクにも猫たちが擦り寄ってくるとは
    本当に可愛いですね、個人的にはカポネですね

  4. dejavuewords | URL | hdScUxTA

    お帰りなさい

    久しぶりの茅ヶ崎、いろんな思いが駆け巡ったことでしょう。
    旧友との再会にも似た猫達に会い、はたまたボランティアさんとも会ったかも知れませんが、やはり住み慣れたところがいちばんでしょう。
    と書いてますが、また帰郷してるんでしょうか・・・?

  5. フロランス | URL | -

    wabiさんお帰りなさい。
    本当に久しぶりですね。
    海岸猫ちゃんが元気みたいです。 お留守の間によい方がお世話をしただろう。

    また猫ちゃんのお知らせお願いします。

    お気をつけてください。

    フロ

  6. mimi | URL | Boku5ay6

    wabiさん

    久々の海岸、、お帰りなさい~。。
    いかがでしたか?
    ミイロちゃんは、変わらず凛とした姿がかっこいいです。
    他の猫ちゃん達の元気そうな姿をみれて安心しました。


  7. はな | URL | -

    wabiさん

    おかえりなさい!
    またみんなの様子を観れるのを楽しみにしています。
    お体くれぐれもお大切になさって下さい。

  8. きょう | URL | -

    こんにちは

    お久し振りです。

    お帰りなさい。
    お元気でしたか?
    猫たちは皆wabi産のこと覚えていたんですね。
    私も嬉しくなりました。
    それに、またミイロたちに会えて嬉しいです。

  9. ゆうたん@ | URL | 4CvheNDY

    おかえりなさい^^

    湘南の猫たちの変わらぬ姿を見て嬉しくなりました^^。
    元気にしているようで安心しました。
    wabiさん、無理せずお体お大事になさって下さいね。

  10. | URL | -

    湘南の猫たち 変わらず元気な様子が見れてうれしいです!!

    昨日も会ったかのように出迎えてくれる猫たち
    飛び付いたり派手な表現はしないけど猫はとっても愛情深いなぁ~って
    思いました。 

    ミイロもとっても喜んでいたでしょうね

    いつか猫たちに会いに行ってみたいなぁ

  11. にゃにゃにょ | URL | RCXKb8Z6

    おかえりなさい(^_^)。
    wabiさん、久しぶりに良いお時間を過ごされたようですね。

    ・・忘れる事無く、無償で迎え入れ歓迎してくれる猫達・・、
    その優しさがどれだけ心に暖かく響く事か・・。
    邪心無くに愛情を注いで来たwabiさんだからこそ、
    この子達も覚えていてくれたのでしょうね・・。
    ・・小さなこの子達の優しさ・・沢山の方達に知ってもらいたいものです。
    ・・本当に、おかえりなさい。

  12. wabi | URL | -

    マコさんへ

    私の体調は芳しくありませんが、以前と変わらない海岸猫の様子に心が和みました。

    ミイロは私の姿を認めると「お見限りだったわね。あなたも元気そうでなにより」とでも言いたげな表情で近づいて来ました。
    今やミイロは船宿エリアの“顔”です。
    逞しくしなやかな彼女の生き方には見習うトコロが多いですね。

  13. wabi | URL | -

    むべさんへ

    やっと、帰ってきました。

    海岸猫たちの歓迎を受けて、塞ぎがちだった私の心も癒されました。
    そして“私は猫に生かされている”と改めて思い知らされた次第です。

    しばらくはゆっくりとしたペースになると思いますが、これからも出来る限り湘南の野良を紹介していきます。

  14. wabi | URL | -

    ニュータイガー8さんへ

    私自身も懐かしかったです‥‥湘南の猫たちが。

    そして変わらぬ野良たちの態度に心が穏やかになりました。
    人はつまらないことで不仲になりますが、彼らは自分が受けた情愛を忘れません。

    見た目とは違って、愛すべきキャラクターだったカポネ‥‥、私も大好きでした。
    今頃、何処で何をしているやら‥‥。

  15. wabi | URL | -

    dejavuewordsさんへ

    ご無沙汰しています。

    久しぶりの湘南‥‥、一言では言い表せないくらい心が揺れました。
    そんな私を手放しで歓迎してくれた海岸猫たちには感動すら覚えました。

    年内にもう一度帰郷する予定ですが、日程はまだ決まっていません。

  16. wabi | URL | -

    フロランスさんへ

    ご無沙汰しています。

    フランスからのコメントありがとうございます。

    久しぶりに会った海岸猫たちは、以前と変わらず元気にしていました。
    これも彼らを見守りつづけている人たちのお陰です。
    もうすぐ海岸には厳しい冬が訪れます‥‥。
    私も体調と相談しながら、ブログをつづけたいと思っています。

  17. wabi | URL | -

    oktamさんへ

    oktamさん、はじめまして。

    釣宿の船長さんから「東京から4回も女性が訪ねて来たよ」と聞きましたが、
    それがoktamさんだったのですね。
    遠いところからご苦労様でした。

    コジローにはついに会えなかったとのこと。
    以前からコジローはシロベエを避けてか、船宿にはあまり近づきません。
    行動範囲も広く、私も度々捜すほどですから‥‥。
    今度いらっしゃったときに、私らしき人物がいたら声をかけてください。
    コジローがよく出没する場所へご案内します。

  18. wabi | URL | -

    mimiさんへ

    mimiさん、ご無沙汰しています。

    以前と変わらない海岸猫たちのスキンシップに心癒されました。
    ミイロはすっかり釣宿の看板娘状態で、船長さんたちにも可愛がられていましたよ。

    私自身は相変わらず体調が芳しくありませんが、出来るだけ海岸へ足を運びたいと思っています。
    また海岸でお会いできる日を楽しみにしています。

  19. wabi | URL | -

    はなさんへ

    はなさん、ご無沙汰しています。

    しばらくはスローペースの更新になりますが、、
    こらからも海岸猫たちのお話を伝えていきたいと思っています。

    また海岸でお会いできるのを楽しみにしています。

  20. wabi | URL | -

    きょうさんへ

    きょうさん、こちらこそご無沙汰しています。

    4ヶ月の空白など無かったような海岸猫たちの歓待に感激しました。
    ミイロなどは以前より愛想が良くなったようにさえ思えました。
    ただコジローのクールな態度は相変わらずでしたが‥‥。
    ともあれ、猫はやはり可愛いですね~。

  21. wabi | URL | -

    ゆうたん@さんへ

    やっと還って参りました。

    そしてまず、船宿エリアの野良たちに会いにいきました。
    ブログで紹介したように、以前と変わらない態度で私に接してくれました。
    今の私にはそれだけで十分嬉しかったです。
    やはり“猫に生かされている”んですね、私も。

  22. wabi | URL | -

    名無しさんへ

    私も変わらない彼らの姿を見られて嬉しかったです。

    猫は犬ほど再会の喜びを表に出しませんが、その分じんわり心に沁み入るような感動を与えてくれます。
    情愛をもって接すれば、彼らもちゃんとそれに応えてくれます。

    特にミイロの歓迎には感激しました。

    湘南へいらっしゃったときには海岸猫たちをご紹介しますよ。

  23. wabi | URL | -

    にゃにゃにょさんへ

    にゃにゃにょさん、やっと湘南海岸へ還って参りました。

    一般的に猫は犬より喜怒哀楽が分からないなどと思われていますが、
    それは控えめな感情表現を読めないニンゲン側の観察眼の無さが原因で、
    彼らも声の調子、表情、体全体などでちゃん反応してくれます。

    また猫は情愛を与えてくれた人を忘れることなく、打算のない無垢な情愛を返してくれます。

    これらの猫の素晴らしさを、ブログを通して伝えていきたいと思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)