残された猫

2012年10月17日 09:00

私がいないあいだの湘南海岸に起こった変事は、海岸猫だけにとどまらなかった。
その情報をもたらしてくれたのは、久しぶりに会った猫おじさん猫おばさん夫妻だった。

120906-01.jpg
そのとき夫妻は、昨秋国道で交通事故死したボスの母親の世話を終え、同様に面倒を見ているほかの海岸猫のもとへ移動中だった。
ところが自転車で並走していた私を置き去りにして、ずいぶん手前の防砂林の脇道へと二人は入っていく。



私は慌てて二人のあとを追い「ここにも世話をする猫がいるんですか?」と問うたら、猫おばさんが「チビの世話を頼まれているの」と少し悲しそうに言った。
120906-01-02.jpg
「チビって、あのチビ太郎のこと?」と私が訊くと「そう、おじさんが病気になって小屋を出ていったから」と猫おばさんは答えた。
私はことの重大さに気づき、二人に同行して防砂林の中へ入っていった。



長靴おじさんの小屋を最後に訪れたのはミケが亡くなったときだから、もう2年以上の月日が経過していた。
120906-02.jpg
茶トラのチビ太郎‥‥、この海岸猫に会うのもその時以来になる。


元気にしていたことはグッドニュースだが、飼い主である長靴おじさんがいなくなったのは、この猫の行く末を思うとバッドニュースだ。
120906-03.jpg
そういえば、複数の人からチビ太郎らしき猫が数百メートル離れたほかのエサ場に出没していると仄聞していた。


おそらく空腹のせいで、食べ物を求めて遠くまで出ばっていたのだろう。
120906-04.jpg
ミケの存命中もよくエサ場へきて、サンマと何度も睨み合っていた。


真偽は定かでないが、飼い主の長靴おじさん曰く“茶トラのオスが一番喧嘩が強い”そうだ。
120906-05.jpg
でもこの海岸猫が、ほかの猫と取っ組み合いの喧嘩をしているところを目撃したことは一度もない。ひょっとしたら、チビ太郎の見た目の迫力に相手が怯んでいただけかもしれない。


不敵な笑いを浮かべているように見えるが、これがチビ太郎の常態である。
120906-06.jpg
当時、頻繁にミケとサンマのエサ場に来ては騒ぎを起こしていたので、少々手荒な方法で撃退したことがある。だからチビ太郎は、私にいい印象を持っていないはずだ。


120906-06-07.jpg
猫おじさんと猫おばさんは別の海岸猫に食事を与えるため、慌ただしく小屋をあとにした。


それにしても、いったいチビ太郎はいつから独りで暮らしているのだろう?
120906-07.jpg
また長靴おじさんはいつごろ快復する予定なのか、そしてここへ帰ってこられるのか‥‥、猫おじさんたちに肝心なことを訊けなかった。


「チビ太郎、久しぶりにだな。元気そうでなによりだ‥‥」
120906-08.jpg
チビ太郎は今年で7歳になる。
捨て猫だったチビ太郎は長靴おじさんに引き取られ、以来この小屋で一緒に暮らしている。



猫の平均寿命‥‥野良猫が4~6歳、家猫が10~16歳だとされているが、チビ太郎の場合、どちらの範疇に属するのか、はなはだ曖昧だ。
120906-11.jpg
ともあれ、これまでは家猫に近い境遇だったかもしれない、しかし今は違う。そして、これから先がどうなるかは、まったく分からない。


仔猫で拾われたチビ太郎は、その時すでに眼を病んでいた。
120906-10b.jpg
おじさんの看病で病の進行は止まったが、眼には一生消えない傷痕が残った。


強面に見えるのはそのためで、彼自身も本意ではないはずだ。
120906-12.jpg


小屋に戻ったチビ太郎は、いきなり大きな鳴き声をあげた。一回、二回、三回と‥‥。その声音は、突然いなくなった長靴おじさんを呼んでいるのか、やけに悲しげに響いた。
120906-13.jpg
だが、いくら呼んでもおじさんの返事はない‥‥。
するとチビ太郎は、私の目にも分かるほど悄然としてうなだれた。



私はそんなチビ太郎にゆっくりと近づいていった。
120906-14.jpg
そして抵抗されるのを覚悟の上で、後ろからそっと手を差し伸べ、そのままチビ太郎の身体に触れた。


すると案に相違して、チビ太郎自ら私の掌に頭をすり付けてきた。
120906-15.jpg
「チビ太郎、おじさんがいなくなって寂しいのか?」


人の優しさを求めていたのだろう‥‥、チビ太郎はますます力をこめて頭をすり付けてくる。
120906-15.jpg
そんなチビ太郎を見ているうちに、不覚にも涙が溢れてきた‥‥。
チビ太郎のおかれた苦境、そしてそのチビ太郎を独り残して小屋を離れざるを得なかった長靴おじさんの心情を思ってのことだ。



ふと足もとに視線を移すと、愛称の由来となった長靴が置いてあった。
120906-19.jpg
長靴おじさんがこの長靴を履いて、再び生業である石鯛釣りをすることはあるのだろうか?


猫おじさんと猫おばさんは朝しかこの小屋を訪れない。
120906-17.jpg
そこで、保存の効くカリカリを置いていくことにした。


「おいチビ太郎、お前はさっき猫缶を食べたばかりだろう」
120906-18.jpg


結局、チビ太郎はカリカリをほんの少し口にして、食べるのを止めてしまった。
120906-20c.jpg
どうやら味見のために試食をしただけのようだ。


虚空を見つめるチビ太郎‥‥。
120906-21c.jpg
彼の脳裏に去来するものは、いったい何なんだろう?


「チビ太郎、時々様子を見に来るから、寂しいだろうが、辛抱しろよ」
120906-22.jpg
「そしてこれからは、ほかのエサ場へ行って、トラブルを起こしてくれるなよ」


私が去るのを察したのか、チビ太郎は見送るように小屋の前に佇んだ。
120906-23.jpg
こうして猫に見送られるのを、私は苦手としている。


彼らの気持ちを思い切なくなり、自分の無力さに後ろめたさを感じるからだ。
120906-24.jpg
私はやり場のない情動をその場に打ち捨てるように、小屋をあとにした。


120906-25.jpg
海岸猫と関わっていると、嬉しく感じることなど稀で、大抵の場合は辛く切なくなる。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. きなこっち | URL | -

    wabiさん、こんにちは。
    お母様のご様子は如何でしょうか?
    wabiさん自身もご体調の悪い中更新ありがとうございます。
    くれぐれもお体にご留意されますように・・・

    さて、今回もチビ太郎の痛々しい目に涙が止まりませんでした。
    独りきりになってさぞ寂しく心細い事でしょう。

    私も独りで職場近くで細々地域猫活動を進めていますが、いわゆる野良猫と
    関わっていると悲しく辛い事ばかりで、いたたまれません。
    何度、もう猫から離れてしまおうかと考えましたが、待っている姿を思うと
    見捨てる事が出来ず、一年たちました。

    命と向き合うという事は覚悟が必要です。
    住む場所も食べる物もない過酷な外で暮らす動物達を守りたいという一念だけでは
    心が砕けそうになる時があります。
    だからこそ、出来る、出来ないを決め出来る事を精一杯頑張る事に決めました。

    wabiさんのブログを拝見しているといつも勇気をもらいます。
    たくましく、気高く生きている猫達が愛おしく、かけがえのない対象に映るからです。



    どうかチビ太郎の頭上にもサブの様な奇跡が舞い降りる事を心から祈っています。

  2. ぐーやま | URL | -

    wabiさん、おつかれさまです

    チビ太郎くん、強面だけど甘えん坊、
    おじさんとふたり、寄り添って生きてきたんですね
    せつないです
    凛とした猫たちに比べて、人間は・・・

    でも、wabiさんは無力ではないですよ
    辛い現実を目の当たりにする役目を自ら負って、
    こうして私たちに外暮らしの猫たちの現実を教えてくれています
    自分の身近な猫のことに気づく人もいるでしょう、
    サブくんのようなシンデレラストーリーに勇気づけられる人もいるでしょう、
    記事のひとつひとつが誰かの心の糧になっていると思います

  3. はやとうり | URL | -

    wabiさん こんばんは♪

    お忙しい中ありがとうございます
    いつも気に掛りながらもあまりの忙しさにコメント入れられず申し訳ございません
    これからはもっとこのブログに訪問できる時間が出来た事嬉しく思っています

    今日のこのチビ太郎君も我家に来た頃のゆきと同じような目をしています
    胸が詰まります
    これから微力ながら少しでもお役に立てたらと思っています

    今ちょっとくうが病気なのです 今の状態が回復次第手術をする予定です
    ゆきの事も今回の病院で一度診察して見ようと思います

    今掛り付けはあるのですがまた違った意見が聞けるかもしれません
    wabiさんのお身体の具合はいかがですか
    大変な中頭の下がる思いです
    何かあったらお知らせくださいね 又コメントしますね

  4. ゆうたん@ | URL | 4CvheNDY

    wabiさん、お外の猫と関わり始めた時、
    寄ってきてくれる猫さんのことがかわいくて嬉しくて。

    でもだんだん辛くなってくるんですよね。
    写真の先輩方が「撮るのをやめたくなる」という意味が
    少しは分かるようになりました。

    いっときの関わりじゃなく、
    猫たち1頭1頭と向きあうと、
    辛さの方が多くなりますね。
    でも、彼らに対して、よりいっそう愛しさも増す。

    胸に痛みを抱えながらも
    猫たちと関わる人たちは、おそらくそうなんだろう・・・と
    思います。

  5. ねこやしき | URL | ezOaKyPo

    wabiさんの語られる事、そしてみなさんのコメントを拝見する時、
    まさに自分と同じ思いなので、
    これからも向き合わねばならないであろう現実に悲しくなったりしますが、
    それでもひととき悲しみを共有できて慰められ、「みなさんも頑張っておられるのだから」と、
    力をいただけます。

    お母様のこと、wabiさんご自身のこと、大変な中での更新、本当にありがとうございます。
    でもご無理なさいませんように。
    感謝をこめて。

  6. wabi | URL | -

    きなこっちさんへ

    母へのお気遣いありがとうございます。
    幸いにも小康状態がつづいて、私の帰省予定も延期されました。
    私自身が検査に引っかかり、新たな治療をすることになったのも
    延期の理由ですが。

    さて、このあとも時々チビ太郎の様子を見に行きましたが、
    以前のようにほかのエサ場へ行っている様子もなく、
    日中は小屋のそばでひなたぼっこをしていることが多いです。

    どなたかへのコメントへの回答に書きましたが、野良猫に対しては
    出来ることと出来ないことの間に明確なボーダーラインを引くことが
    重要だと思います。
    そしてきなっちさんのおっしゃるように、出来る範囲のことをするしかないのです。
    きなっちさんもけっして無理をしないで、猫ちゃんたちの世話をしてください。

    私の拙いブログが、きなっちさんの一助になっているならこんな嬉しいことはありません。

  7. wabi | URL | -

    ぐーやまさんへ

    チビ太郎と2年ぶりに再会できて、嬉しかったのですが、
    長靴おじさんのことを考えると、気分は暗く沈んでしまいます。
    以前にも見かけと相反して人懐こい仕草をしていましたが、
    彼にこれほど甘えられたのは初めてです。
    やはりおじさんがいなくなって、寂しのでしょう。

    私はブログの中で、声高に「動物虐待は犯罪です」などと直截的な訴えはしません。
    そんなことを書いても心無い人の耳に届くはずはなく、無駄なことだと思っているからです。
    私はただ海岸猫の実際を、私のキャプションを加えてただ紹介するだけです。
    それも見た人が何かを感じてくれれば本望なのです。

    それにしても過分なお褒めの言葉、恐縮しております。

  8. wabi | URL | -

    はやとうりさんへ

    私も“読み逃げ”専門ですから、気になさらずに。

    その後、猫ご夫婦に会ったとき長靴おじさんの病状を訊いたのですが、
    おふたりも詳しいことは知らず、ただ「目の病気で入院しているのでは」
    ということでした。

    チビ太郎の様子も何度か見に行きましたが、小屋から離れず落ち着いた様子です。
    ただ先週、左目のカサブタ部分が大きくなっていて心配しましたが、
    病気の悪化ではなく、喧嘩でもしたのでしょうか、目尻に怪我をしていました。

    母の症状が落ち着いているんで、帰省に時期が延びました。
    でも近いうちに帰省することには変わりがありません。
    お気遣いありがとうございます。

  9. wabi | URL | -

    ゆうたん@さんへ

    いつもコメントありがとうございます。

    ツバサやマッシュや今回のサブのように、里子として新たな家で幸せに暮らしている報せを
    聞かされると嬉しく思いますが、野の暮らす海岸猫と接していると、切なさが募るばかりです。

    彼らを今の苦境に陥らせたのは間違いなくニンゲン。
    そして、そこから彼らを救えるのもニンゲンなのです。

    私は1匹の海岸猫を保護するのが精一杯ですが、海岸にいる子たちも
    同じように可愛く思っています。
    名を呼んで遠くから駆けてくる姿を見るたびに、涙が出るほど愛しくなります。
    1匹でも多くの野良が幸せになれることを願わずにはいられません。

  10. wabi | URL | -

    ねこやしきさんへ

    サブの一件ではお気遣いいただきありがとうございました。

    さて今回のチビ太郎の件も、私には寝耳に水でした。
    でも冷静に考ええみれば、こういう事態は想定されたはず。
    一般の人でも疾患に罹ることは避けられない以上、厳しい環境で暮らす
    長靴おじさんののような人が、いずれ健康を害するのは自明の理。

    それでも、健気に生きるチビ太郎を見ていると切なくもなりますが、
    同時に勇気ももらいます。
    こんな小さな命が必死に頑張っているのに、お前は何をしているのかと
    叱咤される思いです。

    幸い母は小康状態がつづき、帰省の時期が先に延びました。
    ただ私自身の検査結果が思わしくなく、新たな治療を始めることになりました。
    悪いことは度々重なるのに、良いことが重なることは稀ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)