生きること・死ぬこと その伍

2013年12月28日 12:30

皆さんの中にも同じ経験をした方がいるのではないだろうか‥‥。思ったり言葉にしたことが現実になった、という経験が。
2013-09-031.jpg


ただし、海外の哲人が説く「思考は現実化する」といった成功哲学に基づく自己啓発の話などではない。
2013-09-032.jpg
あくまでも何気なくこうなったら良いなとか、軽い気持ちで思わず口にしたことが現実化するという次元の話である。


母の四十九日のときだったろうか、揃って猫好きの二人の叔母と二人の従弟と猫談義になった。
2013-09-033.jpg
そのとき私は、あまり人懐こいと情が移るから、そこそこの距離を保ってくれる猫が現れたらいいなぁ、と冗談で言ったのだ。


それから半月、私が望んだ通りの猫がこうして目の前に出現したことが、私にはとても偶然とは思えなかった。
2013-09-034.jpg
あの瞬間、私の知らないところで何かが密かに決定されたのだろうか‥‥?


「なあ、もしかして君は誰かの言いつけでここへやって来たんじゃないのか」
2013-09-035.jpg
しかしキジトラはここでも何も答えてはくれなかった。


やがて、腹を満たしたキジトラは庭をゆっくり横切ると、
2013-09-036.jpg
植込みが作る日陰へ潜りこみ、そこへ体を横たえた。


カリカリは綺麗に完食している。今朝は他でエサを貰っていないようだ。
2013-09-037.jpg


私は敵意がないことを全身で表しながらキジトラに近づいていった。
2013-09-038.jpg
まったく無警戒で眠っているキジトラ。私との距離は2メートルあまりだ。


(おっ、気がついた)
2013-09-039.jpg
最初に会ったときより私への警戒をいくらか緩めたようだ。私が無害なニンゲンだと分かったのだろう。


ところが、それをいいことに至近距離で撮影をしていると、いかにも迷惑そうな顔でキジトラは体を起こした。
2013-09-040.jpg
そこで私は、自分が彼に対して害意も悪意も無いことを目顔で語りかけた。


私の本意が通じたのか、キジトラは再びその場に寝ころがった。
2013-09-041.jpg
だがキジトラの表情には、これ以上の接近を許さない断固たる意志が仄見える。
「エサくれたくらいでボクと仲良く出来るとおもわんといて」と警告を発しているのだ。



それでいい。簡単にニンゲンを信用しないほうが賢明だ。
2013-09-042.jpg
我々ニンゲンはこれまで君たち猫をさんざ酷い目に遭わせてきた。意味なく虐待し、邪魔になればゴミのように遺棄し、ためらいなく命までも奪う酷薄で身勝手な生き物、それがニンゲンだ。


ニンゲンは自らの行為のせいで早晩滅びるだろうが、その際に罪のない他の生き物が側杖を食わないことを祈るばかりだ。
2013-09-043.jpg
私はキジトラの眠りを妨げないよう、その場からそっと離れた。


午後になると、キジトラの姿は庭から消えていた。
2013-09-044.jpg
昼間だけこの家で過ごす‥‥。これも誰かの示唆があってのことだろうか?


翌朝もキジトラはほぼ同じ時刻に姿を現した。
2013-09-045.jpg
しかし、相変わらず警戒モードは解いていない。


前日と同様、周囲に外敵がいないか、鋭い眼で睥睨する。
2013-09-046.jpg
しばらくすると、慎重な足取りで食器に近づいていった。


が、よほど用心深い性格のようで、食べ物を目の前にしても気を緩めようとしない。
2013-09-047.jpg
いったい何に対してこれほど警戒しているのだろう?


このキジトラが警戒していた理由を、私は後日知ることになる。
2013-09-048.jpg
はじめに感じたようにキジトラには空腹を訴えている風がまるでない。


エサがあるなら食べてもいいよ、といった風情だ。
2013-09-049.jpg
ならば何故、数ある住居の中からこの家を選んだのだろう?


誰かの指示だろうが自主的だろうが、それには明確な何らかの理由があるはず。
2013-09-050.jpg
キジトラは朝食を食べると、前日とほぼ同じルートをたどって植込みのしたへ潜り込んだ。(まるで同じビデオを再生するように)


もしかしたらキジトラの訪問の目的は、食事より昼寝する場所を求めてのことかもしれない。
2013-09-051.jpg
適当な日陰があり適度に風が通るこの庭が気に入ったのか?


試しに簡単な寝床をつくり犬走りに置いてみた。
快適な寝心地は望めないが、土の上よりはマシな、そんな感じの寝床だ。

2013-09-052.jpg
本来のねぐらより具合がいいと、キジトラを惑わすことになる。
別宅が本宅より居心地がいいと、のちのち不都合が生じるのは猫とて同じだろう、と慮ってのことだ。



翌朝‥‥。
2013-09-066.jpg


果たして、キジトラは急ごしらえの寝床でくつろいでいた。
2013-09-053.jpg
好奇心が強く、狭いところを好む習性を持つ猫なら取りあえず寝心地を験すると思っていたから、予想どおりの結果だ。


しかし、私が近づくと険しい表情でシャアシャアと威嚇の声を発する。
2013-09-054.jpg
まあいい、昼間のひとときをこの庭で過ごしてくれるだけで、私は満足だ。
同じ命を持つ者が近くにいるだけで、私の傷心はずいぶんと癒やされるのだから。



2013-09-055.jpg
こうして実家に日参してくるようになったキジトラだが、エサの食べ方は日によってまちまちだった。


2013-09-056.jpg

2013-09-057.jpg


私が与えたカリカリを完食する日があると思えば、形だけ口を付けるだけでほとんど残す日もある。
2013-09-062.jpg

2013-09-063.jpg


そして遅くとも夕暮れには何処へともなく姿を消し、夜に姿を見せたことは一度もない。
2013-09-058_2013122817095782f.jpg
やはり食事を貰えてねぐらが用意された、しかるべき家があるのだろう。


ある日のことだった。
2013-09-059.jpg
この日は一度も姿を見せず、玄関先に置いたエサはついに食べられることなく夜を迎えた。


体が濡れるのを厭う猫だからか、雨の降る日に姿を見せることはない。
2013-09-060.jpg
ちなみに、私が東京にいたとき飼っていた元野良のオスの茶トラは、私が知るだけでも3軒の別宅を持っていた。


おそらく他にも別宅があり昼間はそれらの家を巡回していたと思われる。日が暮れると帰宅し、夜は家人の布団の上で眠っていたものだ。
2013-09-061.jpg


これこのようにキジトラの行動は、猫の習性そのままに自由気ままでまるで定まっていない。
2013-09-069.jpg


寄る辺ない身の上の野良なら、私もそれなりの心構えを持って遇するつもりでいたが、
2013-09-064.jpg
ねぐらを持ち食事を与えてもらえる境遇にいることがはっきりするにつけ、肩の力が抜けるのを自覚した。


2013-09-065.jpg
数ある別宅のひとつとしてこの家を訪れるのなら、気兼ねなく接すればいい。


それでもなお、どうしてこの時期にこの家を訪れたのか、その疑問は私のなかで小さくなるどころかますます大きく膨らんでいった。

やはり、私の与り知らないところで何かしらの密約が交わされたのだろうか‥‥。





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

再録
『血まみれの毛皮』


日本では今、ファー(毛皮)が流行している、という。

ファーは上着のフードや襟や袖口、そして手袋、帽子、ブーツ、バッグ、アクセサリー、ケータイストラップと、実に様々なものに使われる。
そして、デパート、スーパー、専門店はもちろんのこと、今や100円ショップでも売られている。

ところで、これらの製品を作るために、多くの動物が生きたまま皮を剥がされている事実を、あなたは知っていますか?


「ここに、その事実を伝える映像がある」
ただし、かなりショッキングな映像なので、相応の覚悟をして観るように。
ちなみに私は、この映像を観たとき、あまりの衝撃に嗚咽と吐き気がしばらくとまらなかった。
そして‥‥、自分がニンゲンであることを心底嫌悪した。



最近では、フェイクファー(人工毛皮)より安価というだけでリアルファーが作られるそうだ。
それがため、アジアでは犬猫だけでも毎年200万匹が殺されている。

しかも、その毛皮のほとんどが日本へ輸出されるという。

あなたはこの事実を知っても、まだファー(毛皮)を身に付けますか?


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

『血まみれの毛皮Part2』


今や死語となった感は否めないが、『鬼畜』という言葉がある。
仏教用語の『餓鬼・畜生』の略語だ。

『餓鬼』とは餓鬼道に墜ちた強欲な死者のことである。
『畜生』とは本能のままに生きていて仏の教えを得ることが出来ないニンゲン以外の生き物のこと。


ともあれ、鬼畜とは欲深く酷薄な生き物を指す、最大級の蔑称である。
(太平洋戦争中は敵国であるアメリカ、イギリスを『鬼畜米英』と呼んで蔑んでいた)

アジアでは犬猫も例外ではなく捕獲、飼育し、生きたまま皮を剥がしている。
そうやって作られた毛皮はほかの動物の名前に変えられ、その多くが日本に輸出されている。


以下の映像に写っているのはニンゲンと犬と猫だが、果たして鬼畜と呼ぶに相応しいのはどの生き物だろう?



誰が観ても、答は明らかだ。

防寒に毛皮が不可欠だった時代ならいざ知らず、金儲けのためにほかの動物を虐殺してその毛皮を剥いでいるニンゲン、そして虚栄心を満足させるために動物の死骸である毛皮を身に付けているニンゲンって‥‥、もはや鬼畜以下ではないのか

毛皮製品を買う行為は間接的にせよ、動物を殺すことに加担している。
いつまでも知らないでは済まされないだろう。


詳しい実情を知りたい方は下記のサイトへ。
あなたに出来ることもきっとあるはず。

地球生物会議ALIVE
JAVA
ヘルプアニマルズ
アニマルライツセンター


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 荒野鷹虎 | URL | -

    ノラ猫ちゃん頑張って!!

    いつもながら感動の追跡劇には心より素晴らしい愛情を感じます。!
    一番悪いのは無責任な捨てる人たちです。捨てるなら飼うなと言いたいですね~~喝)
    動物は人間より愛が深く可愛い動物だとおもいました。
    大変でしょうがどうか頑張ってこのブログを継続されることを願ってやみません。!ありがとうございました。!

  2. おこちゃんちゃん | URL | -

    (口に出してその通りになる事)
    ・・・wabiさんのお話しが、キジトラちゃんに伝わったのかな?
    毛づくろい、簡易ベッド、、、結構、警戒心があっても、自分の家みたいに和んでいますね。
    wabiさんの周りには いつもニャンさんが現れて不思議です。

  3. imagica | URL | -

    何かイミフな符牒の様な言葉が連打され、

    人ごととは思えないキジトラストリー、次回が楽しみです。(^v^)
    それとこの屋にこの時期に来たのはこの屋がくつろげて、主人と波長があったからでしょう。生きるって緊張したり、お芝居したり、1日その屋に居続けられなくて、屋外彷徨ったり、気苦労多いのですよ。人も猫も・・そう思えます。

  4. Sabimama | URL | cbwYL0zY

    この子は、完全にwabiさんを頼る様にも見えますが、そうでも無い、
    ここまで成長してますから、誰か他に親は居ますね。
    でも安定してないかな?
    寝ぐらは多い方がイイ。寝ぐらを与えたら他の猫も助かります。
    本年も頑張って欲しいです。お外の子の為に。
    これからも宜しくお願い致します。
    ご不幸の後ですが、良い新年をお迎え下さい。

    毛皮は、、、残酷な人の欲の現れた汚いモノです。
    着るのは申し訳ないですね、着るには供養が必要で、、、

  5. ito | URL | -

    このコは繊細で警戒心が強いですが、ニンゲンを見る目は確かです・・・きっと。
    どこかで猫会議があって派遣されたのかもしれませんね。
    会議でこのコが名乗りをあげたのかも。
    何だか見てるとこのコの体温まで伝わってくる気がする。
    も、もしかしたら私の知ってるコが毛皮を着替えて私の代わりにwabiさんに会いに行ったのかも!?
    猫ってホントに“不思議”ですから。

  6. katter | URL | Tt4EiFNU

    wabiさんへ、

    新年あけましておめでとうございます!
    2014年が更に素晴らしい年で有ります様、北の国からお祈り申し上げます。

    ノラちゃんのにゃんこ本来のライフスタイル、
    お写真の数々と一緒に楽しく読ませ頂きました!
    ノラちゃのその後が楽しみです!


    里親募集サイト閲覧する度に、いつも思うことが有ります。
    それは新しい飼い主を探す理由・・・
    ペット禁止の引っ越し先・海外転勤・家族がアレルギー・結婚相手が動物嫌いetc
    それぞれのご事情が有るでしょうけど、
    あまりの自己中心的な理由に驚かされます。
    そして理由づけの裏側に、「面倒」と言う気持ちが透けて見えそうです。

    ちなみに、家では海外移住時に猫2匹連れて来ましたよ。
    だって、掛けがえのない大事な家族ですもの(*^^)v

    長々と失礼致しましたm(__)m

  7. wabi | URL | -

    荒野鷹虎さんへ

    新たな野良猫に遭遇するたびに悲しみと怒りが胸にふつふつと湧いてきます。
    それが幼い子だと尚更です。
    どうして何の罪もない子たちが遺棄され、あまつさえ虐待に遭わなければならないのか、
    ニンゲンの身勝手を心から憎みます。

    体調が芳しくなく、なかなか更新出来ませんが、可能な限りブログを続けたいと思っています。

  8. wabi | URL | -

    おこちゃんちゃんさんへ

    このキジトラがどうして実家に現れたのか、不思議でなりません。
    人の愛情を求めている風でもなく、飢えている様子もなく、何を求めてやって来るのか謎です。
    やはり私が口にした言葉を聞いて気晴らしに遊びに来ているのでしょうか?
    それならそれで、私としては嬉しいのですが‥‥。

  9. wabi | URL | -

    imagicaさんへ

    猫と接していると、彼らの不思議な行動に振り回されることがままあります。
    このキジトラが何を求めて我が家にやって来るのか分かりませんが、
    imagicaさんの仰るように彼なりの事情があるのでしょうね。
    ただ私に、それを忖度する才が無いのがもどかしいです。

  10. wabi | URL | -

    Sabimamaさんへ

    このキジトラ、いったい今まで何処でどんな生き方をしていたのか、
    窺い知ることができません。
    人をまったく寄せ付けないほどの警戒心はないのですが、かといって
    容易に近づくことを許さない。
    世話をしている親がいるのは確かなようですが、そこでの処遇に満足していない、
    そんな事情を感じます。

    こちらこそ宜しくお願い致します。
    体調が芳しくなく、更新もままなりませんが‥‥。

  11. wabi | URL | -

    itoさんへ

    私が害意を持っていないことは、キジトラ君も分かっているようです。
    近づける距離が縮まってきましたから。
    やはり夜の集会で決定したのでしょうか。
    ただ彼自ら名乗りでたのか、それとも仲間から推されたのか、それが問題です。
    itoさんの知り合いの猫なら、化け猫を通じて事情を訊いてください。

  12. wabi | URL | -

    katterさんへ

    日本のペット事情は海外から見ると異常だと思います。

    ペットを家族だと思っている飼い主がどれほどいるのか、
    そしてその命を掛け替えの無いモノと感じている飼い主がどれほどいるのか‥‥、
    もちろん私には分かりませんが、毎年30万頭もの犬猫が殺処分されている
    紛れもない事実がある限り、殆んどいないと思われても仕方ないでしょう。

    ペットの命を、自分の命や家族の命と同じように大切に想うこと、
    それがそんなに難しいこととは、私には思えないのですが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)