生きること・死ぬこと その九

2014年04月08日 10:00

私との接触を頑強に拒んでいたキジトラは、にわかに心を開いてくれた。

しかし私は、実家を去る時期について早急な決断を迫られていた。



ところで、その後のキジトラは、というと‥‥。
2013-10-125b.jpg


以前と同じように、日が暮れる前にはいずこかへ去っていくが、雨天の日を除いて、日に一度は必ず訪ねてくる。
2013-10-123.jpg
ところがキジトラは、それまでと違う行動をとるようになった。


玄関の扉が閉まっていると、遠慮がちな小さい鳴き声をあげて来訪を知らせるのだ。
2013-10-071.jpg
「なあ、おっさん、遊びに来てやったから開けてんか。ボクの口にはイマイチ合わんけど、小腹が空いとるからカリカリ食べさせてや」といった風に、ミャア、ミャアと鳴いて訴える。


これまでは、私が様子を見に玄関の扉を開けるまで、キジトラは静かに庭で待っていた。
2013-10-072.jpg
それが私への警戒心を解いたのをきっかけにして、欲求を直截的に訴えるようになった、ということは、つまり今までは空腹であっても我慢していた訳である。


思い返せば‥‥。
2013-10-126.jpg
初めて会ってこのかた、この子が発したのは「シャアアァァッ」という怒気のこもった声だけだった。
猫は心を許したニンゲンに対してしか柔和を鳴き声をあげない。とりわけ野良猫は。



キジトラは、私が側にいるにもかかわらず無防備なかっこうで毛繕いをしている。この間までは考えられなかった光景である。
2013-10-127b.jpg
私が害意を持っていないニンゲンと認識して、やっと穏やかな心持でくつろいでいるようだ。


初めて会ったとき、キジトラは私のことを胡乱なヤツと警戒心を露わにした。
2013-10-130b.jpg
「このニンゲンはボクのことをどないするつもりや」


「こんなチープなネグラをこれ見よがしに置いたんは、ボクを罠にハメるためちゃうか?」
2013-10-131.jpg
「それにこのおっさん、やったら親しげに話しかけてくるけど、ダマされへんど」


「せやけど、ボクが歯剥いてどやしつけても、猫パンチでシバいても、何で怒って追っ払わんのや」
2013-10-133.jpg
「‥‥よう見たら、おっさん寂しそうな目してるなぁ」


「このおっさんはいつも独りぼっちやから、ボクと仲良うなりたいんやろか‥‥」
2013-10-135.jpg
「う~ん、どないしょ‥‥」


「‥‥‥‥」
2013-10-136.jpg
アカンアカン、ニンゲンはいきなり態度を変えて簡単にボクらを裏切るから、やっぱり信用でけへんわ」

と、まあこれは私の勝手な想像というか妄想だが、こうやって以前の写真を遡ってみるとキジトラの表情が徐々に和らいでいるように感じるのは私だけだろうか。


私はこの子の行動を観察し、出自や置かれた境遇をあれこれ推察していたが、
2013-10-134.jpg
ニンゲンより本能が優れたキジトラは、もっと本質的で深層的な次元で私の真情を見極めようと葛藤していたのかもしれない。


ところで、猫、わけても外猫は、なぜ総じて用心深く、そしてニンゲンを忌避するのか?
2013-10-093.jpg
『 猫は生まれつきそういう性格の動物だからだ 』
違う、その答は断じて間違っている。



断言してもいい。生まれつきニンゲンを恐れ嫌う猫などいない、と。
2013-10-094.jpg
彼らがニンゲンを恐れ避けるのは、ただただ死にたくないからに他ならない。


なんとなれば、故意過失にかかわらず、多くの猫がニンゲンに傷つけられたり殺されてきた事実が厳然としてあるからだ。
2013-10-088.jpg
つまり猫の疑い深く怯懦な性格を形成させたのは、我々ニンゲンの無情で酷薄な行いのせいなのだ。


だから皆さんも、街中で憎悪のこもった眼で睨みつけて威嚇してくる猫に会ったら、「ああ、これまで辛い目に遭ってニンゲン不信になった子なんだ」と思ってあげてほしい。
2013-10-137.jpg
これは飽くまでも私の持論だが‥‥。
『他の生き物の命を粗末に扱う者は、とどのつまりは自分の命も粗末に扱うハメに陥る』




このキジトラにしても私の本心を知るために、数週間もの時間をかけて私の一挙手一投足を観察するという周到さをみせた。
2013-10-073b_201404061746441d1.jpg
そうして、ようやくこのニンゲンはボクを傷つけるつもりはない、と判断を下したのだ。


おそらくこの子も生まれてこのかた、謂われ無い迫害や虐待を受けてきたのだろう。
2013-10-074c.jpg
それも、ただ猫に生まれてきたという理由だけで、だ。まったく理不尽この上ない。


以前にも述べたが、生き物の命に軽重の差はなく、原則として “等価” である。
2013-10-074b.jpg
諸説あるが、一般的に家猫の平均寿命は10~14歳、野良猫は4~6歳といわれている。


ニンゲンと比して格段に儚く短い命、だからなおさら尊び庇護しなければならない、と私は考えている。
2013-10-075b.jpg


長らくマットでくつろいでいたキジトラだったが、何の前触れもなくいきなり起き上がると足早に外へ出ていった。
2013-10-075c.jpg
気まぐれな行動が持ち前の猫のこと、驚くにはあたらない。
それでも何となく気になったので、私もキジトラの後を追って外へ出ていった。



するとキジトラは、さっき食べたカリカリを勢いよく吐き出していた。
2013-10-076.jpg
「なんて行儀のいい猫なんだ」私は心底驚き、また大いに感心した。


実際猫はよく嘔吐するが、大抵の場合、時と場所など選ばないものだ。
2013-10-077b.jpg
今回は三和土を吐瀉物で汚しても褒められるべきなのに、外のそれも後始末のし易い庭の隅まで我慢するなんて、私は信じ難い光景を眼にし、ますますこの猫が好きになった。

がしかし‥‥、私とキジトラとの別れは間近に迫っていた。


私が早急に故郷を去らなければならない理由、それは “薬” である。

帰省して以来、私に代わって家人が病院へ行き処方箋を貰っていたのだが、「これ以上本人を診察しないで処方箋は出せません」と医師から告げられたのだ。
2013-10-129a.jpg
そりゃそうだろうな、と私は思った。
医師法には『 医師は診察しないで処方箋を交付してはならない 』と記されている。
言うところの  “無診察処方” を禁止しているのだ。



ただ近年診療報酬が改定され、本人が来院できないときは家族が患者の容体を医師に伝えれば保険診療と認められ違法にはならないが、これは飽くまでもやむを得ない場合であって、その状況が長期に亘れば医師の容認限度を超えるのも当然だ。
2013-10-129_2014040222281453b.jpg
この町にも心療内科はあるにはある。しかし、初診におけるアンケート記入・問診・検査などを再度行なうと考えただけで気が重くなる。

だから、薬が切れて離脱症状が表れる前に主治医の診察を受けたいのだ。



2013-10-139.jpg
この子のお陰で多少和らいだが、実家で独り暮らすことで孤独感が日毎に増し、私は精神的な苦痛に苛まれていた。


此処が終の棲家になるかもしれないと述べたが、でもそれは “今” ではない。
2013-10-140.jpg
たとえ脆弱であっても、現在の私の生活基盤は神奈川にあるし、家族だっている。


それに母とサクラを相次ぎ喪ったことで受けた私の心の欠落感は、実家に留まっていても埋められないことが分かってきた。
2013-10-090_20140405223832038.jpg
だがやはり、このキジトラのことが気掛かりで、私の心の振り子は常に揺れている。


この子には世話をする親がいて、私がいなくなっても飢えに苦しんだり寒さに凍えたりしないことは承知している。
2013-10-089b.jpg
にもかかわらず、私の心の葛藤は治まらない‥‥。


キジトラの登場もあり予想以上に長くなった私の実家滞在だが、ついにそれを切り上げるときがやってきた。

ところが、このストーリーには意外な展開が待っていた。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます


【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆コメント返しは次の更新後にさせていただきます。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. imagica | URL | -

    WABIさん、こんにちは

    私は、キジトラに、自らを重ね合わせてみてます。私は、もっと能天気ですが・・。一本気で、情にもろい猫(私)は、実は孤独で寂しそうなオジサンの心尽くしに、心情寄せるようになりながら、なかなかに、ストレートには心を表せません。確かに、人の世は無常で酷薄な面があるから、人間次第でしか生きられない猫は、翻弄されます。平均台を歩くように慎重に足踏み外さないように、歩くのです。周りの景色見たり、ため息ついたり、束の間、幸せ感に浸ったりしながら・・そんな、キジトラの心中が表情から読み取れる・・生きるって人も猫も切ない、それでいて、幸せでもあると(敢えてそう)思えます。散漫な文章で・・"(-""-)"

  2. まめはなのクー | URL | -

    『他の生き物の命を粗末に扱う者は、とどのつまりは自分の命も粗末に扱うハメに陥る』
    私もその通りだと思っています。だから、あまりにひどい事態を見聞きすると、「われわれ人間に報いがあればいい。それでなければわからないのだ」とすら思います。

     最初から人間を恐れる猫はいませんよね。すべては「経験」から身を守るために学んだこと…こんな悲しい学びをさせている人間であることが悲しく、申し訳ないね。

  3. おこちゃんちゃん | URL | -

    キジトラちゃんの表情が、以前とは全く違ってきてますよね。
    少しづつでも、心を許してくれていることがわかります。
    wabiさんが、ゆっくりと、慌てないで接したからなのでしょうね。
    家の中まで入って来たり、餌をねだったり、、、。
    これは、帰るにしても、後ろ髪ひかれちゃいますヨ~!

    意外な、展開どーなるのかなー。
    次回、待ち遠しいなー。[良い、展開を期待してるのですが~〕

  4. Sabimama | URL | cbwYL0zY

    自ら鳴いたのですね。仲間意識を持ち始めている。
    僕は来たよ。知らせているのね。
    無視できない、この子は人を必要としている。
    猫が相手を気にして会いにくるのか?
    自分が必要だから来ると(普通は)思いますね。
    持たなくては暮らせない「警戒心」を解いてやって来る。
    何かしら必要ではないか?
    何かしらとは、食事?やはり定期的な食事は無いのでは?
    心配は尽きません。
    この続きが、早く知りたいです。

  5. 初めまして。

    北海道在住で不幸などうぶつ達を少しでも
    救いたいと一個人で活動している者です。
    いつもキジトラちゃんにゴハンをあげてくれて
    ありがとうございます。

    <生き物の命に軽重の差はなく、原則として “等価” である。
    私も全く同じ考えです。
    昔の人は(今もありますが)
    子猫や子犬が生まれたら川に流すのが
    当たり前だったと聞いた事があります。

    そんな考え方にぞっとした事があります。
    よくぞ、そんな事ができるものだ。。と。

    そんな人間を少しでも減らす方法を現在は考えています。

    キジトラちゃん、玄関に来ても
    誰も出て来なかったら寂しがりますね。
    でもお体の方がもっと大切だと思います。

    また、おじゃまさせていただきます。
    ありがとうございました。





  6. nekonekonyanko | URL | -

    こんにちは。

    故郷の猫『邂逅』まで溯りました。
    何故かそこから飛び、木陰の猫~父の気遣いまで読みました。
    溯り読みはやはり大変なので、やはり初めから読むことにします。

    相変わらず伺い前は気合いが必要。(笑)
    でも止まらないです…。

    ではまた次回にコメントいたしますね。

  7. ゆうたん@ | URL | xhu0RjdI

    wabiさんご無沙汰しております

    こんにちは。ご無沙汰しております。
    一応、記事の更新は逃さないでいるのですが、
    前の更新から3週間経過していたとは。すみません。

    このキジトラくんの表情を見ていると
    wabiさんの心が揺らぐのも無理はありません。
    世話をして下さる方がいらっしゃるということであれば
    勝手に連れていくこともできないでしょうし。
    この後どうなるんでしょう?

    記事の中にあった言葉
    「他の生き物の命を粗末に扱う者は、とどのつまりは自分の命も粗末に扱うハメに陥る」
    まさにそのとおりだと思います。
    命を粗末に扱うものは、それを見て育った子供たちにいつか粗末に扱われると思ってます。命を大切に思う教育・・・日本はそこから始めなければなりません。

  8. wabi | URL | -

    imagicaさんへ

    キジトラの心理描写、興味深く拝読しました。

    彼の心情を代弁したような内容に感服しました。
    もしかしてimagicaさんにはアニマルコミュニケーターの才があるのでは?

    顧みれば、最初の出会いからキジトラの心中には葛藤があったと思われます。
    私を嫌悪しているなら、その後頻繁に訪ねてくるはずはなく、彼としても慎重に
    見極めていたのでしょう。
    「このニンゲンは本当に信頼できるのか?」「ボクを裏切らないか?」と。
    私との距離の取り方も絶妙で、徐々に許容範囲を狭めていきながら、
    時に自ら近づいて私の反応を観察したりと、実に巧みな行動を見せていました。

  9. wabi | URL | -

    まめはなのクーさんへ

    通常動物は、自分が生きる為だけに他の動物を捕食しますが、
    ニンゲンだけではないでしょうか、慰みに他の動物の命を奪うのは。
    例え殺さないまでも、自分の快楽を満たす目的で虐待するのもニンゲンだけ。

    まめはなのクーさんの仰るように、今のままだとニンゲンは酷い報いを受けると、私も思います。
    ただ、そうなったときには他の動物を巻き添えにしないで、ニンゲンだけが自滅して欲しいですね。

  10. wabi | URL | -

    おこちゃんちゃんさんへ

    仰るように、猫も感情によって表情が変わりますね。
    特に目付きの変化が顕著です。

    個体差がありますが、猫は総じて用心深くエサを与えたくらいでは
    懐いてくれません。
    彼らの警戒心を解くには時間と忍耐が必要です。
    その経緯を楽しめるか否かによって猫が好きなるか嫌いになるかが決まると思います。

    意外な展開ですが、実は‥‥って、このコメント返しは最新記事更新後にしているので
    結果はもうご存知ですよね。

  11. wabi | URL | -

    Sabimamaさんへ

    鳴きましたね、このとき初めて‥‥。
    隣家に聞こえないくらい極小さな声で「ミャア、ミャア」と。

    ただ空腹具合は、以前と同様、日によってまちまちで、
    用意したカリカリを完食するかと思えば、僅かしか食べないときもあって、
    私としても彼の食糧事情が気になっていました。

    外出の行き帰りに、近隣の家を窺って親の所在を探したのですが、
    それらしき家は発見出来ませんでした。
    この地区に外猫が数匹いるのを確認していますので、エサの争奪が
    あるのかもしれません。

  12. wabi | URL | -

    チーム殺処分0さんへ

    こちらこそ初めまして。

    交通事故に遭った苫小牧市のワンちゃんの顛末には思わず落涙。
    ハンデのあるの承知で引き取ってくれた里親さんは勿論のこと、
    それまでリハビリを続けてくれた職員さんの温情にも感動しました。

    私が住む神奈川県の動物愛護センターでは昨年度の犬の殺処分がゼロだったと、
    複数のネットで報道されていました。(横浜、川崎、横須賀を除く)
    でも何故か、どのサイトを見ても、猫の殺処分については一言も触れていないのです。
    犬の命も猫の命も等価のはず、それなら犬の殺処分数がゼロになったと報せるだけでなく
    猫の殺処分数も報道すべきだと思いました。

    リンクありがとうございます。
    こちらからもリンクを張らせていただきました。

  13. wabi | URL | -

    nekonekonyankoさんへ

    過去ログまで遡っていただいて恐縮しています。
    ありがとうございます、といえばいいのか、ご苦労さま、というべきか‥‥、
    とにかく肩の力を抜いてご覧になってください。

    適当なカテゴリ編集で遡り読みは大変だと思います。
    申し訳ありません。

  14. wabi | URL | -

    ゆうたん@さんへ

    ゆうたん@さんに謝られると、こちらが恐縮します。
    謝るのは私の方で、更新が滞りがちで心苦しく思っています。
    言い訳になりますが、体調の悪化‥‥、特に睡眠障害が酷く、
    それがために集中力が続かず更新に多大な時間を必要とするのです。

    今回の帰省中は“命”について色々考えさせられました。
    母の命、サクラの命、自分の命、さらに他者の命のことを‥‥。
    そんなときに、天から降ってきたような現れ方をしたキジトラ君。

    この子の存在が、私の心の振り子を揺らしましたが、同時に命の大切さを
    感じ取ることが出来ました。
    自分の命も含めてすべての命は等価であって、掛け替えのないモノです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)