東方の異変 (前編)

2014年11月02日 22:00

ここ数年で海岸猫の数が減っていることは前回の記事で述べたとおりだ。

防砂林に点在するエサ場のなかに、10数匹の海岸猫が棲む “ 東のエサ場 ” というエリアがあった。

敢えて「あった」と過去形で表現したのには理由がある。

なんとなれば東のエサ場は “ 消滅 ” したからだ。

それも、たった1匹のオス猫のせいで‥‥。


scenery14May03-01c.jpg

scenery14May03-02d.jpg

scenery14May03-07c.jpg

scenery14May03-04d.jpg


東のエサ場。
Earea14May03-01c.jpg

Earea14May03-02c.jpg
私がエリアに到着した途端に、1匹の茶トラが何処からともなく現れた。


眼光鋭く私のことをねめつける茶トラ。
Earea14May03-03c.jpg

Earea14May03-04c.jpg
そして、「ニャーッ!」と大きな鳴き声をあげた。


Earea14May03-05c.jpg
この海岸猫の名は『 チビ太郎 』。
命名したのは、ブログ上で私が『 長靴おじさん 』と呼んでいるホームレスの男性だ。



チビ太郎は防砂林に作られたテント小屋で、長靴おじさんと一緒に暮らす “ 飼い猫 ” だった。
chibi_01c.jpg

しかしその長靴おじさんは病を得て、チビ太郎独り残して海岸から去っていった。
chibi_02c.jpg

そして冬が目前にせまった数ヵ月後、テント小屋は防砂林の管理者によって完全に撤去され、チビ太郎は飼い主に加えてねぐらをも失ってしまう。
chibi_03c.jpg

それでもボランティアの人に発泡スチロール製のねぐらを作ってもらい、毎日給餌されていたチビ太郎は自分のエリアにとどまっていた。
chibi_04c.jpg

chibi_10c.jpg

chibi_13c.jpg

その頃だ、長靴おじさんを待っているチビ太郎の姿が、度々見られるようになったのは。
chibi_08c.jpg

chibi_06c.jpg
「チビ太郎、おじさんは病気になったから、もうここへは帰ってこられないんだ。これからお前は独りで暮らしていくんだよ」


しかし私が何度説明しても、チビ太郎は聞く耳を持たず、防砂林の入り口を見つめたまま動こうとはしなかった。
chibi_07c.jpg

chibi_05c.jpg
チビ太郎はそうやって、長靴おじさんが戻ってくるのを信じて待ちつづけていた。

こうして自分のエリアで暮らしていたチビ太郎だったが、しばらく経つと、姿を見せないときが多くなった。

寂しさに耐えられず、長靴おじさんを捜しに出かけているのだろうか、と思っていた。

これが、2012年秋に起こった出来事だ‥‥。


ところがそれ以後、チビ太郎が東のエサ場で頻繁に目撃されるようになった。
ただしチビ太郎は去勢手術を受けているので、メス猫を求めて移動したわけではない。

Earea14May03-06c.jpg

Earea14May03-07c.jpg
だからチビ太郎が長年住み馴れたエリアを離れて、なぜよそのエリアに出張っていたのか、その理由は分からなかった。


ちなみに、私がチビ太郎と会うのはほぼ1年ぶりだ。
Earea14May03-08c.jpg

Earea14May03-09c.jpg
「チビ太郎、久しぶりだな。やっぱりココにいたのか‥‥」果たしてチビ太郎は私のことを憶えているだろうか?


チビ太郎は悠然とした足取りで近づいてきた。
Earea14May03-10c.jpg

Earea14May03-11c.jpg
普通、猫がモノに身体を擦りつける行為はカワイイと感じるが、チビ太郎の場合はやや伝法な印象を受ける。


朽ちかけた柵に寄りかかると、チビ太郎はそのまま歩みをとめてしまった。
Earea14May03-12c.jpg

Earea14May03-13c.jpg
チビ太郎がどういう行動に出るのか、私は離れた場所で黙って観察することにした。チビ太郎もまた、目を伏せて沈思している。


ややあってチビ太郎は柵から離れると、砂山を降りはじめた。
Earea14May03-14c.jpg

Earea14May03-15c.jpg
周囲に視線を巡らせながら、チビ太郎はゆっくりと私のほうへ近づいてくる。


そして私の脚に体を擦り寄せてきた。
Earea14May03-16c.jpg

Earea14May03-17c.jpg
チビ太郎は私のことをちゃんと憶えていてくれたのだ。


「なあチビ太郎、あの話はホントなのか‥‥?」私はチビ太郎の顎をつかみ詰問した。
Earea14May03-18c.jpg

Earea14May03-19c.jpg
「お前がここに棲みついたせいで、ほかの猫たちがいなくなった、というのは」
しかしチビ太郎は固く口を閉ざして何も言わない。



冒頭で述べた “ たった1匹のオス猫 ” とは、このチビ太郎のことだ
Earea14May03-22c.jpg

Earea14May03-23d.jpg
かつて10匹以上いたエサ場はチビ太郎の出没をきっかけにして、徐々に機能しなくなり、ついには “ 消滅 ” してしまった、と仄聞している。


知人の話だと、ここに長年棲んでいた海岸猫たちは、1匹残らず四散したそうだ。
Earea14May03-20c.jpg

Earea14May03-21d.jpg
私も面識がある、ここの猫たちの世話をしていたボランティアのKさんという女性もまた、それがために海岸へ来なくなったという。


Earea14May03-24c.jpg

Earea14May03-25c.jpg
しかしそんなことが実際にあるのだろうか、と半信半疑の私は実際に自分の目で確かめようと思い、ここにやって来たのだ。


この海岸猫は多少気分屋のところがあるが、人懐こい性格を持っている。
Earea14May03-26c.jpg

Earea14May03-27c.jpg
私が1年近く海岸を離れていた間に、いったいこのエサ場で何が起こったのか、チビ太郎には訊きたいことが沢山あった。


Earea14May03-29c.jpg

Earea14May03-28g.jpg
さっきまでの青空はにわかに立ちこめた霧に覆われ、空と海を分かつ水平線も模糊としてきた。


私はエリアをゆっくりと歩きながら、ほかの海岸猫の姿を捜し求めた。
Earea14May03-31c.jpg

Earea14May03-36c.jpg
しかし目を凝らしてネット越しに防砂林の中もさぐってみたが、猫の影すら視界に入ってこない。


やはりこのエリアにはチビ太郎しかいないのか‥‥。
Earea14May03-32c.jpg

Earea14May03-35c.jpg
にわかに信じがたいが、チビ太郎ひとりのために、このエリアの海岸猫たちが居なくなったという話は信憑性をおびてきた。


ここがこのエリアのエサ場だ。
Earea14May03-37d.jpg

Earea14May03-78c.jpg
水入れは残っているが、水が入っていない。それにいつも置いてあった陶器製の食器がすべて無くなっている。


エサ場としての役目を終えているという話は本当のようだ。
Earea14May03-38c.jpg

Earea14May03-39c.jpg
とすれば、新たな疑問が湧いてくる。


「チビ太郎、お前は誰の世話を受けているんだ?」
Earea14May03-40d.jpg

Earea14May03-41c.jpg
チビ太郎が誰かに食事を与えられているのは明らかだ。でないとココ(海岸)で野良猫は生きていけない。


Kさんが海岸猫の世話をしなくなったのなら、いったい誰が‥‥。残念ながら私にはその人物について、まったく心当たりがない。
Earea14May03-43c.jpg

Earea14May03-44c.jpg
少なくとも見た目は可愛げのない強面の野良猫の世話をするからには、それなりの思い入れがある人だろう。


以前より体重が減って体が一回り小さくなっているが、それはその時分が太りすぎていたからで、体型としては今が標準に近い。
Earea14May03-45c.jpg

Earea14May03-46c.jpg
試しに猫缶を与えてみたが、食べ方を見る限り飢えている様子はうかがえない。


Earea14May03-47c.jpg

Earea14May03-48c.jpg
食料事情は良好なようだし、チビ太郎の健康状態もまた、良好のようだ。


Earea14May03-49c.jpg

Earea14May03-50c.jpg


以前なら猫缶を開ければ、その匂いに誘われて数匹の海岸猫が姿を見せたのだが、その気配は、もはやどこからも感じられない。
Earea14May03-79c.jpg

Earea14May03-51c.jpg

Earea14May03-52c.jpg

Earea14May03-54c.jpg
チビ太郎がこのエリアの猫たちをすべて駆逐してしまったという話、信じるしかなさそうだ。


「ねぐらもあって十分な食事を与えられていたのに、何が不満で元のエリアを離れたんだ。なあ、おいチビ太郎?」だが、やはりチビ太郎は黙してなにも語ってくれない。
Earea14May03-56c.jpg

Earea14May03-57c.jpg
長靴おじさんと長年暮らしたテント小屋を、ニンゲンの手によって壊された光景がトラウマとなっているのだろうか。


チビ太郎の顔貌の印象を決定づけている爛れた目だが、これは仔猫のときに眼病に冒されたせいだ。
Earea14May03-58c.jpg

Earea14May03-59c.jpg
長靴おじさんの治療の甲斐があって、病は悪化することなくその進行をとめた。これは長靴おじさんから直接聞いた話だ。


チビ太郎と私との付き合いは長く、初見は2009年11月で、当ブログを開設してから1ヵ月目のことだ。
Earea14May03-61c.jpg

Earea14May03-60c.jpg
長靴おじさんから年齢も聞いたはずだが、あいにく失念してしまった。ただ記憶の断片から推し測ると8、9歳にはなっていると思われる。


2年前まで “ 飼い猫 ” 状態だったとはいえ、海岸猫としては長命である。
Earea14May03-62c.jpg

Earea14May03-63c.jpg

Earea14May03-64c.jpg

Earea14May03-65c.jpg

Earea14May03-66c.jpg
チビ太郎が元気でいてくれたのは嬉しいのだが、彼のためにこのエサ場を追いやられた海岸猫のことを思うと、私の心境はかなり複雑になってくる。


しかしこの状況をニンゲンが介入して元に戻すことはできない。たとえ元のエリアに連れ帰しても、チビ太郎はすぐにここへ舞い戻ってくるだろう。
Earea14May03-67d.jpg

Earea14May03-68c.jpg

Earea14May03-69d.jpg
それに今回の一件でチビ太郎を一方的に責めることはできない‥‥。


ニンゲン社会と同様に、野良猫も力のある者が勝者となる『 弱肉強食 』の世界に生きているのだから。
Earea14May03-70c.jpg

Earea14May03-71c.jpg
加えてチビ太郎もまた、ニンゲンの都合で置き去りにされた犠牲者なのだ。


私は未だかつてこのエリアで、海岸猫が身をさらして寝ている光景など一度も見たことがない。
Earea14May03-83c.jpg

Earea14May03-82c.jpg


豪胆というか、肝が据わっているというか、とにかくこの海岸猫はそうとう図太い神経を持っているようだ。
Earea14May03-81c.jpg

Earea14May03-80c.jpg

Earea14May03-84d.jpg

Earea14May03-85d.jpg
考えてみれば、これくらいの胆力がないと、ひとつのエリアを壊滅させることなど出来はしない。


さらに東へ行ったところに、もう一箇所消滅したエサ場がある。

そこには私の大好きな海岸猫がいたのだが‥‥。


〈次回へつづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます


【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆コメント返しは次の更新後にさせていただきます。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ケン | URL | -

    wabiさん。
    こんばんは。

    チビ太郎ですか。
    なつかしいですね。
    たしか、チビ太郎は子供の頃は、亡くなったミケと一緒に暮らしてたのですよね。
    しかし、チビ太郎一匹が、東のエサ場を消滅させたとは、ちょっと信じがたいです。
    いったい何があったのでしょうね?

  2. まるパパ | URL | -

    こんばんは!

    たしかに、全然、「名は体を表」していないニャンコですね(*^_^*)
    いかつい、強面ですな。
    ただ、いかつい顔以上に気になったのは尻尾です。
    見る限りケンカで噛み切られたのではなくて、和猫だけの「ぼんぼり尻尾」
    じゃないですか?
    ジャパニーズボブテイル、いまや絶滅危惧種ですよ!
    「ぼんぼり尻尾」は劣性遺伝子ですから洋ネコとのmixが増えてホントに
    見かけることがなくなりました。

  3. orenge | URL | iAn.OV3g

    いつもながら・・・。

    哀しいというのか、切ないというのか、どちらも言葉足らずになります。
    wabiさんの想いとチビ太郎の飼い主の帰りを待つという行為が胸に迫って
    涙が溢れます。

    何故こんなに心を通わせるのか、また生き物に心を寄せるのか
    それぞれの想いが通り過ぎて重なって、堪らないものがあります。
    何故こんなに愛しいのか・・・wabiさんの気持ちも痛いほど伝わります。

    皆それなりに幸せで過ごしてほしいと願います。
    何事もなくその命が尽きるまで。。。

    出来れば今一度長靴おじさんに逢わせてあげたい。(涙)

  4. はやとうり | URL | -

    WABIさん こんにちは

    お久しぶりでございます ご無沙汰しましてもうしわけもありません
    先日は入院に際しましてお優しいメッセージありがとうございます

    海岸猫さんの事いつも気にはなっているのですが何も出来ないことを心苦しく思っています

    wabiさんもどうぞお元気でお過ごしくださいますよう心から願っています

  5. wabi | URL | -

    ケンさんへ

    ミケが他界してから登場の機会がぐっと減ったチビ太郎のこと、
    憶えていてくれて嬉しいです。

    私もチビ太郎ひとりのせいで一つのエサ場が壊滅するなんて
    信じがたかったのですが、知人の話などを総合すると、
    どうやら事実のようです。
    私も実際に行ってみて、ほかの海岸猫をまったく見ませんでした。
    猫の世界で強面が通用するとは思えないですが‥‥。

  6. wabi | URL | -

    まるパパさんへ

    長靴おじさんがチビ太郎を保護した経緯や名前の由来ははよく憶えていませんが、
    数匹の捨て猫で唯一生きていたのがこの子で、体が兄弟に比べて小さかったのでは、と推察しています。
    強面になったのも眼病のせいで、チビ太郎自身は人懐こい猫です。

    ジャパニーズボブテイル、元々は日本猫を移送しアメリカで繁殖されて命名された品種。
    それが日本では絶滅寸前だというのは皮肉な話ですね。
    ちなみにランもこの品種ですし、リンの子供にも2匹のジャパニーズボブテイルがいます。

  7. wabi | URL | -

    orengeさんへ

    仔猫のときに遺棄されたチビ太郎は長靴おじさんに保護されました。
    そして今回は置き去りにされたわけで、二度遺棄されたことになります。
    もちろん長靴おじさんにはチビ太郎を置いていくしか選択肢が無かったのですから、
    通常の遺棄猫とは違いますが、チビ太郎本人にはその区別ができません。

    長年一緒に暮らしていた長靴おじさんも辛かったと思います。
    そして、事情がまったく分からないチビ太郎はきっと混乱したでしょう。
    「おじさんはどこへ行ったの、どうして帰ってこないの?」と。
    それを思うと不憫な子です、チビ太郎は。

  8. wabi | URL | -

    はやとうりさんへ

    手術が無事に終わったと知り一安心しています。
    でもその後に待つハードなリハビリ、はやとうりさんはハードは嫌いではないと言っていますが、
    その言葉が強がりでないことを信じています。(笑)

    とにかく今はご自分の回復のことだけを考えてください。

    私への気遣いなどその後でいいのですから‥‥。

  9. wabi | URL | -

    鍵コメを頂いたYさんへ

    基本的に鍵コメには回答しないのですが、長文のコメントですし、
    そのなかに質問があったのでコメント返しをすることにしました。

    おそらく質問内容も公開してほしくないと推察いたします。
    しかしこちらから連絡する手段を、私は持っていません。
    お手数をお掛けしますが、今一度鍵コメで連絡先をお教えください。
    よろしくお願いします。

  10. アンジー | URL | DL0dExLA

    初めまして

    初めまして
    blog見させて頂きました
    今は全国的に不幸な野良猫を減らす為 まち猫活動が広まって
    います
    まち猫活動をもっと知って貰う為情報発信していますが
    チビ太郎が餌を食べてる写真使用させて頂けないでしょうか
    よろしくお願い致します

  11. wabi | URL | 0MXaS1o.

    アンジーさんへ

    こちらこそ初めまして。

    野良猫のためになるなら写真を転載しても構いません。
    ただその際は、転載した事実を明記してください。

    ところで発信する媒体は何ですか。
    ネットにしろ印刷物にしろ転載した状況が分かる情報を教えてください。

    お返事は鍵コメかメールフォームからで結構です。

    よろしくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)