ミケの魅力

2009年12月09日 16:23

AM6:35 空の大部分は灰色の雲に覆われている。
風景091209-01.jpg


ミケは私が名を呼ぶと、植込みの中からゆっくりと出てきた。ミケ091209-01.jpg


いつものおばあちゃんにナデナデされるミケ。
ミケ091209-02.jpg


撮影を終えたdodoさんが立ち寄ってくれた。
ミケ091209-03.jpg
そうして、いつものようにミケの背中をナデナデ、ゴシゴシ‥‥。


カメラマンが二人いるからか、いつもより長く爪とぎをするミケ。
ミケ091209-04.jpg


ミケ091209-05.jpg
ついにミケにモデルとしての意識が芽生えたのか?


dodoさんもミケに癒されて帰っていく。
ミケ091209-06.jpg


ミケは、ホントに水を頻繁に飲む。
ミケ091209-07.jpg
氷点下には顎の下に小さな氷柱が出来るかもしれない。


たまたま通りかかったhigehiroさんにもナデナデしてもらう。
ミケ091209-08.jpg


この丸い背中を見ていると‥‥、
ミケ091209-09.jpg誰だって、つい触りたくなる。


そして、ナデナデ、ゴシゴシしているうちに‥‥、
ミケ091209-10.jpg
ミケも気持ちよくなって、思わず変顔を披露してくれる。


どうして私は、毎日この野良に会いに行くんだろう?
最初は朝の散歩の途中にちょっと立ち寄るくらいだったが、今はミケに会うために海岸に行く様になった。
そして、ミケを介して知り合った人との束の間の会話を楽しみにしている。
どうして、毎日ミケに会いに行くのか‥‥?今の私はその質問に即答できない。
ミケ091209-11.jpgともあれ、私にとってミケというは特別な存在であることには違いない。


風景091209-02.jpg


ボスはいなかったが、同じエリアに棲む三毛が枝の上にいた。
ボスエリア091209-01.jpg三毛は警戒心のこもった視線を私に投げかけたあと、柵の向こう側に姿を消した。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)