ロンリネス (前編)

2014年12月29日 22:00

たいていの場合、私は1箇所のエリアで撮影を完結させる。

ただ目的の海岸猫に会えなかったり、撮影条件が悪いときなどは、現場で判断して2箇所以上のエリアに足を運ぶことがある。

だがこの日は、出かける前から2箇所のエリアを訪れると決めていた。

なんとなれば、私には何としても確認したいことがあったからだ。


湘南海岸、夕刻。
scenery14June21-05c.jpg

scenery14June21-01c.jpg

scenery14June21-03c.jpg

scenery14June21-04c.jpg


砂浜に降りて海岸の風景を撮影しているとき、何気なく後ろを振り返ると、道路を渡ってこちらへ向かってくるリンの姿が目に入った。
Larea14June21-001c.jpg

Larea14June21-002c.jpg
前回同様、まるで私が来るのを前もって知っていたかのようにリンは姿を現す。


姉妹のランは、自転車のスタンドを立てる音で識別していたが、リンは違う方法をとっていると思われる。
Larea14June21-003c.jpg
というのも、私が自転車を止めてからのタイムラグがあり過ぎるからだ。


猫の視力はニンゲンの10分の1ほどで、10m以上の距離があるとニンゲンの顔の識別はできない、と言われている。
Larea14June21-004c.jpg

Larea14June21-005c.jpg

Larea14June21-006c.jpg

Larea14June21-007c.jpg
ではどうやってリンは私が訪ねてきたことを知ったのか?
聴覚が優れた猫だから、やはり特定の “ ” を聞き分けたのだと推測される。



もしかしたらその音は “ シャッター音 ” かもしれない。カメラにはそれぞれ固有のシャッター音があり、カメラに通暁しているニンゲンでも判別できると思われるからだ。Larea14June21-008c.jpg

Larea14June21-009c.jpg
それまで気持ち良さそうに砂浜に寝転がっていたリンがいきなり頭をもたげた。


リンは防砂林の方を見つめている。私には聞こえなかったが、仔猫の鳴き声を聞き取ったのかもしれない。
Larea14June21-011f.jpg

Larea14June21-012c.jpg
ところがリンの視線を辿ってみると、そこには物陰からこちらの様子をうかがっているタクローの姿があった。


どうやら声の主はタクローだったようだ。タクローがどんなメッセージを発したのか分からないが、リンは慌てた様子で駆け寄っていく。
Larea14June21-013c.jpg

Larea14June21-014c.jpg
身体の大きさはとうに母のリンを上回っているが、タクローはまだまだ半人前。リンとしてもそんなタクローが気掛かりなのだろう。


リンが側に来てもまだ不安げな表情のタクロー。リンの毅然とした居ずまいとは対照的だ。
Larea14June21-015c.jpg

Larea14June21-016c.jpg
猫社会、なかんずく野良猫の社会で生きるには、図体の大きさより年長者の経験知の方が有用らしい。


タクローは経験の少なさを、具わっている本能で補っている。
Larea14June21-017c.jpg
猫の場合、先天的な性格は父親から受け継がれ、『 豪胆 』と『 臆病 』に大別される。


これまでのタクローの行動を見ているかぎり、彼の性格は明らかに後者だ。
Larea14June21-018c.jpg

Larea14June21-019c.jpg
害意のないニンゲンにも頑なに心を開かず、常に警戒心と猜疑心の鎧を身につけている。


ところが、たまにこういう甘えるような仕草を見せるから、こちらとしては戸惑ってしまうのだ。
Larea14June21-020c.jpg

Larea14June21-021c.jpg
タクローの内面を私なりに分析すると、怯懦な性格とニンゲンに構ってほしいという欲求が相克している状態ではないかと思うのだが。


「でもなタクロー、野良猫は臆病でいいんだ。その方が結局長生きできるんだから」と私の偽らざる考えをタクローに伝えた。
Larea14June21-022c.jpg

Larea14June21-023c.jpg
実際、保護する目的がないかぎり、私はこちらから近づいて海岸猫を手懐けないように心掛けている。なんとなれば、その行為がひいては彼らを危険な目に遭わせることになり得るからだ。


Larea14June21-024c.jpg
ホームレスのテントで生まれ育ったリンは、持って生まれた性格もあるだろうが、初見のときから人馴れしていた。(詳細は【ニューエリアの猫】を参照)


リンとタクローに誘導されるように私はエサ場へ行ってみた。
Larea14June21-025c.jpg

Larea14June21-026c.jpg
食器は散乱して、何故か先日あった大きな器がふたつ無くなっている。さらにリンの前には柄の入った新たな食器があった。


この数日間に、このエサ場でいったい何が起こったのだろう。Larea14June21-027c.jpg

Larea14June21-028c.jpg

Larea14June21-029c.jpg
タクローは檻の中の虎よろしく、いっときもじっとせず行ったり来たりを繰り返している。


そしてリンは、食べ物をくれるなら早くしてと言わんばかりに大きなアクビをした。
Larea14June21-031c.jpg

Larea14June21-032c.jpg
私は勿体ぶって給餌を留保しているわけではない。仔猫たちが姿を現さないかしばらく待とうと思ってのことだ。


踵を返したタクローはこちらに向かって真っすぐ歩いてくる。
Larea14June21-033d.jpg

Larea14June21-034c.jpg
「ち、近い‥‥!」タクローは私の脚に触れる寸前まで近づいてきた。
レンズの最短撮影距離を超えたので、思わずのけぞってシャッターを押すほどだった。



タクローは頭を下げたまま、さらに私に近づいてきた。
Larea14June21-035c.jpg
「この姿勢は、ひょっとしたら‥‥」


私は恐るおそるタクローの背中に手を伸ばした‥‥。そしてタクローの体に掌が触れた。
Larea14June21-036d.jpg
私がタクローを初めて触った瞬間だ。
このときも自覚していたが、改めて写真を見ると自分の手がこわばっているのが分かる。



猫が気まぐれな生き物なのを知っている私は慎重を期して、腰の辺りをしばらく撫でていた。
Larea14June21-037d.jpg
この位置ならとっさに爪や牙で攻撃されても、避ける余裕があるからだ。
小動物だと思って、猫の攻撃力を侮ってはいけない。



また猫の爪や口腔内には様々な細菌が繁殖しているので、もしも爪で引っ掻かれたり牙で噛まれたら、速やかに流水などで傷口を洗浄することだ。

咬傷や掻傷がごく浅ければ洗浄と消毒で済むことがあるが、『 破傷風 』や『 パスツレラ症 』や『 猫ひっかき病 』などに感染する可能性もあるので病院へ行くことを勧める。


閑話休題。


私はタクローの背中を優しく撫でながら、しかし彼の挙動に細心の注意を払いゆっくりと掌を頭の方へ移動させていった。
Larea14June21-038d.jpg
そして掌が首に到達した瞬間だった。


タクローはいきなり体をひるがして私の掌を振り払った。どうやら頭を撫でることは受け容れられないようだ。
Larea14June21-039c.jpg

Larea14June21-040c.jpg
何はともあれ、タクローに触れたことは一歩前進だが、これ以上私から近づくつもりはない。


私の目的は海岸猫のありのままの姿を記録し発信することであって、彼らと懇意になることではないからだ。
Larea14June21-044c.jpg

Larea14June21-045c.jpg

Larea14June21-046d.jpg
タクローのニンゲンとの距離の取り方は今のままでいいと思っている。


この町にも善人面で本性を糊塗した酷薄なニンゲンが存在しているのだから。
Larea14June21-047d.jpg

Larea14June21-048c.jpg
「しつこいようだが、野良猫は小心者のビビリでいいんだ。安易にニンゲンを信用していたら命がいくつあっても足りないぞ」


リンはこの防砂林で4年生き抜いている。それは取りも直さず危険を察知し回避する能力が優れている証左だ。
Larea14June21-049d.jpg

Larea14June21-050c.jpg
「なあリン、ニンゲンの本性を見抜くコツがあるなら、それをタクローに教えてやってくれよ」


期待しているふたりをいつまでも待たせるわけにはいかないので、食事を与えることにした。
Larea14June21-051c.jpg

Larea14June21-052c.jpg

Larea14June21-053c.jpg

Larea14June21-054c.jpg
それに仔猫たちが猫缶の匂いを嗅ぎつけて姿を現すかもしれない、という期待もあった。


リンがいきなり頭をもたげて、耳をそばだてる。仔猫の声が聴こえたのだろうか。
Larea14June21-055c.jpg

Larea14June21-057c.jpg
が、空耳だったのかそれとも食欲が勝ったのか、リンはすぐに残りの猫缶を食べはじめた。


タクローの神経は味覚に集中しているようで、顔を上げもしないで食べることに専念している。
Larea14June21-058c.jpg

Larea14June21-060d.jpg
子育て中のリンの食欲も相変わらず旺盛である。


しかしリンは、無防備な食事中であるからこそ一層感覚を鋭敏に働かせているようで、時折鋭い視線をまわりに向ける。
Larea14June21-059c.jpg

Larea14June21-062c.jpg
リンがタクローのようにただ食べることだけに神経を集中していないのは、その顔つきで分かる。


Larea14June21-061d.jpg

Larea14June21-063d.jpg
私がエサ場を離れ、先日仔猫がいた植込みを覗きに行っていた僅かな間に、リンは姿を消していた。


途中ですれ違わなかったところをみると、仔猫のねぐらを違う場所へ替えたようだ。
Larea14June21-064c.jpg
ねぐらの移動、これも外敵から仔猫を護る母猫の防御本能である。


独り残って黙々と猫缶を食べるタクロー。母が居なくなったことに気付いているのだろうか。
Larea14June21-065d.jpg


猫缶を食べ終えたタクローは、リンが向かったと思われる場所とは逆方向へ去っていく。
Larea14June21-066d.jpg

Larea14June21-067d.jpg
とぼとぼと歩くその後ろ姿に、そこはかとない寂寥感を覚えるのは私の気のせいだろうか。


今回は仔猫たちに会うのを諦め、私は別のエリアを目指して自転車のペダルを漕いだ。
scenery14June21-06c.jpg

scenery14June21-07c.jpg


『 シシマルエリア 』に到着したら、私の目にいきなりコジローの姿が飛び込んできた。
Sarea14June21-003c.jpg
いつものコジローなら私の来訪を知ると、多少素っ気ない態度ながらも近寄ってくるのだが、何故かこちらを見ようともしない。


それならば自分からコジローの視界に入ってやろうと思い、私はコジローの正面に回りこんだ。
Sarea14June21-002c.jpg

Sarea14June21-001c.jpg
しかしそこまでしても、“ 浜の伊達男 ” は私を無視したまま身じろぎしない。


〈次回へつづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます


【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆コメント返しは次の更新後にさせていただきます。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 荒野鷹虎 | URL | -

    大変感動いたします!

    今年貴殿のブログを知りまして生命観が変わりました。!
    野良猫一匹ではなく生き物すべての生きる権利は誰にも犯すことができない
    神聖なものと思うようになりました。すばらしい感動のドラマといっては失礼ですが、
    生き物への凄い愛と熱情にはすべてのブロガーさんに見ていただきたいと思いました。!!

    まずは御苦労様と表しこれからも永遠に追い続けられますことを期待します。
    佳き年でありますようお祈りいたします。!!

  2. ガングロ | URL | V5GS5iG6

    今年もいろいろありがとうございました
    来年も宜しくお願い致します
    良い年をお迎え下さい

  3. ケン | URL | -

    wabiさん。

    今年はありがとうございました。
    あなた様のブログを拝見し、いろいろと考えさせられました。
    野良猫の世界も、人間界と同様、いろいろとありますね。
    本当に、よくできたブログであったと思います。
    来年も、ご健康に注意し、よろしくお願いいたします。

  4. barusa39 | URL | TY.N/4k.

    こんばんわ
    大晦日ですね
    一晩寝たら新年です
    良いお年をお迎えくださいね。

  5. wabi | URL | -

    荒野鷹虎さんへ

    いつも過分な評価をいただき恐縮しております。

    当ブログはいわゆる『野良猫ブログ』の体裁をとっていますが、
    私の訴えているテーマは人間をも含めた全ての生き物の“ 命の大切さ ”であり、
    “ 共存の模索 ”です。
    それを読み取っていただいた荒野鷹虎さんの慧眼に感じ入っています。

    どうか良いお年をお迎えください。

  6. wabi | URL | -

    ガングロさんへ

    こちらこそご訪問していただき感謝しております。

    どうか良い年をお迎えください。
    そして来年も宜しくお願いいたします。

  7. wabi | URL | 0MXaS1o.

    ケンさんへ

    いつも丁寧なコメントを寄せていただきありがとうございました。

    この世の中は矛盾だらけで、基本的に不公平なものです。
    ニンゲンの中には不公平な社会を受け容れられずに、他人に危害を与え、
    自ら命を絶つことで決着をつけようとする者もいます。
    しかし野良猫たちは、自分の運命を受け容れ、その環境で懸命に生きようとするだけです。
    私も彼らから多くのことを学びました。

    どうか良いお年をお迎えください。
    そして来年も宜しくお願いします。

  8. wabi | URL | 0MXaS1o.

    barusa39さんへ

    今年は寒波の到来が早く、北海道も寒いだろうと思いますが、
    健康に留意なさってください。

    今年もあと2時間足らずになりました。
    ポン君、カリちゃん共々良いお年を迎えられるよう祈っています。

  9. orenge | URL | iAn.OV3g

    体調は如何ですか?

    あと数時間で今年が終わります。
    一晩寝るだけですっかり様子が変わるのが不思議ですね。
    リセットになるのでしょうか?

    いつも胸に迫る記事を読ませていただいて考えること様々で生き様まで
    問われているような気になることが有ります。

    これから寒さが厳しくなるとか、風の音もかなり大きく響いています。
    どうぞお体無理なさいませんようご自愛ください。

    来年もよろしくお願いいたします。
    来る年が喜びにあふれた年になりますように。

  10. wabi | URL | 0MXaS1o.

    orengeさんへ

    新しい年が目の前に迫っています。
    ただ暦は人間が定めたもので、時間の流れに区切りなどない、
    と私は考えています。
    でも人は心新たにする為にやはり節目を必要としているのでしょうね。

    動物には時間の概念などなく、大晦日も正月もありません。
    なかんずく野良猫たちは、一時いっときを生きるのに必死で、
    未来に希望を持つことなどないでしょう。
    猫が幸せになるには、優しい人と一緒に暮らすしかないと思っています。

    お気遣いありがとうございます。
    まだ本調子ではありませんが、日毎に体調は上向いています。

    どうか良いお年をお迎えください。

  11. おこちゃん | URL | -

    今年もよろしくお願いします ฅ^•ﻌ•^ฅ
    寒いと、海岸へ赴くのも大変なことだと
    思います。

    子猫ちゃん親子は 身を寄せあって寝ているのでしょうね。
    私、エリアそれぞれのニャンちゃんの相関図でも作らないと
    もの忘れで、どの仔がどうだったかと 分からなくなってきちゃいました〜?
    困りますね。
    wabiさんは 実際に接しているから忘れる事はないのですかねー?
    少し上向きとの事であんしんしました。
    タイムトラベラーは続いているのですか?

  12. はやとうり | URL | -

    wabiさん 明けましておめでとうございます

    年末はコメントを頂きましてありがとうございます
    その後の体調は如何でしょうか

    私はあまり芳しいとも言えず悶々とした日々を過ごしています
    今は我慢の時だと思っています
    希望を失わずに何とかやって行きます 
    今年もどうぞ宜しくお願い致します

  13. wabi | URL | 0MXaS1o.

    おこちゃんさんへ

    こちらこそ宜しくお願いいたします。

    調子自体は、少しずつ上向いているのですが、相変わらず
    夜は2~3時間ほどしか眠れず、『プチタイムトラベル』を
    毎日数回経験しています。
    その度に歯を磨くため、歯磨剤の減りがハンパないです。(笑)

    さて、彼らなりの理由により他のエリアへ出張っていく海岸猫もいますが、
    基本的に海岸猫はそのエリアに定住しています。
    なので私は間違うことはないのですが、閲覧者には分かりづらいかもしれません。
    ただ彼らの安全を考慮しエリアの位置関係は明記できないので、エリアごとのメンツを
    憶えてもらうしかありません。

    それにしてもおこちゃんさんの『躁転動画』はますますパワーアップして、
    圧倒されます。(笑)
    ストレス解消の方法を持たない私も刺激を受けて、何かやらねば、と思っています。

  14. wabi | URL | 0MXaS1o.

    はやとうりさんへ

    明けましておめでとうございます。
    今年も宜しくお願いいたします。

    体調は徐々にではありますが、上向いています。
    ただまだ積極的に外出できる状態には遠く、いつ海岸へ行けるのか
    自分でも分かりません。

    大晦日のコメントにも記しましたが、はやとうりさんのリハビリの苦しさは
    私には想像できません。
    でも弱音を吐かず、常に前向きなはやとうりさんの態度を知るたびに
    「強い人だからきっと大丈夫」と思っています。

    今年がはやとうりさんにとって良い年であるようお祈りいたします。

    2015年 元旦

  15. まるパパモモママ | URL | -

    あけましておめでとうございます

    いつもご訪問いただきありがとうございます
    寒い季節、海岸は相当冷たいのではないですか
    お身体には気を付けてくださいね

    wabiさんにとりまして、良い年になりますように

    今年もどうぞよろしくお願いいたします

  16. wabi | URL | 0MXaS1o.

    まるパパモモママさんへ

    明けましておめでとうございます。

    今年も宜しくお願いいたします。

    仰るように風が直接吹き付ける海岸は寒いです。
    なので一度でも海岸で冬を越した海岸猫は寒くなると、
    身体に脂肪を付けて冬に備えるのです。

    最近は海岸猫の数が減って目にしませんが、
    いわゆる『猫だんご』を作って暖を取ることもあります。

    海岸猫といわず全ての野良猫が寒さに凍えなくていい日が来ることを
    祈ってやみません。

  17. 冷凍SANMA | URL | o25/X8aE

    明けましておめでとうございます。
    今年もどうぞよろしくおねがいいたします。

    ノラちゃんたちには新年もなにもないんですよね。
    何もできない私ですが、wabiさんからはいつも感動をいただいています。
    ありがとうございます。

    さきほど新年恒例の荒行(^^)、往復歩いて1時間50分程の神社へ初詣に行ってまいりした。

  18. wabi | URL | 0MXaS1o.

    冷凍SANMAさんへ

    明けましておめでとうございます。

    今年も宜しくお願いいたします。

    猫にとってはクリスマスも正月も関係ないですね。(笑)
    なかんずく野良猫は家猫と違って、その雰囲気を少しも感じることが出来ず
    ただの1日です。

    私のブログが感動を与えているとすれば、それは取りも直さず野良猫たちの
    せいで、私自身も彼らから多くのことを学んでいます。

    今年が冷凍SANMAさんにとって素敵な年になるようお祈りいたします。

  19. 太巻きおばば | URL | -

    あけましておめでとうございます。

    今年一年が良い一年で有りますように。
    御自身のお身体もいたわって下さいね。

    今年も宜しくお願いいたします。

  20. wabi | URL | 0MXaS1o.

    太巻きおばばさんへ

    明けましておめでとうございます。

    こちらこそ宜しくお願いいたします。

    お気遣いありがとうございます。
    寒さの折、太巻きおばばさんもご自愛ください。

  21. ガングロ | URL | V5GS5iG6

    新年のご挨拶に・・・

    明けましておめでとうございます
    今年も宜しくお願い致します

  22. wabi | URL | -

    ガングロさんへ

    新年明けましておめでとうございます。
    こちらこそ、宜しくお願いいたします。

    ガングロさんにとって本年が素晴らしい年になるようお祈りいたします。

  23. 荒野鷹虎 | URL | -

    wabiさんへ!!

    謹賀新年!!
    今年もよろしくお願いいたします。!
    親子の愛情は人間以上に強いと思い感動仕切りです。!
    wabiさんのカメラワークのすばらしさが細やかな愛情を表現されていて、
    いっそう強く悲哀と悲涙を呼ぶものと思います。!頑張ってくださることを年頭に期待とお願いをいたしまして新年の挨拶に代えさせていただきます。!!

  24. くまさつお母さま | URL | LFBiOYFc

    昨年はありがとうございました。
    今年もどうぞよろしくお願いいたします。
    wabiさんもどうぞおカラダにご無理の無いようにっ!

    タクローさんもいずれ警戒心が濃くなっていくのでしょうか?
    矛盾しているようですがそう願わざるを得ませんね…。

  25. wabi | URL | 0MXaS1o.

    荒野鷹虎さんへ

    新年明けましておめでとうございます。
    本年も宜しくお願いいたします。

    ご高評をいただき面映い気持ちです。
    私はただ猫たちの行動を撮影しながら、彼らが何を感じ何を思っているのか、
    想像をたくましくして記事にしているだけで、荒野さんが何かを感じていらっしゃるのなら、
    彼らの懸命に生きる姿勢がそうさせているのでしょう。

    私自身これからも彼らから様々なことを学び、それをブログで発信していきたいと思っています。

  26. wabi | URL | 0MXaS1o.

    くまさつお母さまさんへ

    こちらこそ昨年はお世話になりました。
    本年も宜しくお願いいたします。

    記憶違いでなければ、私がタクローの体を触ったのはこの時1回だけです。
    食事中なら触れそうですが、こらからもタクローが野良猫として生きていくなら
    こちらから積極的に近づくつもりはありません。
    記事にも記しましたが、野良猫は臆病な方が生き長らえるからです。

  27. | URL | -

    いつになったら一代限りの地域猫は終わるんですか?

    某サイトの方々が捕獲作戦を計画してるってきいたんですが…

  28. wabi | URL | 0MXaS1o.

    名無しさんへ

    う~ん、それは私にも分かりません。

    ただ言えるのは、不妊手術をしても猫を遺棄する人がいる限り
    野良猫が減ることはないですね。


  29. dodo | URL | -

    あけましておめでとうございます。

    Wabiさん、お体の調子はいかがですか!
    またblogを覗かさせて頂いてます。

  30. wabi | URL | 0MXaS1o.

    dodoさんへ

    明けましておめでとうございます。

    今年もよろしくお願いいたします。

    ご無沙汰しています。
    早朝はなかなか海岸へ行けませんが、また海岸でお会いしましょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)