2年半振りの再会 (前編)

2015年01月21日 16:00

私はその海岸猫と2年半近く会っていない。

そのあいだに母が他界し実家に長期滞在を強いられたが、神奈川にいる時には幾度かエリアに足を運んでいる。

しかしその海岸猫は一度も私に姿を見せてくれなかった。
出現率の高い猫にもかかわらず、だ。


そしてこの日も無駄足になることを覚悟して、私はその海岸猫の住むエリアに赴いた。


湘南海岸、夕刻。
scenery14Aug04-01c.jpg

scenery14Aug04-02c.jpg

scenery14Aug04-03c.jpg
この日は海岸に向かって強い海風が吹きつけていた。しかし私にとっては追い風となって、いつもより自転車のペダルが軽い。


scenery14Aug04-04c.jpg

scenery14Aug04-05c.jpg
強い風が吹くとサーファーの姿はほとんどなく、海上はウィンドサーファーたちの独壇場と化する。


scenery14Aug04-11d.jpg

scenery14Aug04-12d.jpg


彼らはセイルで海風を巧みに捉えて、海面を滑走していく。そのスピードは50km/h以上にもなる。
scenery14Aug04-09c.jpg

scenery14Aug04-10c.jpg


目的の海岸猫が住んでいると思われる防砂林の中へ、私は足を踏み入れた。
scenery14Aug04-13d.jpg
そして四囲に視線を巡らせながら、ゆっくりと防砂林の奥へ進んでいった。


エリアの中ほどで私はその海岸猫の名を小さな声で呼んでみた。《 聴覚の優れた猫なら聞き取れるはずだ 》
scenery14Aug04-14c.jpg
ややあって、か細い猫の鳴き声が聞こえた。さらに名を呼ぶと再び小さな声で応えてきた。
私は声がした方向に見当をつけて、さらに防砂林の奥へ歩を進めていく。










すると、樹木を背にしてぽつねんと佇んでいる海岸猫の姿が目に入った。
Barea14Aug04-001c.jpg

Barea14Aug04-006c.jpg
“ ビク ” は以前と変わらないころころした体型で私を迎えてくれた。


「ビク、元気だったか‥‥」
この海岸猫が達者でいることは仄聞していたが、やはり自分の目で見ると深い感慨を覚える。

Barea14Aug04-002c.jpg

Barea14Aug04-047c.jpg

Barea14Aug04-003d.jpg
ビクは元々『 東のエサ場 』の住人だった。ところがチビ太郎の出現で、ほかの海岸猫ともども生まれ育ったエリアを離れ去ったのだ。


いつ頃ここに移り住んだのか私は知らないが、今はたった独りでこのエリアで暮らしている。
Barea14Aug04-004c.jpg

Barea14Aug04-005c.jpg
私のことを憶えていたのか、ビクはこちらに歩み寄ってくる。


ところが途中で歩みを止めると‥‥。
Barea14Aug04-048c.jpg

Barea14Aug04-007c.jpg
進路を右にとって私から遠ざかっていった。



Barea14Aug04-008c.jpg
以前のビクは私の姿を認めるとすぐに足許に近づいて来ていた。2年半という空白期間が彼女の頭から私のデータを消去させてしまったのだろうか。


しかしそれなら私から離れていくことはあっても、近づいて来ないはずだ。
Barea14Aug04-009c.jpg

Barea14Aug04-050c.jpg
なんとなれば、この海岸猫は警戒心が強い怯懦な性格を持っているからだ。
その性格ゆえ私は彼女のことを密かに “ 臆病猫のビク ” と呼んでいる。



ビクという名も、いつも何かに怯えたようにびくびくしているから私が付けたものだ。
Barea14Aug04-010c.jpg

Barea14Aug04-011d.jpg

Barea14Aug04-049c.jpg
だから私のことをすっかり忘れた訳ではなく、少なくともビクの頭には私が害意のないニンゲンだというデータだけは残っているようだ。


「そういえば‥‥」私は以前にもビクが同じような態度をとったことを思い出した。
それは父の他界でやはり実家に長期滞在した私が久し振りに東のエサ場を訪ねた時だった。

Barea14Aug04-012c.jpg

Barea14Aug04-013c.jpg
その際のビクも長く顔を見せなかった私に抗議するようにつれない態度で接してきた。
(その時の様子は【5ヶ月ぶりの訪問 その弐】を参照)



こういう場合、私は自分から行動を起こさないと心に決めている。
具体的にはその猫のパーソナルスペースを侵さない十分な距離をとって、けっしてこちらから近づかないようにする。

Barea14Aug04-027d.jpg
そして目を合わさず、こちらもあらぬ方向に視線をやり、素っ気ない態度に徹するのだ。


Barea14Aug04-028c.jpg
これが犬の場合だと対応が全く違ってくる。私は犬も猫同様大好きで、大人しい犬と出会うとつい近づいて頭を撫でてしまう。


世間には “ 犬派 ”“ 猫派 ” という人達がいて、論戦を繰り広げていると聞いているが、私にすれば『 目くそ鼻くそを笑う 』とおっつかっつの内容空疎な争いに思える。
Barea14Aug04-014c.jpg

Barea14Aug04-029c.jpg
犬には犬の、猫には猫の良いところがあり、どちらかを選ぶことなど私にはできない。
飽くまでも偏向した私見だが「自分は○○派だから△△は嫌い」と公言する自称動物好きは似非だと思っている。



「ん?」
ビクの顔にズームで寄った時だった。ビクの目の異常に気付いたのは。

Barea14Aug04-015c.jpg

Barea14Aug04-016d.jpg
眼球の下半分が充血し、大量の目ヤニが目頭に溜まっている。右目ほど酷くはないが、左目にも充血が見られる。


眼病には外傷や異物などが原因の外因性と細菌やウイルスなどが原因の内因性に大別されるという。
Barea14Aug04-026c.jpg
そして内因性なら、感染して両目が冒されるとも聞いている。私に病名が分かるはずもないが、ビクの場合は内因性の眼病の可能性が高い、と思われた。


ただ病状の悪化が進んでいないのか、それとも治癒に向かっているのか、目を気にしている様子は見られない。
Barea14Aug04-017c.jpg

Barea14Aug04-018c.jpg
痒みや痛みがあれば足で引っ掻いたり、目を何かにこすり付けたりするはずだ。


その後もビクはかたくなに私を無視し、目を合わせようともしない。
Barea14Aug04-019c.jpg

Barea14Aug04-020c.jpg
爪研ぎをしている時に目線を貰おうと思って名を呼んでみたが、私に一瞥もくれないのだ。
「こりゃ相当へそを曲げてるな‥‥」私は2年半におよぶ空白の重さを改めて思い知った。



ビクとしては「今頃、何しに来たのよ。目付きの悪い茶トラがエサ場を荒している時に助けに来てくれなかったくせに」とでも言いたいのだろう。
Barea14Aug04-021c.jpg

Barea14Aug04-022c.jpg

Barea14Aug04-023c.jpg
そう言われたら私に返す言葉はない。なんとなれば、私は海岸猫たちを実際的に救う力を殆ど持ち合わせていないからだ。


猫は何者にも媚びへつらわない気高い生き物である。とすれば、これ以上ここに留まっていてもビクは私を以前のように受け容れてくれないだろう。
Barea14Aug04-024c.jpg


《 野良猫がニンゲンに懐かないのは悪いことではない。今回はこのままエリアを離れよう 》
私がそう思った直後だった‥‥。

Barea14Aug04-025c.jpg
ビクが真っ直ぐ私のほうへ近づいてきたのは。


そして私の足許まで来ると、ぴたりと歩みを止めた。
Barea14Aug04-052d.jpg

Barea14Aug04-030c.jpg
この体勢が意味するのは「しばらくじっとしてあげるから、背中を優しく撫でなさい」という彼女の下知である。


久し振りにビクの身体を触ったが、野良猫とは思えない艶やかな毛並みは以前と変わらない。
Barea14Aug04-031c.jpg

Barea14Aug04-032c.jpg

Barea14Aug04-033c.jpg
私はビクを撫でながら《 空白の2年半のあいだに、ビクは私などが想像できない艱難辛苦を経験したんだろうな 》と思った。



〈次回へつづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます


【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆コメント返しは次の更新後にさせていただきます。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. カノッチ | URL | -

    再会できてよかったですね(^O^)

  2. wabi | URL | -

    カノッチさんへ

    コメントありがとうございます。

    ビクは2年半の空白があってもちゃんと私を覚えていてくれました。
    とても嬉しかったです。

  3. ケン | URL | -

    wabiさん。
    こんばんは。

    臆病猫のビク
    ついに出ましたね^^

    ぼくは、ビクがたまらなく愛しいのです。
    ビクの顔も好きだし、性格も好きです。
    ところで、ビクは避妊済みなんですかね?
    あと、お世話しているボランティアの人はいるのでしょうか?

  4. おこちゃん | URL | -

    ニャンコさんはきれい好きですが、
    ビクちゃんは 外に住むニャンコさんの中でも
    きれいに見えますね。
    おなかが白いのではっきり写るせいでしょうか、。
    顔立ちも美しい~。

    wabiさん、昨日はありがとうございました。

  5. wabi | URL | 0MXaS1o.

    ケンさんへ

    いつもコメントありがとうございます。

    そうでした、以前からケンさんはビクがどうしているか気に掛けていてくれましたね。
    写真の通りころころした愛嬌のある体型もそのままで、元気にしていました。
    ただ目のことが心配ですけど。

    ビクは避妊手術を受けています。
    手術を受けさせたのはKさんですが、この女性は猫の世話をやめたと聞いています。
    でも空腹な様子はなかったので、当然食事を与えているボランティアの方がいるはずです。
    でないと野良猫は生きていけませんから。

  6. wabi | URL | 0MXaS1o.

    おこちゃんさんへ

    実際にビクの毛並みは艶々していて野良猫とは思えないほど綺麗です。
    思うに、猫にもニンゲン同様キレイ好きな子とそうじゃない子がいるのでしょう。

    丸っこい体型が表しているように、生粋の野良猫なのにビクは愛嬌があります。
    仰るように顔もカワイイ美猫です。

    こちらこそ素敵な演奏をありがとうございました。
    次の招待状を心待ちにしています。

  7. くまさつお母さま | URL | LFBiOYFc

    プックリしたおなかとツヤツヤの毛並みは、愛情を受けて暮らせている証かな…。
    そうであることを願います。
    おメメが早く良くなってくれますようにっ!

  8. wabi | URL | 0MXaS1o.

    くまさつお母さまさんへ

    キレイな毛並みはビクの美点です。
    そしてニンゲン界で好意的に受け容れられている
    いわゆる『ぽっちゃり型』の体型をしています。

    さらに臆病なのに人懐こいという不思議な猫なのです。
    久し振りに会えて嬉しかったですが、やはり目の状態が気になります。

  9. マコ | URL | -

    wabiさん、ご無沙汰、読み逃げ・・ごめんなさい。
    コメントを書き始めるのですが・・・。
    ビクちゃんと会えて良かったですね。
    毛並みといい、体力もあるようで安心です。
    お目々が早く快復すると良いですね。
    やっぱり、かわいがって頂いた記憶はしっかりあるのですね。
    wabiさんを,忘れるはずは無いです。

  10. wabi | URL | 0MXaS1o.

    マコさんへ

    こちらこそご無沙汰しています。

    『読み逃げ』歓迎です。
    訪問してくれるだけで感謝しています。
    それに、私も読み逃げの常習犯ですから。(笑)

    ビクはすでに高齢の域に入っていますから少し心配していましたが
    私のことを覚えていたということは、頭の方もしっかりしている証です。
    これからも元気で長生きしてもらいたいと願っています。

  11. めんまねえちゃん | URL | -

    ビクさんと会えて、しかも
    長い期間あってなかったのにちゃんと覚えているのですね。
    頭の良さに驚かされます。
    目は、. . . 回復しますように。

    こういう生活をしていて、背中を見せて撫でさせてくれるって、
    どれだけ大きな信頼があるのかと思うと胸が熱くなります。
    ありがたいことですね. . .

  12. wabi | URL | 0MXaS1o.

    めんまねえちゃんさんへ

    昔から「猫は薄情」と言われていますが、私は妄言だと思っています。
    猫と関わっていると、彼らの情の厚さがよく分かります。
    ただ表現の仕方が従順な犬と違ってクールなため、ニンゲンが決めつけているだけです。
    実際に薄情なのはニンゲンであって、動物はニンゲンを欺いたり裏切ったりしません。
    またニンゲンは相手によって本音と建前を使い分けますが、猫や犬は常に裏表のない対応をしてくれます。

    ビクのことはずっと気に掛けていたので、会えて嬉しかったです。
    そしてビクの純真な心を知り、感激しました。
    本当にありがたいことです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)