命の重さ (前編)

2015年05月30日 21:30

“ニンゲンの魂の重さは21グラム”

これは20世紀初頭にアメリカの医師が実際に人を使った実験で計測した結果で、医学雑誌『アメリカン・メディシン』に掲載された。

こちらはフィクションだが、『ダ・ヴィンチ・コード』の著者であるダン・ブラウンが著した『ロスト・シンボル』という作品にも同様な実験の様子が描かれている。

ちなみに21グラムは大さじ1杯の蜂蜜の重さと等しい。

果たして魂に重量があるというのは事実なのだろうか?


湘南海岸、早朝。











リン一家が暮らすエリアに到着してしばらく待っていると、タクローが姿を現した。



ところがタクローは地面に体を横たえると、そのまま動かなくなった。


タクローの手前には食器が置いてある。



その食器には、猫缶とカリカリを混ぜたエカシさん特製の朝食が盛ってあった。


エカシさんのテントの前ではリンが独りで水を飲んでいる。



エカシさんに訊くと、リンだけが食事を終えていると言う。


水を飲み終えたリンが踵を返して歩き始めると、それに呼応するようにタクローもやにわに体を起こしてこちらへ向かってきた。





タクローは母に向かって盛んに喋りかけている。しかしリンはそれに対して何も応えようとしない。





猫社会にヒエラルキーは存在しない。だが、なぜか食事の順番には厳然とした序列がある。



だからタクローは待っていたのだ。リンが食事を終えるのを。


タクローをそのままに、私は急いでリンの後を追った。





前に回りこんで撮影していると、リンはまっすぐ近づいてくる。


そして私の脚に体をすり寄せると‥‥、



そのまま私の足許の地面に腹ばいになった。


黒い子が姿を現し、リンと私の周りを慎重な足取りで歩き始めた。



が、私がほんの少し動いただけで、いきなり歩みを止め体をひるがえす。


この子のニンゲンに対する警戒心はことのほか強固で、3メートル以内には近づけない。



黒い子はふいに立ち止ると、目を見開いて視線を遠くに送る。


その視線を辿ると、植込みの下からふたりの兄弟が顔を覗かせていた。



リンの幼い子供たちはまだ朝の食事をしていない。



育ち盛りで食べ盛りの子供だから、この時間はすでに空腹のはずだが‥‥。


子供たちが姿を見せたことをエカシさんに報告すると、今朝はテントに来ないようだから近くにエサを持って行ってほしいと言う。


ところが朝食を終えたはずのリンが、そのエサをまっ先に食べ始めた。

「リン、お前はもう食べたんだろう、それは子供たちの分だぞ」
だが私がどう言っても、リンはまったくの馬耳東風で脇目も振らず食べつづける。



当然のことながら、食事の優先権は一家の長であるリンが最上位だ。

子供たちは空きっ腹であろうと、母の食事が終わるのを待つしかない。


と、そこへ長男のタクローがのっそりと姿を現した。



食事の順番はリンの次がタクローなのは分かっているが、この子もエカシさんに与えられたエサを食べたはず。


さっきの食事、一回分としては過不足ない量だと感じたが、タクローの腹はまだ満たされていないのだろうか。





リンより二回りほど大きな体躯をしたタクロー、当然膂力も母をとっくに凌駕している。



だが母の食事を力ずくで横取りするなど、猫社会では話のほかなのだろう。タクローはリンの視界に入らない後ろから、物欲しそうな面持ちをしてただ黙って見ているだけだ。


しばらくそうしていたタクローだったが、潔く諦めたようだ。





そこで私は食器をさらに子供たちの側に持っていった。

ところがリンは私の後を追って来ると、すぐさま食器に顔を突っ込んだ。
「やれやれ‥‥」私はリンの執念に根負けした。



一つではなく食器をいくつか用意すればいいと思うのだが、エカシさんには敢えてそうしたくない理由があるようだ。



ここは以前のエサ場のすぐ近くだ。


側には強い海風のせいで斜めに育った特徴的な幹を持つ松の木がある。



その根元、ちょうど砂が溜まっている辺り‥‥。


エカシさんの話によると、以前この場所に殺鼠剤様の毒物が混ぜられたカリカリが置かれていたそうだ。

たぶんく犯人は小雨くらいならカリカリが濡れないこの場所を選んだのだろう。

狡猾ではあるが、「その頭をほかのことに使え!」と私は言ってやりたい。

そして‥‥。







子育て中の多胎動物の母親にはままあることだが、ある日リンが見知らぬ仔猫を連れてきた、とエカシさんは言う。

リンとタクロー、そして4ニンの子供たちは毒エサに口を付けなかった。

しかし無垢な仔猫はこの世にそんなモノがあることも知らなかったのだろう、カリカリと一緒に毒エサを食べてしまった。





エカシさんが発見した時、その仔猫は吐瀉物にまみれて既に死んでいた。

そのことがあってから、エカシさんはエサ場を自分の目の届くテント近くに移動した。

だからエカシさんは、この場所ではできるだけ食事を与えたくないと思っているのだろう。





明らかな殺意を持ってエサ場に毒を置いた犯人にとっては、野良猫の命の重さなど紙切れ一枚より軽いのかもしれない。

しかも自分の命は何物にも代え難い貴重なモノだと思っていることだろう。

私もまったくその通りだと思う。このニンゲンの魂は “21グラム” よりずっと重いはずだ。

ただ自分では気づいていないだろうが、その魂はひどい臭いを発している。





「なんとなれば、腐っているからだ!!」

腐乱した魂はいずれ肉体をも蝕み、早晩むごたらしい目に遭うだろう。

そしてその時になって、初めて思い知ることになる。

他の生き物の命を粗末に扱う者は、とどのつまりは自分の命も粗末に扱う羽目におちいることを。







その時だった。

私のカーゴパンツのポケットの中で静かにしていたケータイが、いきなり沈默を破ってかまびすしい着信音を発し始めたのは。

何かの際に必要だろうと一応ケータイを持っているが、通話に関してはかけることもかかってくることも稀で、無料通話の上限を常に保っている。

ディスプレイを確認すると次女の名前が表示されていた。

様々な事情が重なり、市内に居ながら次女とも別々に暮らしている。

ここ数年次女と会うのは年に一度あるかどうかで、さらに電話などついぞかかってきたことがない。

その次女から、それもこんな朝早くにかかってきた電話に、私は不吉な胸騒ぎしか感じられなかった。




〈つづく〉





* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


『カバー曲を贈ります』

最近の出来事です。

何を調べていたのか記憶は無いのですが、ネットを徘徊していた時にある動画に逢着しました。

カバー曲だから期待もしないで何気なくプレイボタンをクリックした私は、
やがて流れてきた透明感のある優しい歌声に驚いた。


ヴォーカリストの素性は分からないのですが、曲によっては本家を凌ぐほどの歌唱力に
私はすっかり魅了されました。
(若さを感じさせる声質には賛否があると思いますが)



ブロ友さんの中には私と同じ精神疾患に苦しんでいる人や、肉体的な疾病に
苦しんでいる人がいます。


閲覧者の中にも同様の思いをしている方がいるでしょう。

そういう方々すべてにこの曲を贈ります。




ここ1年余りのあいだに近親者を見送った人や、家族同然の愛犬や愛猫を
喪ったブロ友さんが幾人もいるのです。


そこで今度は愛する者を亡くした人たちへ、同じ女性ヴォーカリストの曲を贈ります。



望むらくは、空の上にもこの清涼な歌声が届いてほしいものです。



最後に、少し季節を逸しましたが、’70年代に青春時代を送った人たちへ贈ります。






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



「ある犬のおはなし ~殺処分ゼロを願って~」


動物はニンゲンを裏切らない‥‥。裏切るのはいつだって、身勝手なニンゲンだ。




原作者:willpapaさんのブログです。
ゴールデンレトリバーWILLと一緒に…。





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます


【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆コメント返しは次の更新後にさせていただきます。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miyu | URL | -

    こんばんは

    猫には猫のルールがあるのですね。外のこたちの生活をあまり知らないのです。
    家のこも外のこも同じ命と思っています。
    魂は永遠なのでしょう。
    人間の魂は、本来綺麗なはずなのですが・・・。残念ですね。

    癒しの曲とてもいいですね。
    ありがとうございます。
    以前、心が壊れたこともあります。(軽症だったかも?)
    生きることが辛かったこともあります。

    でも、今を大切にしていこうと思っています。
    記事楽しみにしていますね。

  2. おこちゃん | URL | -

    子猫毒殺されてしまったんですか、何とも非道な人間の皮を被った鬼畜がいるものです。
    知り合いが、その頃流行のダックスフンドを飼い、自転車にのせて家に連れてきたりしていました。
    そのうちに、段々、吠えたりかじるようになり、手に終えなくなってしまったのです。
    そして、保健所へ連れていくと、言い出しました。
    それまで、いい方だと、思っていたのに、私はガッカリしました。
    御仕事のお客さんではありましたが、もう関係が崩れてもよいと思いました。
    そして、私は、心に思ったことを全て話しました。嫌われても、助けたかったからです。
    その後、その犬は親戚に預けられました。
    その方には、その後、あの時、保健所へ連れていかなくて良かったと言われました。
    しかし、私の、彼女への不信感はもう、消えることはありませんでした。

    ヤシガニさんは、我が家の家族になりましたよ(笑)

    Wabiさん、音楽アリガトー。
    音楽を聴けるくらい少し、気分上がりましたか?
    アイさんの歌詞良かったですよ。
    一人じゃないからー、wabiさんが、守ってくれるから~。♪♪って、聴こえたよ。(笑)

  3. wabi | URL | 0MXaS1o.

    Miyuさんへ

    外で暮らす猫たちには常に危険が付きまとっています。
    怪我、病気、交通事故、そしてニンゲンからの虐待。
    野良猫の平均寿命が4~6歳というのは、厳しい環境が
    原因です。

    ニンゲンも含めて生まれたての魂は無垢なはず。
    それがなぜ、ニンゲンの魂だけが薄汚くなってしまうのでしょう。
    皆がMiyuさんのように優しければいいのですが。

    太陽のように明るいMiyuさんの心が壊れたなんて信じられませんが、
    それを乗り越えたから今のMiyuさんがあるのですね、きっと。

  4. wabi | URL | 0MXaS1o.

    ヤシガニって‥‥

    おこちゃんさんへ

    犬が飼い主の言うことを聞かないのは、ちゃんとした“ 躾 ”をしていないからです。
    その知り合いの方は甘やかされて、乳母日傘で育てられたのではないですか?
    それはそれで幸せではあるのですが、子供を育てたりペットを飼うのはやめた方がいいですね。
    世の中のためにも、自分のためにも。

    ヤシガニって息子さんからのお土産でしたよね、確か。
    お嫁さんも食用と思っていたという曰く付きの。
    それが家族の仲間入りですか、あははははっ‥‥。
    おこちゃんさんらしいというか、素敵ですね。
    おこちゃんさんは優しくて素晴らしい人です。

    音楽からは遠ざかっていました。
    最近だと『躁転ライブ』くらいですね、聴いたのは。(笑)
    このカバー曲は歌詞やメロディーではなく、透き通った歌声に癒やしを感じました。

  5. めんまねえちゃん | URL | -

    毒餌. . .
    魂がおっしゃるようにすごく重たいか、
    あるいはまったく重さがないのかもしれないですね。
    魂がないっていうか。空虚で、人間の形はしてるけど、
    魂は持ってない人物なのかも。

    リンさんは、おなかがすいた経験が何度もあって、
    だから食べられるときに食べてしまうんでしょうか。
    食欲中枢がおかしくなってるのかな. . .
    私がご飯を上げに行っていた飼育放棄の所の猫も、
    たくさん食べて食べて、異常なほど食べていたのだけど、
    体が弱った時、それを消化できなくて吐いたりしてたみたいです(別の所で)。それに気が付いてあげられなくて、痩せたなあ、と思って、
    保護を色んな日との協力でした時に、
    胃の中が空っぽで、砂利とか入ってたと聞いた時に泣いたことがあります。
    先代のうちの猫も、子猫の時に保護をしたけど、
    飢えた経験があるのか、ずーっと唸りながら威嚇して食べる癖が
    抜けなくて(何歳になっても)
    がっつく猫って、色々辛いことを思い出して、悲しくなるときがあります。
    リンさん、そんなに一度に食べなくても大丈夫ですよ。
    こうやって見守ってくれてる人たちがいるからね。

  6. wabi | URL | 0MXaS1o.

    大食い

    めんまねえちゃんさんへ

    この海岸では以前にも仔猫が泡を吹いて死んでいたり、
    ボウガンで射抜かれたりと酷い虐待が後を絶ちません。

    街頭もない海岸ですから日が暮れると人気も人目も
    ありません。
    おそらく犯人は明かりを持参しているのでしょう。
    僅かな明かりで目が光る猫ですから、昼間より
    発見するのは容易かもしれません。

    やはり野良猫の習性なのでしょうか、食べられる時に
    無理してでも食べるというのは。
    リンは小柄な子で体型も太ってもいないのですが。
    まあ、痩せの大食いという言葉もありますから、
    体型だけで判断はできませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)