命の重さ (後編)

2015年06月22日 10:00

エカシさんに礼を言って私と次女が防砂林から出ると、リンが側に寄ってきた。
次女とリンは初対面だが、ふたりがうちとけるのに時間は必要なかった。


それに “言葉” もいらない。ふたりは旧知の仲であるかのようにごく自然に心を通わせている。


リンは次女の悲しさを、そして次女はリンの優しさを感じとる。

ふたつの “魂” は遠慮がちに、しかしとても親密に触れあっている。


次女は私に対しても口をつぐんで何も喋らない。私もリンを紹介しただけであとは黙っている。

こういう場合に鹿爪らしく道理を説くほど私は高慢でも愚かでもないし、月並みな言葉で慰めるほど優しくも楽天的でもない。


私にできるのは、深く傷ついた娘の心が発する無言の声に耳を澄ませることだけだ。

娘の脳裏には、未だ無残なサバ白の様子が鮮明に焼き付いていると思われる。


轢死体としてはキレイな状態だと前回述べたが、それは飽くまでも “比較的” であって、普通の神経を持ちあわせていれば、やはり目を背けたくなるシロモノだ。

下顎は砕かれていびつに変形し、残っている歯は下の犬歯2本のみだ。そして直接タイヤに轢かれた腹部は破裂し、ぱっくり開いた裂け目からは内蔵が見えている。





ニンゲン普通の人生を送っていたら具体的な “死” も象徴的な “死” も避けて通りたいもの。そしてそれは視線をそっと逸らすだけで、いとも簡単に成し遂げられる。

逆にあえて自ら “死” に触れるのは、相当な覚悟がいる行為である。

どうやら動物好きの私の遺伝子は、次女に正統に受け継がれているようだ。





ともあれ今回の出来事で次女は何かを得、そしてその代償として何かを失ったはず。

しかし次女が何を失い何を得たのか、残念ながら私にはうかがい知れない。


別れ際に私は次女に言った。「また何かあったら電話してきなさい」
「‥‥うん」次女は会った時と同じように小さな声で答えた。

次女の後ろ姿を見送っている私の脳裏に、ふいに “陽水” の曲が浮かんできた。



井上陽水 - いつのまにか少女は(1973) 投稿者 love_sofia


夜も明けきらぬ早朝に羽化する蝶のように、次女も人知れずひっそりと大人になっていた。
「それにしても‥‥」私は改めて感慨深く独りごちる。「月日が過ぎるのは本当に早いな」


次女が去ってしまうと、私は急に疲労感を覚えた。実際的な埋葬作業は何ひとつやっていないにもかかわらず、だ。







その疲労感は肉体的なものではなく、精神的なものだ。だから体を使ったあとに残る達成感とか充足感といったものは、そこには微塵も無かった。

私にとっても猫の生々しい轢死体を目の当たりにしたのは今回が初めてのことで、少なからず精神的なショックを受けていた。







何が契機になったのか不明だが、私は中学生の頃から自分のであろうが他人のであろうが関係なく 、“血” に対して生理的な嫌悪感を持つようになった。

ただ “血液” それ自体に嫌悪感を感じることはなく、たとえ血だまりを見ても平気なのだ。

ところが生々しい傷口から流れ出る血を見ると、とたんに気分が悪くなり卒倒しそうになる。

だからサバ白の遺骸を見てから、私の胸の中には不快な塊が居座りつづけている。


同じ被毛を持つリンの子が、私の差し出した草の葉に誘われて近づいてきた。





埋葬された子とこのサバ白の子は、同じ柄をしているからやはりよく似ている。


でもいくら想像力を働かせようと、ふたりの姿は重ならない。
埋葬された子は損傷した部分をできるだけ排除しても、私の頭の中で目の前で舌を出している子と同じ猫として像を結ばない。




ふたりの違いは突き詰めれば “命” の有無だけだというのに‥‥。


もしも猫の魂の重さもニンゲンと同じ21グラムだとしたら、たったそれだけの差異でどうしてこうも印象が違ってしまうのだろう、考えてみれば不思議なことだ。





このブログを始めてから、私は実際にいくつかの “命” を見送った。

海岸猫では、まず重度の腎不全を患った『 ミケ 』。
世話をしたご夫婦の尽力もあり、関係者数名に看取られてとても穏やかな最期を迎えた。
2010年6月。カテゴリ: 『 ミケの末期 その参 』

次に扁平上皮癌に冒され長年その苦しみと闘った『 ミリオン 』。
多くの人の協力のもと手術を受けることができたが、容態が急変し、病院でゼブラ柄の毛布と戯れながら静かに息を引き取った。
2011年1月。カテゴリ:特集記事 『 病魔と闘う猫 ミリオン 』

そして駐車中の車の下にいたところ、発車したその車に轢かれてしまった『 ミイロ 』。
妊娠した状態で遺棄された元飼い猫のミイロは、病院に担ぎ込まれたが7時間後に無念の死を遂げた。
2012年12月。カテゴリ:特集記事 『 嗚呼、ミイロ 』

私は見送れなかったが、ほかにも『 シシマル 』『 ボス 』がやはり車に轢かれて落命している。
カテゴリ:『 速報 シシマル哀惜 』 カテゴリ:『 ボスエリア 』







さらにプライベートでは2011年12月に父が肺炎のために他界。
『 父の気遣い 』

1年半後の2013年7月には母が白血病で他界。
カテゴリ:『 母の死とキジトラ 』

その母の後を追うように愛犬『 さくら 』が同年8月に他界。
『 生きること・死ぬこと その弐 』

こうして改めて列挙すると、ここ数年の私の人生は様々な死に彩られていることが分かる。

そしてこれらの死に対する私の想いは、その性質において飽くまでも同一だ。







私は以前、『 ニンゲンの命と他の動物の命は基本的に等価だ 』と述べた。

無論これは私見であって、普遍的な真理などとは露思っていない。

また “基本的” とことわっているのは、私も全ての動物の命とニンゲンの命が等価だとは思っていないからだ。

私がここで言う “動物” とは、喜怒哀楽の感情を持ち、ニンゲンと心を通わせられる生き物を指している。







だから私の説に賛同しても、対象とする動物の範疇は人により異なるはず。

「今このブログを見ているあなた、そう、あなたの場合はどうですか?」

「対象となる動物は犬猫だけですか、それとも哺乳類全般?さらには鳥類や魚類まで含みますか。もしかしたら爬虫類や両生類にとどまらずイカやタコや昆虫類や甲殻類にまで及んでいるのでしょうか?」








ちなみにこのサバ白の子と自分の命は等価だと私は思っている。比喩的表現としてではなく実際的に、だ。


地球を含めた宇宙を創った “匿名の創造主” が存在したとしてその観点から我々を見れば、おそらく地を這う同等の生物として目に映るはずだ。

その創造主からすれば豊かな感情を有し、細やかな愛情を解し、そして同じ魂を持っているこの幼い海岸猫と私の差異など無いにひとしい。








そこで創造主は眉をひそめる。

「本来ニンゲンは食物連鎖の頂点捕食者ではなくチンパンジーと同じレベルだったのに、たまたま得た少しばかりの知恵を使って自然の摂理を無視し消費するだけの存在に堕しているではないか」

「あまつさえ授けてもいない生殺与奪権を乱用して、慰みにほかの生き物を殺すという蛮行をほしいままにしているとは、何て残忍非道なやつらだ」







創造主は声を荒らげてつづける。

「それに加えあろうことか地球の資源を貪り食い、その残りカスを辺りかわまず撒きちらしている」

「この美しい地球にとってニンゲンはもはやウイルスと同じ。宿主である地球が滅びれば己も滅びるということは自明も自明なのに、それも分からんとは愚昧にも程がある!」

「地球自身による駆逐を待たず、わしが手ずからニンゲンを根絶やしにしてくれようか!」







創造主はやがて何かを思い出したように表情を和らげる。

「だがニンゲンが心を入れ替えて、これ以上地球やほかの動物を損なわないようにすれば間に合うかもしれない、まだ」

「としても残された時間は‥‥、もう僅かしかない」







匿名の創造主は見ていた。事故に遭い非業の死を遂げたサバ白の埋葬の一部始終を。
「この薄幸の猫の魂は、わしがしかるべき場所へ送り届けよう」



創造主はさらにつづけて言う。「それはこの少女の勇気ある行いに対する、わしからのせめてもの恩典だ」

「それから、さきほどより野に暮らす猫とたわむれているお前に教えておくことがある」







「お前の考えや言っていることは “宇宙の真理” にはほど遠いが、しかし方向としては大きな誤差はない」

「これから先もいたずらに馬齢を重ねるくらいなら、今以上に薄幸の猫たちの救済に専念することだ。さすれば己の道もおのずと見えてくるだろう」

「‥‥」

「おい、わしの話を聞いているのか?お前だお前、わしは猫と遊んでいるお前に話しているのだ!」


しかしその男の耳に創造主の声が届くことはない。なんとなれば、その男は聖人でも賢人もなくただの凡夫だったからだ。


そろそろ私も海岸を去る頃合いだ。今しばらくサバ白と一緒にいたいが、猫の遊びに付き合うとキリがない。



サバ白はいきなり身を起こすと、身じろぎしないで耳をそばだてる。
聴覚の優れた猫のこと、おそらく私の耳には感知できない何かを聴き取ったのだろう。












さて今回の話の冒頭に述べたアメリカの医師がおこなったニンゲンの魂の重さを測った実験だが、さらに調べると6人の被験者のうち2人については計測に失敗しており、残り4人についても 21グラムだったわけではなく、10~45グラムもの幅があったと言う。

またこの医師は15頭の犬でも同様の実験をおこなっており、犬は死んでも体重の変化が起こらなかったことから、犬には魂がないと結論づけた。

しかし魂に物質的な重量があるのかどうかは、この実験結果で分かるはずがない。

なんとなれば被験者の体重が減ったのは事実かも知れないが、しかしそれが “魂” だとは証明されていないからだ。

それにニンゲンにだけ魂があるという結果には宗教的な匂いがする。

いずれにしろ魂に物質的な重量があろうがなかろうが、私にとってはどうでもいいことだ。

『 魂は一種のエネルギー。その生き物の命に輝きと活力を与えている動力源だ 』

だから前に向かって生きている命を私は尊重する。私自身の命を含めて。


(了)



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます


【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆コメント返しは次の更新後にさせていただきます。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miyu | URL | -

    こんばんは

    記事のなかの紹介記事をいくつか拝読させていただきました。
    どの記事も考えさせられました。
    悲しい現実も。軽々しくコメントをすることは、良いのかと悩みましたが・・・。
    お許しください。

    そして、ここにいる猫たちを全力で守る素敵な方たちがたくさんいるのだと思いました。
    ミケちゃんのこともわかりました。愛されていたのですね。


    また、可愛らしい娘さんもまた、さすがパパさんのお子様ですね。
    優しく健気な娘さんです。(美人な方ですね。パパ似かしら)

  2. wabi | URL | 0MXaS1o.

    コメントは遠慮なく

    Miyuさんへ

    先日あるブロガーさんから相談があり、電話で話したのですが、
    その中でその人は 「wabiさんは怖い人だという印象があって、
    気安くコメントができなかった」と言いました。

    私が怒りをぶつけるのは、小さな命を粗末に扱うニンゲンだけです。(笑

    基本的にどんなコメントも歓迎していますからこれからも遠慮なく投稿してください。


    この町には野良猫を蛇蝎の如く嫌い危害を加えるニンゲンがいますが、
    儚く小さなその命を懸命に守っている人たちもいます。
    私のブログは、野良猫とそれを庇護している人たちに焦点を当てているのです。

    次女はいつのまにかいい意味で大人になっていました。
    私のとっては意外な発見です。
    ただ惜しむらくは、私の外見が彼女に正統に継承されなかったこと。 (笑
    そうなっていればMiyuさんの美しさに少しでも近づけたのに。
    ( ̄∇ ̄;)

  3. ケン | URL | -

    wabiさん こんばんは(*^_^*)

    和歌山電鉄のたま駅長が亡くなったというニュースがありました。
    この猫も三毛猫です。
    このニュースを聞くと、このブログで多くの人に愛された、ミケを思いだします。
    ミケも三毛猫でしたね。

    ミケ、ソックス、ミイロ、シシマル、、、何故か、心に残った猫が次々と亡くなるのは、残念でなりません。
    どの猫も、野良猫らくしなく、家猫としての品をそなえている猫でしたね。
    ちなみに、ミイロは、家猫から捨てられた猫でしたね。

    余計なことかも知れませんが、wabiさんの娘さんは、アイドル並みのルックスをもっていますね。
    AKB48に入っても、やっていけると思います^^

  4. wabi | URL | 0MXaS1o.

    記憶に残る猫たち

    ケンさんへ

    たま駅長は多くの人に愛されて幸せな猫生でしたね。
    日本中の猫たちも同じように愛されてほしいものです。
    たま駅長には、ご苦労さまと空から仲間を見守ってほしいと
    伝えたいですね。

    猫もニンゲンと同じで“良い人”ほど早く亡くなるようです。
    皆、私の記憶から消えることはないでしょう。

    最近の朗報としてはコジローが保護されて家猫になったそうです。
    こんな嬉しい出来事は滅多にありません。
    コジローにも長い野良猫生活ご苦労さま、と言いたいです。

    娘への過分なお褒めの言葉、恐縮です。
    今度娘に会ったら伝えておきます。(笑

  5. irukazion(イルカシオン) | URL | aqz6jnlE

    無題

    初めまして
    記事の後半部に創造主のこと書かれてたのでコメントいたしました。


    人間の子らに関しても終局があり,獣に関しても終局があり,これらは同じ終局を迎えるからである。
    一方が死ぬように,他方も死ぬ。皆ただ一つの霊を持っており,したがって
    人が獣に勝るところは何もない。すべてはむなしいからである。皆一つの場所へ行く。
    それはみな塵から出たものであって,みな塵に帰ってゆく。
    人間の子らの霊は上に上って行くのか,また獣の霊は地に下って行くのか,
    一体だれがこれを知っているであろうか。
    聖書(伝道の書3:19~3:21)

  6. wabi | URL | 0MXaS1o.

    匿名の創造主

    irukazionさんへ

    こちらこそはじめまして。
    そしてコメントありがとうございます。

    さて私は寡聞にして新約聖書の内容を殆んど知りません。
    ですから、イエスが人と獣のことに関してのこのような言葉を
    残しているのも初めて知りました。

    私のブログ上の“匿名の創造主”はその名の通り特定の存在を
    指したものではなく、また話自体も仮定のものです。
    ただその創造主が何者であれ、地球上の生き物を創る際に
    魂に区別などつけるはずはないだろうと、私は信じています。

    この信念が当ブログの骨子であり拠り所です。

    ご教示ありがとうございました。

  7. orenge | URL | iAn.OV3g

    こんばんは。

    WABIさんところは何度も拒否されたり固まったり・・・。
    私のところの所為かもしれませんが、FC2は応答しませんと。

    今日は上手くいったようです。
    娘さんベッピンさんですね。^^(関西風で)

    可哀相に辛い経験だったと思います。
    お父さんにいったら何とかしてくれると、頑張って連れて来られた勇気に
    頭が下がります。
    私だったらどうだったか・・・。

    ここへきて気温が低い日が多いです。
    野菜たちも一休み。
    WABIさんもご自愛くださいね。

  8. wabi | URL | 0MXaS1o.

    ありがとうございます

    orengeさんへ

    アクセスの不具合申し訳ありません。
    設置している『忍者バリアー』が原因かもしれないと思い、
    設定を変えてみました。

    娘にとっては初めての経験で心の整理がつかないまま
    海岸へ来たようでした。
    埋葬が終わっても茫然自失の体で、心配しましたが、
    ゴミと同じ扱いをされなかったことで彼女自身も納得したものと
    思われます。

    私へのお気遣い、ありがとうございます。
    orengeさんも体調管理に十分留意してください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)