ミケの嫌悪

2009年12月17日 12:21

AM6:30 今朝の湘南海岸は、寒い朝を迎えている。
相模湾全体から水蒸気が立ち昇り、水平線も模糊としている。

風景091217-01.jpg


ミケのエサ場に向かうとき、私はある予感がしていた。それは的中して欲しくない予感であったが‥‥。
ミケ091217-01.jpg
残念ながら、私の予感は的中していた。サンマが舞い戻っていたのだ。
たぶん、昨日のうちにミケのエサ場に直行して来たと思われる。



植え込みの中で睨み合う二匹。ミケは低い唸り声を発し、嫌悪の感情を露わにしている。
ミケ091217-02.jpg
サンマは、昨日とは少し違った様子である。
実は、昨日のサンマの行動を見た時点で、ブログには敢えて書かなかった、ある予感があった。



取り敢えず、ミケにエサを与える。
ミケ091217-03.jpg
それを見つめるサンマ。このあと、サンマがエサに近づいたら、ミケがパンチで撃退した。
サンマは、ミケのパンチに怯み、エサに近づかなくなった。



散歩おばあちゃんがやって来たが、今日は二匹の野良を交互に見つめるだけ。
ミケ091217-11.jpg


サンマにもエサを与えるが、こいつは不器用なヤツで、エサをボロボロ地面にこぼしてしまう。
ミケ091217-04.jpg
そこで、深い食器に替えてやる。


dodoさんがやって来て、ミケをナデナデ。
ミケ091217-05.jpg


風景091217-02.jpg


植え込みの中で対峙するミケとサンマ。
ミケ091217-06.jpg
サンマは、しきりと甘ったるい声で鳴いている。


サンマはミケを見つめているが、ミケは顔を伏せて眼を合わさない。
ミケ091217-07.jpg
昨日のサンマの行動を見ていて、私はある予感を感じていた。
それがあったから、最初の更新のとき書いた『サンマはミケを攻撃するつもりだ』と云う文言を二回目の更新のときに削除した。

実は、昨日ミケとサンマの様子を最初に見たときから、私はサンマを元いた西のエサ場に戻す気でいた。
だから、その理由付けとして『このエサ場をサンマに奪われるだろう』と云う文言を入れた。
今日のサンマの様子を見て、昨日感じていた私の予感が当たっていたことが分かった。
サンマはエサ場が気に入ったのではなく、ミケが気に入ったのだ。
つまり、昨日からのサンマの行動はミケへの『求愛行動』だったのだ。



dodoさんとも話したが、これからのことはミケとサンマに任せて、しばらく様子を見ることにした。
ミケ091217-08.jpg
昨日の様に、西のエサ場に戻しても無駄なことが分かった以上、人間が介入できる余地はあまりない。


ただそ、避妊手術をしたミケに発情期は永久に訪れない。
ミケ091217-14.jpg
私はこういうケースの場合、サンマの想いが成就する可能性があるかどうか知識がないので分からない。


しかし、その可能性は極めて低い様に思う。第一ミケに嫌われている状況では、近づくことも容易ではあるまい。
サンマ091217-01.jpg
私は、同じ男(雄)として、サンマを応援したい気持ちに傾きつつある自分を感じていた。


サンマが切ない鳴き声を上げるので、ミケを無理やり柵の外へ連れ出した。
ミケ091217-09.jpg
それでも、サンマの鳴き声は続いた。


ミケは何事もなかった様に、日向で気持ち良さそうに眼を閉じる。
ミケ091217-10.jpg


「ミケ、私にできることはここまでだ。あとはお前が決めろ」
ミケ091217-13.jpg
ミケは最後まで私を見ることはなかった。


風景091217-03.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Kiryu | URL | T2RJUesU

    はじめまして。

    はじめまして。大阪で野良猫の写真を撮っているKiryuといいます。
    先ほど、拍手のほうからコメントを書かせていただいたのですが、改めて。

    この猫ドキュメント、最高に面白いです。
    最近、読み始めたのですが、もっと前から読んでおきたかったです。

    サンマくん、そういう事情だったんですか・・・。
    ミケちゃんに想いは届くのかな?
    できれば、仲良くなってほしいんだけど。

    また明日、読みにきます。 

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)